フライングワモンダコ墨吐き中

12/16 他店からの紹介でご来店

投稿日:

今日は海に行く予定ではなかったのだが、他店が満杯ということで、そこから溢れたファンダイバーのガイドのお仕事をいただいた。こんな季節に満杯って、すごいな~と他店に羨望の思いを抱きながら、当日になってみれば、かなり久しぶりの北風ビュービューなコンディション。

おまけに大陸からPM2.5が流れてきて沖縄地方にも注意報が出ている。本部半島に車を走らせるが、車窓から見える本部半島が鮮明に見えない。まるで、本部半島には雨が降っているようだった。

が、本部半島まで来てみれば、路上は乾いていて、雨の形跡は見つけられない。

ふむふむ。

つまり、これはPM2.5でガスってぼやけて見えていたってことなのだろう。ニュースで見る中国のような風景が広がっているわけだ。まさに自分のいる場所で。

やれやれ。

ホント、迷惑だぞ!! 大気汚染っ!! 当然、私は朝から常時マスク着用。こんな高濃度のPM2.5がたんびたんび沖縄までやってくるのは、ごめんこうむりたいものだ。

で、そそくさと海中に逃げるようにエントリー。

他店のお客さまなので、もちろん初対面。いろいろさぐりながらお話をしていると、水中カメラは持っていないが、以前に借りたことはあり、興味はある……とのことだったので、私のTG4を使ってもらうことにした。

なので、今日の写真はAさんにおまかせ。以下出てくる写真はTG4初挑戦のカメラ初心者Aさん撮影のものです。

いきなりハナヒゲウツボがいました。ラッキー。

ハナヒゲウツボ

ハナヒゲウツボ

続けてサビウツボも紹介。私では撮影しない斬新な構図だ。でも、それがいい感じ。

サビウツボ

サビウツボ

アカメハゼは難しいかな? と、思ったのですが、挑戦してもらった。ここのアカメハゼは夏には一匹もいなくなっていたのに、この冬になって、また増加。今はたくさんいます。

アカメハゼ

アカメハゼ

カクレエビにも挑戦してもらいました。撮れるね~。

ニセアカホシカクレエビ

ニセアカホシカクレエビ

ウミウシも好きってことだったので、ケラマミノウミウシにもトライ。

ケラマミノウミウシ

ケラマミノウミウシ

2本目はポイントを変えて。するとワモンダコに遭遇。触ったことありますか? と、スレートに書いて聞くと、触ったことがないという。せっかくダイバーになったんだから、タコに触るぐらいの体験はしといた方がいいだろうと思って、ちょっと外に出てきてもらいました。

ワモンダコ

ワモンダコ

穴から出るときにちょっと触ってもらう。タコのぬるぬるとしながらもけっこう硬い肌触りなんかは触らないと体験できないからね。毎回、触るんじゃなくて、未体験の人にはちょこっと経験させてあげたい。生物をいじめるんじゃなくてね。

それにしても、決定的瞬間を水中ワイドモードを選択して、上手に撮影されています。

フライングワモンダコ墨吐き中

フライングワモンダコ墨吐き中

ナマコマルガザミもいました。顕微鏡モードを使いこなしておられますね。

ナマコマルガザミ

ナマコマルガザミ

ヒトスジギンポも紹介。

ヒトスジギンポ

ヒトスジギンポ

マダラタルミは白黒でわかりやすい魚だろうと思って、紹介。

マダラタルミyg

マダラタルミyg

ね。TG4を初めて使うダイバーさんが撮影しても、こんな感じで撮れちゃいます。ホント、撮りやすいカメラです。

コンデジを買おうと思っておられる方には良い指針となるのではないでしょうか?

-12/2015, ダイビングログ
-, , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.