2015年度ランキング スピッツ的生物ランキング

2015年スピッツ的生物ランキング第4位 河口域の生物

カマヒレマツゲハゼ

2015年に新しく入った河口域は新鮮な驚きだった。今までの河口域でのダイビングといえば、濁った水、ケモクラインとの戦いの日々だった。

が、このエリアは潮さえ選べば、とてもクリアな透明度で泥ハゼと対峙できる夢のような環境だった。Yさんからの情報をいただいて潜入してみたのだが、いやはや、驚いた。

Yさん、サンキュー。

そこでのとびきりのニュースは他の河口域ではほとんど見かけない泥ハゼたちがあたかも普通種のようにたくさん生息している事実だった。

カマヒレマツゲハゼなんて、他の河口では見たことなかったけれど、ここにはたくさんいる。

カマヒレマツゲハゼ

カマヒレマツゲハゼ

体の背中側にある小さく細かい黒点が特徴的で、背びれは大きな鎌のように長く伸びている。

カマヒレマツゲハゼ

カマヒレマツゲハゼ

そのカマヒレマツゲハゼたちの中に混ざって、生息しているマツゲハゼ。体上部にある小さく細かい黒点がなく、背びれも長く伸びません。しかし、なかなか背びれは伸ばしてくれません。また今年にリベンジ決定。

マツゲハゼ

マツゲハゼ

またその近くには、極小ながら初見のハゼ、ツマグロスジハゼがたくさん見られました。2013年に図鑑「日本のハゼ」の416ページ、スジハゼAというのにツマグロスジハゼという和名がつきました。

ツマグロスジハゼ

ツマグロスジハゼ

そして、こちらも初見。フタスジノボリハゼ。体に走る2本の明瞭な黒縦2線が特徴です。

フタスジノボリハゼ

フタスジノボリハゼ

全身出ているのも見れました。

フタスジノボリハゼ

フタスジノボリハゼ

そして、ややこしいのがこの下の2種。ニセツムギハゼとセイタカスジハゼです。

まず下が、ニセツムギハゼ。体の下にある5つの黒点、腹部にある細い黒ラインはメスの特徴だそうです。

ニセツムギハゼ

ニセツムギハゼ

そして、よく似ているセイタカスジハゼ。こちらもメスの腹部には黒くて細い線が走っています。こちらは初見ではなく、以前は別の河口でも観察していました。

個体数としては、セイタカスジハゼの方がたくさんいたような印象ですが、もっと潜り込めば、その印象がどう変わるかはまだなんとも言えないような状態です。

セイタカスジハゼ

セイタカスジハゼ

セイタカスジハゼの顔のアップを

セイタカスジハゼ

セイタカスジハゼ

そして、まだまだ未知のハゼといえる、クロコハゼの仲間。これらも数匹確認。

クロコハゼの仲間

クロコハゼの仲間

河口の泥場といえば、彼らのエリア。やっぱりいました、オイランハゼ。

オイランハゼ

オイランハゼ

また少し泥場から離れた場所では、オウギハゼもいました。

ジャノメハゼ改めオウギハゼ

ジャノメハゼ改めオウギハゼ

もっと探せば、もっといろいろ見つかるのか? 河口域はまだまだ出会っていない生物のワンダーランドです。

2016年、一緒に探したい人は、ぜひリクエストしてね。

第5位|第3位

  • この記事を書いた人

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。沖縄から発信するちょっと気になるあれやこれや

人気記事

1/14/2016 コンテナ全景 1

スピッツはダイビング屋さんである。 このホームページだって、ダイビングのことばっかり書かれている。 しかし、人気記事のカテゴリーを見ると、 いつも人気ランク第1位にはサビキラープロのことを書いたページ ...

コンテナ引き渡し日の状態 2

中古スチールコンテナの処分、処分費用に悩んでいる人向けの記事になっています。このページを見ると、どうすれば格安で処分できるのかのヒントにはなるはず。 もくじ1 まとめ2 閉まらない扉が恐怖をあおる3 ...

名護ひがし食堂ぜんざいバー 3

沖縄生活20年越のスピッツ世古です。今日も懲りずにアイスの紹介です。 2年目のコロナ夏、緊急事態宣言延長期間が長すぎて感覚が鈍化してきましたが、デルタ株の感染力は強いんですね。新規陽性者数の増加が止ま ...

ケースを外すとこんな感じ、ウエスタンデジタル社製のHDDが入っていました 4

仕事用ではなかったのだが、家庭用のハードディスクが壊れてしまいました。原因は次女がコードをひっかけて机の上から落としてしまったこと。それまでは元気に動いていました。あらららら……。 もくじ1 「外付け ...

タイワンオオムカデの顎肢 5

もくじ1 まとめ2 沖縄のムカデ、タイワンオオムカデ3 初期症状3.1 冷やすべきか? 保温すべきか?4 2021/9月現在、明瞭にわかっていること5 判断基準5.1 なぜお湯ではなく水で洗浄するのか ...

-2015年度ランキング, スピッツ的生物ランキング
-, , , , , , ,