トラパニアsp

1/1 ウミウシダイブでおめでとうございます

更新日:

9月のログを書かねばならないのだが、1月初旬のログがすっぽりぬけていて、書かれていないことに気付いたので、こちらも少しずつ足していかねば……。

で、今年の元旦のログから書き始めよう。年末年始は毎年遊びに来てくれているリピーターさんとウミウシを探すダイビングに没頭。

ムラクモウミウシは大きかったです。

ムラクモウミウシ

ムラクモウミウシ

そして、初見の嬉しい出会いはトラパニア・アルミッラ。老ウサギのようないでたちでとてもかわいい。翌日も探しに行ったけれど、この日しか出会えませんでした。

新しい図鑑によると、このウミウシはトラパニア・アルミッラではなく、クチワツガルウミウシでした。トラパニア・アルミッラはもっとツルッとした印象のウミウシでした。

クチワツガルウミウシ

クチワツガルウミウシ

パロンシュリンプでもいないかな? と探していたらウミウシがいました。写真のどこにいるかわかる?

イソウミウシの仲間かな?

イソウミウシの仲間かな?

レッドビーチに潜ったら、100%見つけられるマツカサウミウシsp。通年見られます。

こちらも新しい図鑑によると、Kabeiro phasmida Shipman & Gosliner,2015となっています。カベイロ・ファスミダとなるのかな。

カベイロ・ファスミダ

カベイロ・ファスミダ

ヒボタンウミウシはレッドビーチでは珍しいと思う。

ヒボタンウミウシ

ヒボタンウミウシ

去年の冬はこのセンヒメウミウシspが局所的に大量発生していまして、けっこうな個体数を確認できました。今冬はどうなるかな?

センヒメウミウシsp

センヒメウミウシsp

親分のようにウロウロ徘徊していたのはシロクラベラの成魚。

シロクラベラad

シロクラベラad

ミゾレフグの子供はかわいいですね。

ミゾレフグyg

ミゾレフグyg

ケシヨウフグも子供サイズ。目の周囲の模様で判別は容易です。

ケショウフグ

ケショウフグ

たしか、この貝は折れて底に落ちていたトゲトサカに住んでいたんじゃなかったかな? そんな記憶がある。

ヒナコダマウサギガイ

ヒナコダマウサギガイ

ち、小さい。お客様の発見だと思うのだが、ここから極小ウミウシを連続して出してくるリピーターさんのウミウシ力が素晴らしいです。まずはコトヒメウミウシsp

コトヒメウミウシsp

コトヒメウミウシsp

ホント、小さいんです

コトヒメウミウシsp

コトヒメウミウシsp

そして、ネコジタウミウシspも肉眼ではネコジタウミウシspだとは認識できませんでした。

ネコジタウミウシsp

ネコジタウミウシsp

そして、なんだこの変わった模様のウミウシは?

トラパニアsp

トラパニアsp

名前のわからないトラパニアが出てきました。すごいぞっ!! レッドビーチ!!

トラパニアsp

トラパニアsp

アオクシエラウミウシなのかな……

アオクシエラウミウシ

アオクシエラウミウシ

う~ん……こいつ、名前なんでしたっけ?

イロウミウシの仲間

イロウミウシの仲間

人気のあるクリヤイロウミウシ。

クリヤイロウミウシ

クリヤイロウミウシ

コトヒメウミウシsp。これまた小さかった……

コトヒメウミウシsp

コトヒメウミウシsp

伸びたところもアップ。

コトヒメウミウシsp

コトヒメウミウシsp

モウサンウミウシはレッドビーチには多いと思います。季節によるけれどね。

モウサンウミウシ

モウサンウミウシ

と、いろいろ楽しいウミウシが見つかって、良い元旦でした。

-01/2015, ダイビングログ
-, , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.