2014年度ランキング スピッツ的生物ランキング

2014年スピッツ的生物ランキング第10位 ウミウシたち

ホリミノウミウシ属の一種

Eubranchus rubropunctatus

Eubranchus rubropunctatus 1/1/2014

マツカサウミウシ属の一種

マツカサウミウシ属の一種 1/2/2014

センヒメウミウシsp

センヒメウミウシsp 4/11/2014

トラパニア属の一種

トラパニア属の一種 5/25/2014

ホリミノウミウシ属の一種

ホリミノウミウシ属の一種 6/1/2014

ネコジタウミウシsp

ネコジタウミウシsp 12/29/2014

ネコジタウミウシsp集まってる

ネコジタウミウシsp集まってる 12/29/2014

コトヒメウミウシsp

コトヒメウミウシsp 12/29/2014

ホクヨウウミウシsp

ホクヨウウミウシsp 12/30/2014

2014年もいろんなウミウシに出会えました。名前のあるヤツからまだ和名はおろか学名のついてない奴らまで・・・。

まず元旦に出会った、Eubranchus rubropunctatus。日本語で読むと、エウブランクス・ルブロプンクタートゥスとなります。図鑑「本州のウミウシ」に掲載されていました。

Eubranchus rubropunctatus 1/1/2014

Eubranchus rubropunctatus 1/1/2014

その翌日に出会ったのは、マツカサウミウシ属の一種 。東海岸のとあるポイントにて発見。私は過去に何度か出会えていますが、たいてい沖縄の東海岸で潜っているときです。東海岸はまだまだダイビングサイトとしてポピュラーな存在ではありませんが、北風の吹く冬の季節に穏やかになることが多く、ウミウシの増えてくる冬の季節にはとてもありがたいエリアです。

マツカサウミウシ属の一種 1/2/2014

マツカサウミウシ属の一種 1/2/2014

春になる頃にはそこそこの大きさのウミウシが目立つようになってきます。

そんな時に出会ったセンヒメウミウシsp。図鑑「沖縄のウミウシ」の写真の個体は6ミリと書かれていますが、私が出会ったのは10ミリを超えるビッグサイズでなかなかの迫力でした。

センヒメウミウシsp 4/11/2014

センヒメウミウシsp 4/11/2014

春の終わりから初夏にかけて、ウミウシはもっともたくさん見られます。私の感覚的にはそのように感じます。大きいのから小さいのまで。下の写真のトラパニア属の一種は最高に小さくって、全長3ミリぐらいでした。近くで見てもゴミみたいで・・・、撮影して、拡大して・・・、ああああぁぁぁやっぱりウミウシだったのね・・・と思えるほどの大きさです。

トラパニア属の一種 5/25/2014

トラパニア属の一種 5/25/2014

冬に潜って何もなかった砂地にいろんな海藻類が茂ってくるのも初夏の楽しみ。そうなればそこにまたたくさんの生物が集まってきます。下の写真のウミウシはそんなシーンの中で出会えました。こちらも小さくて、2ミリぐらい・・・。オリンパスのTG2じゃなかったら、こんなの撮影しても・・・、こんなにアップでは撮れません・・・。ありがとう!! オリンパスさん。

ホリミノウミウシ属の一種 6/1/2014

ホリミノウミウシ属の一種 6/1/2014

そして、秋が来るとウミウシは減っていきます。台風も来るし・・・。台風が来て海が荒れると、こんなに小さな生物は波やうねりで飛ばされ、流され、死んでしまうものも多いことでしょう。俗に秋はウミウシ枯れの季節と呼ばれています。そこを通過し、冬が始まると・・・、少しずつ極小サイズのウミウシたちが目に付くようになってきます。下の写真のネコジタウミウシspはこの冬、年末年始の金武レッドビーチではたくさん見られました。

ネコジタウミウシsp 12/29/2014

ネコジタウミウシsp 12/29/2014

こんな感じで集まっているところも何度か確認しています。

ネコジタウミウシsp集まってる 12/29/2014

ネコジタウミウシsp集まってる 12/29/2014

年末、師走も押し迫った時に出会えた、この下の写真の極小個体はコトヒメウミウシsp。サイズは2ミリにも満たないほどでした。自分でも、よくこんなの見えたな・・・とびっくりしたのをよく記憶しています。

コトヒメウミウシsp 12/29/2014

コトヒメウミウシsp 12/29/2014

そして年末のウミウシ捜索で出会った、ディープインパクトはホクヨウウミウシsp。下の写真のモジャモジャなウミウシです。触覚の形状も独特で、パッと見にも・・・、かっこいいウミウシでした。

ホクヨウウミウシsp 12/30/2014

ホクヨウウミウシsp 12/30/2014

また今年、2015年もいろんな出会いがあるよう、そしてその機会をスルーしないよう、老眼に鞭打って探してみたいなーと思わせる存在ですね。ウミウシは。ウミウシのなにがいいって、見つけたら、みんなで観察、撮影できるってところですよね。生物の少ない冬の海ではガイドさん大助かりですよ。ウミウシさん、センキュー。

生物ランキングインデックス|第9位

  • この記事を書いた人

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。沖縄から発信するちょっと気になるあれやこれや

人気記事

1/14/2016 コンテナ全景 1

スピッツはダイビング屋さんである。 このホームページだって、ダイビングのことばっかり書かれている。 しかし、人気記事のカテゴリーを見ると、 いつも人気ランク第1位にはサビキラープロのことを書いたページ ...

コンテナ引き渡し日の状態 2

中古スチールコンテナの処分、処分費用に悩んでいる人向けの記事になっています。このページを見ると、どうすれば格安で処分できるのかのヒントにはなるはず。 もくじ1 まとめ2 閉まらない扉が恐怖をあおる3 ...

名護ひがし食堂ぜんざいバー 3

沖縄生活20年越のスピッツ世古です。今日も懲りずにアイスの紹介です。 2年目のコロナ夏、緊急事態宣言延長期間が長すぎて感覚が鈍化してきましたが、デルタ株の感染力は強いんですね。新規陽性者数の増加が止ま ...

ケースを外すとこんな感じ、ウエスタンデジタル社製のHDDが入っていました 4

仕事用ではなかったのだが、家庭用のハードディスクが壊れてしまいました。原因は次女がコードをひっかけて机の上から落としてしまったこと。それまでは元気に動いていました。あらららら……。 もくじ1 「外付け ...

タイワンオオムカデの顎肢 5

もくじ1 まとめ2 沖縄のムカデ、タイワンオオムカデ3 初期症状3.1 冷やすべきか? 保温すべきか?4 2021/9月現在、明瞭にわかっていること5 判断基準5.1 なぜお湯ではなく水で洗浄するのか ...

-2014年度ランキング, スピッツ的生物ランキング
-, ,