フィコカリス・シムランス

11/4 宜野湾沖でボートダイブ

投稿日:

今日のお客様は今日が最終日。明日は機上の人となるわけで、今晩は那覇ステイ。できたら那覇まで送ってほしいつてことで、マンツーマンだし、ならば……ってことで、かねてから行ってみたかった宜野湾のボートダイブに行ってみることにしました。

広い港……というか、マリーナで半ば迷子になりながらボートに到着し、出発してみると、ポイントまでは意外と近かった。

同船した潜水案内沖縄のTさんにいろいろ教えてもらってエントリー。アカククリが多数見られる。

アカククリ

アカククリ

あまり逃げなかったので、お客様と一緒に撮影。

お客様とアカククリ

お客様とアカククリ

ウミウシは少ないながらも、いたら紹介。ケラマミノウミウシ。背中が白色べったりだとサキシマミノウミウシ。密な白点だとケラマミノ。

ケラマミノウミウシ

ケラマミノウミウシ

リーフの上にはウミシダが多い。ホソウミシダヤドリエビかな?

ホソウミシダヤドリエビかな?

ホソウミシダヤドリエビかな?

こちらは別のウミシダにいたのだが、同じホソウミシダヤドリエビでいいのかな……。

ホソウミシダヤドリエビかな?

ホソウミシダヤドリエビかな?

ソフトコーラルが不自然に砂地に落ちているので、ひっくり返してみたら、キメンガニらしき奴がソフトコーラルを後ろ足で抱え込んでいました。重たくないのかね?

キメンガニかな?

キメンガニかな?

そして、普段ならあんまり紹介しないフィコカリス・シムランスも紹介。撮れるカメラを持っている人じゃないと撮れない被写体だし、見るだけにしても小さすぎるし。なかなか一般受けはしないエビなのだ。カラーバリエーションはあるので、マニアには受けがいいんですけれどね。

フィコカリス・シムランス

フィコカリス・シムランス

オリンパスのTG4、顕微鏡モードで撮影。素晴らしい。その一言に尽きる。TG4、素晴らしい。うん? 白い目がかすかに光っているね。クリスタルモードで撮影したのかな? 記憶がないぞ。

フィコカリス・シムランス

フィコカリス・シムランス

でかっ!! 久しぶりに見た。ジャイアントツマジロオコゼ……と、勝手に命名して呼んでいるツマジロオコゼ。ツマジロオコゼってでっかくなるよな~。

ツマジロオコゼ

ツマジロオコゼ

アメフラシは表情があって紹介すると受けの良いウミウシです。もちろんその目の動きまで撮ってあげてほしい。

クロヘリアメフラシ

クロヘリアメフラシ

キマダラウミコチョウもいました。撮影したら、くるり、と後ろを向かれたけれど、あまりにも美尻だったので、この写真を載せておこう。

キマダラウミコチョウのお尻

キマダラウミコチョウのお尻

浅瀬に広がるサンゴがキレイでした。

宜野湾沖もサンゴがいっぱい

宜野湾沖もサンゴがいっぱい

まだまだ潜っていない海が私にはたくさんあります。沖縄本島の中にもね。そう考えると、まだまだ楽しみが続くね。

-11/2015, ダイビングログ
-, , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.