Phyllodesmium undulatum フィロデスミウム・ウンドゥラートゥム

ウミウシ合宿最終日,Phyllodesmium undulatum フィロデスミウム・ウンドゥラートゥム

更新日:

ようやく、ようやく最終日にして風が東から南寄りに変わり、恩納村で潜ることができました。海もペタペタ……ってわけにはいかないけれど、穏やかになりました。

サンゴ礁域でウミウシを探すことができます。

すると、昨日までは見られていなかったウミウシがたくさん出てきました。

トルンナ・プルペロペディス

トルンナ・プルペロペディス

ミノウミウシの仲間

ミノウミウシの仲間

マイチョコウミウシ

マイチョコウミウシ

ジュッテンイロウミウシ

ジュッテンイロウミウシ

ミアミラ・シヌアタ

ミアミラ・シヌアタ

オーバーハングの壁を移動していました。けっこう大きくて、サイズは3センチぐらい。ハナビラミノウミウシみたいだな~と思っていたのだが、撮影しながら、ちょっと違う……と思っていました。帰って、図鑑で調べたら、フィロデスミウム・ウンドゥラートゥムという学名のウミウシだと判明。私は初見。

Phyllodesmium undulatum フィロデスミウム・ウンドゥラートゥム

Phyllodesmium undulatum フィロデスミウム・ウンドゥラートゥム

ポルカドットイボウミウシ

ポルカドットイボウミウシ

アラリウミウシ

アラリウミウシ

アカボシウミウシかな

アカボシウミウシかな

ハクセンミノウミウシかな

ハクセンミノウミウシかな

エラハリキヌハダウミウシ

エラハリキヌハダウミウシ

ハクセンミノウミウシかな

ハクセンミノウミウシかな

アラリウミウシかな

アラリウミウシかな

2本目も1本目とほぼ同じエリアに潜って探してみました。

1本目でお客様が見つけていたノウメア・ラボウトイ(……だと思っていた)個体を紹介してもらう。帰ってきて図鑑で調べたら、Noumea sp.6扱いになっていました。3匹集まっていますね。

ノウメア・ラボウトイの仲間

ノウメア・ラボウトイの仲間

ミスジアオイロウミウシ

ミスジアオイロウミウシ

ミズタマイボウミウシ

ミズタマイボウミウシ

オショロミノウミウシsp.

オショロミノウミウシsp.

ミアミラ・シヌアタ

ミアミラ・シヌアタ

オショロミノウミウシsp

オショロミノウミウシsp

キヌハダウミウシの仲間

キヌハダウミウシの仲間

ここはモンツキカエルウオもたくさん見られます。今日は通りすがりに3個体を確認。

モンツキカエルウオ

モンツキカエルウオ

最後の3本目は恩納村のウミウシポイントといえば……って感じのホーシューに行ってみました。

キュウバンウミウシかな? と思って撮影していました。ビンゴだったみたいです。

キュバンウミウシ

キュバンウミウシ

パイナップルウミウシ

パイナップルウミウシ

ツマベニミノウミウシ

ツマベニミノウミウシ

キャラメルウミウシ

キャラメルウミウシ

ネアカミノウミウシ

ネアカミノウミウシ

シロミノウミウシ

シロミノウミウシ

アオセンミノウミウシ

アオセンミノウミウシ

ルージュミノウミウシ

ルージュミノウミウシ

センテンイロウミウシ

センテンイロウミウシ

ゴクラクミドリガイsp.

ゴクラクミドリガイsp.

ミノウミウシの仲間

ミノウミウシの仲間

トカラミドリガイ

トカラミドリガイ

きれいでかわいいウミウシたくさんいました。浅瀬ではウミウシ大爆発ってほどではないけれど、たくさんのウミウシが見られました。昨日までさんざん荒れていた海況を考慮に入れれば、これぐらい見られたら、もう上等さぁ~ね。

お客様のウミウシカウンターは6日間の合計で204種類まで上昇。昨日の終わりが158種類だったので、恩納村で46種類のウミウシが見られたってことです。昨日までのダイビングですでに見ているウミウシは省いて、この数なので、ホント、ウミウシ増えてきたな~って感じです。

でも、ウミウシのサイズはどれも小さめ。これからどんどん成長していくと同時に本格的なウミウシシーズンの到来ですね。

ウミウシ好きの皆さん、ぜひ潜りにきてくださいね~。

-03/2016, ダイビングログ
-, , , , , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.