テングカワハギ

9/15 ホタテが大漁

投稿日:

ダイビングのお客さんがいなかったので、調査もかねて真栄田岬に沈んできました。噂では今年はホタテツノハゼの仲間がけっこういるとか……。

順に見ていくと……、ホタテツノハゼ属の一種-3がいました。背びれのとんがり具合が特徴ですね。

ホタテツノハゼ属の一種-3

ホタテツノハゼ属の一種-3

こちらは別個体。この子のほうが背びれが断然伸びている。

ホタテツノハゼ属の一種-3

ホタテツノハゼ属の一種-3

こちらは背びれが伸びない、ホタテツノハゼ属の一種-4。

ホタテツノハゼ属の一種-4

ホタテツノハゼ属の一種-4

そして本家本元、ホタテツノハゼ。

ホタテツノハゼ

ホタテツノハゼ

ヤノダテハゼも美しい。

ヤノダテハゼ

ヤノダテハゼ

ずっといるアカククリは子供から若魚としか言えないほどまでに大きくなっている。なので、あえてノーストロボで、ライトだけ。ぶれてもいいつもりで撮影。

アカククリ若魚

アカククリ若魚

夏前に見つけたコビトスズメダイはこのときはまだ確認で来ている。10月になってからは確認できなかったんだよね……。もういなくなっちゃったのかな……

左、ヒメスズメダイ 右、コビトスズメダイ

左、ヒメスズメダイ 右、コビトスズメダイ

いや~かわいく撮ってあげたられたな……。背景を青く抜いてあげられたこと。顕微鏡モードでピントが合うほどに接近して撮影できたこと、青紫系のサンゴをちょこっとだけ画面に入れられたこと。全部がうまくいった写真になっている。コンデジでもがんばれるね。

テングカワハギ

テングカワハギ

こーいうかわいらしさもあるよね。テングハギyg。

テングハギyg

テングハギyg

あれ? こんなとこにいたの? という出会いだった。学名キオネミクティス・ルメンガニィ。通称ピグミーシードラゴン。顕微鏡モードで遊ぶにはもってこいの被写体です。

ピグミーシードラゴン

ピグミーシードラゴン

なんてことのないクマドリ。顔のクマドリ模様。すごいね。

クマドリ

クマドリ

アオボシが腕に光っている、アオボシヤドカリ。

アオボシヤドカリ

アオボシヤドカリ

こちらも普通種のミツボシクロスズメダイyg。もう少し絞って撮ればよかったね。

ミツボシクロスズメダイyg

ミツボシクロスズメダイyg

カサイダルマハゼもよく撮れていること……

カサイダルマハゼ

カサイダルマハゼ

アオボシヤドカリをワイド目線で撮影。真栄田にうごめくスノーケラーと一緒に撮影してみました。

アオボシヤドカリ

アオボシヤドカリ

もう少し寄ってみたのだが、ひいた場所から撮った写真のほうが好みだ。寄るだけではなく、いかに引くか。いかにワイドで風景を取り込めるかで、写真は変わっちゃうから、また楽しいね。

アオボシヤドカリ

アオボシヤドカリ

真栄田岬は今夏もいっぱい潜って、いっぱい楽しませていただきました。ありがとうね~。

-09/2015, ダイビングログ
-, , , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.