マツゲハゼ

12/13 今日は河口でじっくり

投稿日:

昨日の川での結果を受けて、本日のスケジュールは川をやめて、海に変更になりました。ただ海といっても、最大水深はダイコンが作動しないほどだったので、1.5M以浅だったのだろうし、海といえるかどうか定かではないけれど、塩分濃度の観点から区別すると、間違いなく海でのダイビングとなりました。

そんな中、出会った生物の紹介。今回はほとんどすべてのハゼの名前をS先生に確認をお願いしております。見慣れないハゼが多くて、判断に自信がなかったのだ。

最初の子、マツゲハゼだそうです。が、水中で確信を持って、マツゲハゼだっ!! とお客さんに紹介できるほどにはまだまだ道が長そうです。ここでの撮影方法は、怪しきやつは全部撮影。で、後から図鑑を見て判断……となっています。いつかこのサイクルから脱出できるほどの目になれるかな~。老眼も進行していて、自信なし。

マツゲハゼ

マツゲハゼ

こちらも現場では名前がわかりませんでした。

ツマグロスジハゼ

ツマグロスジハゼ

同じエリアに小さいのから大きいのまでいろんなステージのツマグロスジハゼが見られました。図鑑「日本のハゼ」の416ページ、スジハゼAというのにツマグロスジハゼという和名が提唱されたのが2013年のことなので、まだ名前がついて2年ぐらいなんですね。

ツマグロスジハゼ

ツマグロスジハゼ

これぐらいになると、ちょっと模様もわかりやすいかな。

ツマグロスジハゼ

ツマグロスジハゼ

この日に見た中では、この個体が1番大きかったですね。それでも5センチぐらいでしたけれど。

ツマグロスジハゼ

ツマグロスジハゼ

私は現場ではニセツムギ? と思いながら、ツマグロスジハゼを撮影していたのだが、その本家本元のニセツムギハゼもいました。同じキララハゼ属なので、よく似てはいるんだけれどね。

ニセツムギハゼ

ニセツムギハゼ

現場では全然わからなかった、こいつらはミナミヒメハゼだそうです。

ミナミヒメハゼ

ミナミヒメハゼ

小さかった……

ミナミヒメハゼ

ミナミヒメハゼ

そして、ひときわ目立つ透明感のあるボディはフタスジノボリハゼだそうです。

フタスジノボリハゼ

フタスジノボリハゼ

全身出ている奴もいました。

フタスジノボリハゼ

フタスジノボリハゼ

で、ここのエリアの優先種であるカマヒレマツゲハゼ。いや、優先種ではないか。大きいから目立っているだけで、個体数の多さからいえば、ミナミヒメハゼやツマグロスジハゼの方が多いかもしれないね。

カマヒレマツゲハゼ

カマヒレマツゲハゼ

上のカマヒレマツゲハゼはあまりピンと来ないけれど、撮影しながら長く延びた鎌のようなヒレを見ていたので、マツゲハゼではなく、カマヒレマツゲハゼであろうと推測。

下の写真の個体は体に入る黒点の感じも、まさにカマヒレマツゲハゼって感じですね。

カマヒレマツゲハゼ

カマヒレマツゲハゼ

背中部分に入る細かい黒点が目印。

カマヒレマツゲハゼ

カマヒレマツゲハゼ

あと、この鎌のように伸びた背びれもね。

カマヒレマツゲハゼ

カマヒレマツゲハゼ

最初に貼っといたマツゲハゼと比べてみよう。なんかカマヒレマツゲハゼの方が角ばっているイメージだな、私の中で。今度、行ったら、その印象を大事に、見比べてみよう。

マツゲハゼ

マツゲハゼ

浅瀬の中の浅瀬でいたこいつら。みんな同じハゼの大きさが異なる個体だと思っているのだけれど……。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだ名前がわからないけれど、ここで止まってしまうとダメなので、とりあえずこのままでアップしよう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

わかったら、また補足として書き足していきますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見たことあると思うんですよね……。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最後に変わったエビが出てきました。FBで甲殻類に詳しいYさんに教えていただき、スナモグリ科の一種ということがわかりました。

たしかに、すぐに砂に潜ってました。

スナモグリ科の一種

スナモグリ科の一種

ここは楽しいね。透明度の良いときを見極めてまたリトライしてみたいですね。

-12/2015, ダイビングログ
-, , , , , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.