サンゴイソギンチャク

12/21 12月の南風に誘われて

更新日:

南に風がまわり、恩納村界隈の海はぺたぺたになってしまった。店から見える海も夏のようにフラット。午前中から洗車作業に取り掛かり、ひと段落したところで、ダイビングに出かけてきました。この年末年始にどれぐらい使えるのかわかりませんが、恩納村の海の様子も知っておかなければ。

沖縄本島のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

去年の今頃はサンタクロースピグミーシーホースの登場に沸いていたな~と思い出し、今年も見つけたい!! と潜水開始。ちなみにどんな奴なのかは去年のこちらのログを見てくださいね。

でも、いなかった……。いや、見つけられなかった……。いない、と断定するのは過信だよね。見逃している可能性だってかなりある。

今回は見つけられませんでした。なので、とぼとぼと深場から帰還。水面近くを見上げるとしっぽが特徴的なサバヒーが通過していく。

サバヒー……、と、遠い

サバヒー……、と、遠い

そして、こんなところで出会った記憶はどこまで遡ってもないのだけれど、この日は中層に大きなカマスの群れが居座っていました。

このポイントにカマス?

このポイントにカマス?

ウミウシを探したりするが、老眼の進行のためか、例年よりも見つからない。もしくはまだまだ季節が早くてそんなにウミウシがいないのだろうか?

やれやれ。

クマノミと水中ライトで遊んでしまおう。自分なりの今の楽しいことに没頭。

クマノミとサンゴイソギンチャク

クマノミとサンゴイソギンチャク

おっぱいのようなナリをしているサンゴイソギンチャク。

サンゴイソギンチャク

サンゴイソギンチャク

どうやって撮影したらおっぱいぽく写るのか試行錯誤……。

おっぱいというよりも、目玉おやじがたくさんいるような感じですね。

イソギンチャクの触手を撮影するの、大好きです。

サンゴイソギンチャク

サンゴイソギンチャク

もうちょっとハマクマノミさんに前に出てきてほしかったんだけれど、時間切れでした。またいつかトライしてみたい。

ハマクマノミと赤色系イソギンチャク

ハマクマノミと赤色系イソギンチャク

お、ウミウシ? かと思ったらピンクのワレカラさんでした。

ピンクのワレカラ

ピンクのワレカラ

逃げない良い子でした。スジシマイソハゼ。

スジシマイソハゼ

スジシマイソハゼ

大きい奴なら見つけやすいね。

メレンゲウミウシ

メレンゲウミウシ

さて、明日からお客さんだ。今年の年末年始は18連荘なので、頑張っていきましょう。

そして老眼の進行具合が心配だが、ウミウシを探していこう。ちゃお。

-12/2016, ダイビングログ
-, , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.