6/8 ショップツアー?

投稿日:

今日から大阪のダイブショップ、オーシャンダイブのショップツアーが潜りに来られる。ショップツアーといっても、引率1人、お客さん1人である。

こちらのショップは私がNAUIイントラになる時のITCというインストラクターテストでとてもお世話になった大先輩のダイビングショップで、今もまだお付き合いしていただけるというのは光栄の極みでございまする。

お客さんが1人であろうと、スタッフが引率しないであろうと、どんなときだって、万全のサポート体制でお迎えせねば……という心意気での初日。

前回もお会いしているお客様だつたのだが、カメラが明らかにパワーアップされているので、マクロ重視であまり動き回らずに、撮影するときは撮影っ!! というメリハリの効いた行動パターンでダイビング。ボートのときは潜水時間が限られているので、だらだら潜っていたら、すぐに浮上の時間になるからね。

有効に使うべし、べし、べしっ!!

と、思っていたら、エントリーしてすぐに巨大なウミガメと出会ってしまい、マクロカメラを持つお客様としばし見惚れる。イントラさんは携帯しているコンデジで撮影。デジイチマクロ仕様のカメラだと撮れないからね。

でっかいぞ。ウミガメ!!

でっかいぞ。ウミガメ!!

で、ハナゴンベやイソギンチャクエビ、ピグミーシーホースをじっくり撮影してもらい、いろいろ探していたら、リュウキュウフクロウニに雑誌や図鑑で見たことのある白い貝が住んでいた。名前がどうしても出てこないし、調べても出てこない。なんでしたっけ?

フェイスブックで聞いたら、石垣のNさんが教えてくださいました。イイジマフクロウニヤドリニナというそうです。

イイジマフクロウニヤドリニナ

イイジマフクロウニヤドリニナ

そして、図鑑にも稀種と書かれていたヒメエダウミウシも登場。かわいい~。私も出会うの久しぶりです。

ヒメエダウミウシ

ヒメエダウミウシ

お客様のカメラのストロボが調子悪かったため、私はほぼガイドであり、そしてライトマンでもあつたので、写真はほとんど撮影しておりませんので、こんなもんだ。

明日もがんばっていきましょう。

-06/2015, ダイビングログ
-, ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.