エンビノアルダ

5/28 ウミウシ短期合宿2日目にして最終日、エンビノアルダ

投稿日:

ウミウシ短期合宿なので、2日目だがもう最終日。今回は昨日と今日だけで、ウミウシ合宿です。

海が非常に穏やかなので、西も東もガンガン攻めてきました。まずは西海岸の穴の中に。

キスジカンテンウミウシ

キスジカンテンウミウシ

モザイクウミウシ

モザイクウミウシ

触覚がないと、こんなに違和感があるんですね。ダニエラエ君。

トルンナ・ダニエラエ、あれ? 触覚が!!

トルンナ・ダニエラエ、あれ? 触覚が!!

穴の外で普通に岩に張り付いていました。

ノウメア・ラボウトイ

ノウメア・ラボウトイ

穴の中では、ついつい狙っちゃいますね。

テンテンウミウシ

テンテンウミウシ

昨日は見れたお客様と見れなかったお客様とに分かれてしまった、サフランイロウミウシ。かわいくて人気があるので、これも探したいな~と狙っていました。無事に見つけられてなにより。

サフランイロウミウシ

サフランイロウミウシ

ミルクオトメウミウシ

ミルクオトメウミウシ

フジムスメウミウシ

フジムスメウミウシ

ヒュプセロドーリス・バーチイ

ヒュプセロドーリス・バーチイ

マイチョコウミウシ

マイチョコウミウシ

西海岸は1本にて終了し、2本目からは東海岸へ移動。

お客様が発見した見慣れないウミウシは、最新の図鑑によると、Baeolidia rieae、バエオリディア・リエアエではなかろうか?

Baeolidia rieae、バエオリディア・リエアエかな?

Baeolidia rieae、バエオリディア・リエアエかな?

どうでしょうね?

Baeolidia rieae、バエオリディア・リエアエかな?

Baeolidia rieae、バエオリディア・リエアエかな?

こちらも、渋いキセワタの仲間です。Oさんの発見。

Aglaja sp、トウヨウキセワタ属の一種

Aglaja sp、トウヨウキセワタ属の一種

お~。東海岸でトルンナ・プルペロペディスは初めてじゃないかな?

トルンナ・プルペロペディス

トルンナ・プルペロペディス

こーいう小さくてぺらぺらの薄い奴ら、なんて言いましたっけ?

こーいうのなんて言うんでしたっけ?

こーいうのなんて言うんでしたっけ?

とある岩にハラスジベラの雌雄が集まっていました。ど、どうしたん? って言いたくなる風景。

ハラスジベラの群れ

ハラスジベラの群れ

エビのクリーニングステーションだったようです。

ハラスジベラの群れ

ハラスジベラの群れ

東海岸でよく見られます。ミナミニシキウミウシ。

ミナミニシキウミウシ

ミナミニシキウミウシ

GWは全然見つけられなかったのに、今日はいっぱい見つけられました。なんで?

ムラサキアミメウミウシ

ムラサキアミメウミウシ

卵もいっぱい。

ムラサキアミメウミウシとその卵

ムラサキアミメウミウシとその卵

ついつい撮っちゃう。ヒオドシユビウミウシの顔。

ヒオドシユビウミウシ

ヒオドシユビウミウシ

お客様の発見はエンビノアルダ。

エンビノアルダ

エンビノアルダ

かわいいです。

エンビノアルダ

エンビノアルダ

そして、こちらも、GW期間はけっこう探すのに手間取りましたが、今日はけっこう見られた、テンガンノツユ。でも、ホストであるヒメシダヅタはやっぱ少ない。だから、行く場所が無いのでさまよっているのか……、ヒメシダヅタがない場所でよく見られました。ヤラセではなく、こんなに綺麗な場所を移動していました。

テンガンノツユ

テンガンノツユ

探したいな~と思っていたミドリフリソデミドリガイ

ミドリフリソデミドリガイ

ミドリフリソデミドリガイ

2個体いましたよ。

ミドリフリソデミドリガイ

ミドリフリソデミドリガイ

ムラサキウミコチョウ

ムラサキウミコチョウ

ムカデミノウミウシが気持ちよさそうにリラックスしていました。

ムカデミノウミウシ

ムカデミノウミウシ

ムカデミノウミウシのミノ、オープン

ムカデミノウミウシのミノ、オープン

白点がないね。イリオモテミノウミウシでしょ?

イリオモテミノウミウシ

イリオモテミノウミウシ

今日はたくさん見られました。

イリオモテミノウミウシ

イリオモテミノウミウシ

うんうん。白点ないね。

イリオモテミノウミウシ

イリオモテミノウミウシ

そしてハナビラミノウミウシ。うんうん。白点がある。

ハナビラミノウミウシ

ハナビラミノウミウシ

P5280169

Kabeiro属の仲間

Kabeiro属の仲間

Kabeiro属の仲間

Kabeiro属の仲間

トラパニア・ギッベラ

トラパニア・ギッベラ

と、いろいろ見られました。

たくさん写真載せましたが、この日見られたウミウシのほんの一部です。サビイロミノウミウシやEubrannchus mandapamensisも見られましたが、私は撮影しておりません。探すのに手一杯でした。

明日からはウミウシだけじゃなくて、いや、むしろ、ウミウシは控えめにして、魚のかわいい系をガイドする3日間になりそうです。

私も楽しみ~。

-05/2016, ダイビングログ
-, , , , , , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.