ダツの仲間

6/14 リクエスト水域は浅く、浅く

投稿日:

少しずつでも追いつくぞ!! 夏のテーマはこれに限る。今日も1日分ぐらいは書かないと。早寝して、早朝に起きて仕事。去年から夏のスケジュールはこうなっています。睡魔に犯されながら深夜に仕事しても非効率極まりない。サクッと寝てしまった方が頭がすっきりします。

さて、この日はリピーターさんたちのリクエストを叶える日。今回はタイドプールで遊びたい! と予約段階から伝えられていて、タイドプールにいける日のリストアップを要求され、その中の日程から休暇とあう日取りで来沖されました。ちようど昼ごろに干潮になるので、タイドプールをサンドイッチする形で普通のダイビングも行います。

まずはアカメハゼに刺さりたい!! というリクエストに応えるべく潜水。ヤドカリ好きのリピーターさんには、アデヤカゼブラヤドカリなどキレイ系のヤドカリを紹介。

アデヤカゼブラヤドカリ

アデヤカゼブラヤドカリ

ベンケイハゼがペアで撮影しやすい場所があったので紹介。でも……私の写真はピンボケでした。あらら……

ベンケイハゼのペア

ベンケイハゼのペア

水がきれいになってきました。水面を泳ぐダツ? を見ているだけでも顔がほころんじゃう。なんで笑っちゃうかって? 決まってるじゃん!! 夏が来たからだよ!!

ダツの仲間

ダツの仲間

ほ~ら!! 水が青い!! ブルーだよっ!!

ダツの仲間

ダツの仲間

マクロも当然やります。下も向きます。ウズラカクレモエビのペアです。

ウズラカクレモエビ

ウズラカクレモエビ

タイドプールにはロウソクギンポがてんこもり。婚姻色になって、我々の侵入できないような浅瀬からこちらを眺めています。

ロウソクギンポ

ロウソクギンポ

大人もいれば、この季節特有の子供もいます。子供のいる水深はひときわ浅い。写真の子がいる水深はわずか10センチぐらい。

ロウソクギンポyg

ロウソクギンポyg

そんな子供に意識が集中していると、とても巨大に思えてしまうホホグロギンポ。酸素バブル広場で気持ちよさそうにジャグジー状態。ホホグロさん、気持ちいいのか? 目がいってまっせ~……。

ホホグロギンポ

ホホグロギンポ

目にはつくけれど、撮影は困難。そんな代表選手のリュウキュウニセスズメ。お客様に教えるのだけでも困難です。

リュウキュウニセスズメ

リュウキュウニセスズメ

サンゴの下の暗がりから視線を感じて凝視すると、ニセカエルウオらしい奴らがいました。光量が足りない……。

ニセカエルウオかな?

ニセカエルウオかな?

体を寄せてすりすり、すりすり。なにをやっていたのかな~?

ニセカエルウオかな?

ニセカエルウオかな?

3本目は場所を代えて、また超浅瀬でのダイビング。先日見つけたシシマイギンポと遊んできました。

お客様たちがシシマイ君と戯れている間に、私はスジギンポの子供のようなヤツとにらめっこ。

スジギンポじゃないかもな、これ。スジギンポってこんな穴に入ってこっちを見たりするのかな? と今さらながら疑問になってきた。だけど、顔つきはやっぱスジギンポだよね。

スジギンポyg

スジギンポyg

ヤドカリ好きじゃなくても、このビビッドな青色にはドキッとするはず。

ユビワサンゴヤドカリ

ユビワサンゴヤドカリ

ここはツマリギンポが多い水域ですね~。

ツマリギンポ

ツマリギンポ

今日は3本潜りましたが、そのうちの2本が超浅くて実にヘルシーな窒素をためないダイビングでした。よかよか。

-06/2015, ダイビングログ
-, ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.