スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

1/15 サビキラープロを塗ってみた10ヵ月後レポート

   

スピッツはダイビング屋さんである。このホームページだって、ダイビングのことばっかり書かれている。しかし、人気記事のカテゴリーを見ると、いつも人気ランク第1位にはサビキラープロのことを書いたページがランクインしている。

なんで?

どうして、ダイビングの記事がトップに来ないのだろうか?

という歯がゆさはあるが、みんなの興味をひく内容なんだからしようがないよね。

と、いうわけで、塗ってから9ヶ月経過した我が店のコンテナを紹介しよう。

これらの写真は12/8に撮影した記事を元に2016/1/14に書かれています。

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

いきなり結論から述べますが、9ヶ月経過した12月の時点ですでに錆びてます。これは天井の左側の奥側半分。次に右側の奥側半分です。

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

コンテナの天井左側全部です。

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

天井の左側全部から右側全部にかけてです。

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

最も錆びているのは、天井左奥側です。これはサビキラープロを塗る前から最も錆びていた場所で、そこが9ヶ月経過して再び錆びてきたのは、まぁ~至極当然ですよね。

次にその左奥の錆びている部分をアップで見てみます。

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

と、こんな感じで、錆が再び浮き出てきました。夏場は忙しくて天井にすら登らなかったのでまったくノーマークでしたので、何ヶ月後に錆び始めてきたのかは知る由もないです。

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

ここで、過去の写真を見比べて配置してみます。

3/10 錆びてます・・・

3/10 錆びてます・・・

4/13 3度塗り後一ヶ月経過のコンテナ屋根

4/13 3度塗り後一ヶ月経過のコンテナ屋根

2015/5/21撮影 少しさびが出てきました

2015/5/21撮影 少しさびが出てきました

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

1番最初のサビキラープロを塗る前の状態を見れば、これぐらいの錆の復活でよく止まっているな~と納得すべきなのかな?

塗ってからのメンテは何もしていません。忙しくてなにもできませんでした。

下の写真はコンテナの壁面です。背面側の壁面ですね。こちらの壁は海を向いていないので、直接潮風が当たるということはあまりありません。テストにと思って、少し塗っておいたのですが、特に錆びることなく、そのままの状態でした。

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

コンテナの前面の壁はドアになっていまして、その稼動部分も参考までに。

こちらが4/13の状態。塗ったところですね。

4/13の状態

4/13の状態

で、12月/2015の状態。錆びてるとはいえ、まぁ、よくもっている方かなとも思えます。

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

そのもうひとつ下の稼動部分。ここは大きな穴が開いてしまっていたので、白いウレタンで穴を埋めてからコーキングしました。

4/13の状態

4/13の状態

ここは12月に写真を撮っていなかったので、今、撮ってきました。下の写真のようなこんな感じ。まぁーこちらも、よくやっている方だと思います。

1/14/2016の状態

1/14/2016の状態

コンテナの右側の扉全体です。パッと見た感じはきれいです。

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

稼動する部分もこんな感じ。こちらの扉も塗る前に穴が開いていたので、白いウレタンにて修理してから塗ったのですが、完全な防水に成功することはできなかったのかもしれません。

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

最下部のところが、えらい錆びてます。修理した部分から漏水して中に入った水がここから出てきているために、錆びているのかもしれません。

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

約9ヵ月後のコンテナ写真たち

購入直後スムーズだったドアの使用感に大差は感じられません。普通に使えています。

ただ……、天井左奥の一箇所、ついに穴が開いてしまいました。修理したいのですが、週間天気予報を見ても、雨マークが並んでいる沖縄地方。とりあえずガムテープで水漏れを防いで、晴れたときに対処します。とほほほほ。

1/14/2016 穴が開いてしまったのでガムテープで応急処置

1/14/2016 穴が開いてしまったのでガムテープで応急処置

買い換えるまでに、もっと使いたいので、天井も修理して、また対策を施しましょう。

今のコンテナの全景です。

1/14/2016 コンテナ全景

1/14/2016 コンテナ全景

まだまだがんばってほしい……。

サビキラープロを使用しての感想ですが、購入直後に塗りたかったな……というのが正直なところ。やっぱり錆が出てからでは厳しかったのかも。あと、天井の凹凸を失くしてから塗ればよかったのだろうなというのも思いました。

購入したのは中古コンテナで、最初から天井はまっ平ではなく、修理した部分があり、降雨後には少量の雨水が溜まってしまうありさまでした。錆びたのはそこからで、サビキラーを塗った後も錆が浮き出たのはその場所から。

やっぱ、そういう雨水の溜まってしまうような造りの部分があると鉄のコンテナなんかはすぐに錆びてしまう。中古コンテナ購入時にそこはこだわらないとダメな部分なんだな、ということを再認識。水はけの良い天井を持っているコンテナだったら、きっとここまでは錆びなかっただろうし、サビキラーももっと効果を発揮できたはず。

この冬に再度、さび止めを塗らないとダメだと思うのですが、塗料については悩むでしょうね。サビキラーよりももっと良い塗料があれば教えていただきたいが、この天井の水はけを改善することが今後の天井を守っていく上での課題ですね。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。

 - ひとりごと, お店のこと

Comment

  1. ぼんじん より:

    サビの転換能力は無いですが、サビを厚い塗膜で封じてしまう「POR15」はどうですか?

    旧車のサビ封じには欠かせない代物ですよ

コメントを残す

  関連記事

サラダとパン パンは「おとなりや」さんのパンです
読谷村 くじら

今日は海に潜らない日でした。仕事はちゃんとしてました。で、このサイトには書くこと …

豚焼肉800円
国頭村 波止場食堂

先日、リバートレッキングの仕事の後、やんばるの川を散策していた。ふと思い出して、 …

コンテナ左側半分
11/28 サビ、「キラー」から「こーと」へ2年8か月後レポート

このHPを立ち上げて、もうすぐ3年が経とうとしている。いろんな記事を書いてきたが …

ざまみ食堂外観
金武 ざまみ食堂のチキン南蛮定食

先日、お客様と久しぶりに行った食堂の紹介です。金武のレッドビーチで潜った後に沖縄 …

1度塗り後のタンク
1/15 サビキラープロをタンクに塗ってみたレポート

ダイビングの道具を保管するコンテナに塗った後に、余ったサビキラープロをスキューバ …

毎回たのんでしまう鶏のから揚げ定食
本部 紀乃川食堂のから揚げ定食

今日は海も川にもお客様がいない。都合よく昨晩からは土砂降りの雨でした。暇なときに …

ランチメニュー
2/19 陸でウロウロ 港町食堂

このお店はすでに閉店しております。(2016/12/7追記) 今日はお客さんもお …

ケースを外すとこんな感じ、ウエスタンデジタル社製のHDDが入っていました
1/29 外付けハードディスクが壊れちゃった

仕事用ではなかったのだが、家庭用のハードディスクが壊れてしまいました。原因は次女 …

とんかつ定食
石川 たらの芽

今日はダイビングの合間のお昼ご飯にもたまに使わせていただいている石川の「たらの芽 …

やっとこさメインの日本そば登場
大宜味村 江洲の花

スピッツの位置する恩納村真栄田からはかなり遠いのですが、リバートレッキングを開催 …