サンゴの産卵、バンドル(卵)がサンゴの表面に浮き上がってきました

6/3 サンゴ産卵ナイトダイブ

投稿日:

フェイスブックにサンゴの産卵がありましたよ~と書いたら、予想以上に反応があったので出かけてみた。だいたい産みそうな時間を大先輩イントラYさんに聞き、出発

探せど、探せど、パンドルという卵を体に抱えているサンゴに出会わない。なので途中から普通のナイトダイブに切り替え。いろいろ目につくものを撮影。

そもそもナイト自体、私はほとんどやらないので、いい機会だ。

名前の知らない甲殻類がたくさん見られます。図鑑で調べたらたぶん……ヒメトゲオウギガニではないでしょうか?

ヒメトゲオウギガニ

ヒメトゲオウギガニ

サンゴモエビの仲間がどっさり出ています。

サンゴモエビの仲間

サンゴモエビの仲間

どれがどれかわからないぐらいいます。

サンゴモエビの仲間

サンゴモエビの仲間

アケウスもいました。

アケウス

アケウス

う~ん……名前のわからない魚だ。最初にピンときたのは、ナベカみたい……な模様だな……と思ったけれど、ナベカなんて沖縄にいるの?

ナベカ?

ナベカ?

真横から撮影できませんでした。だれだろうか?

ナベカ?

ナベカ?

ヒボタンサラサハゼは目立つので、何回も撮影しちゃった。

ヒボタンサラサエビ

ヒボタンサラサエビ

こちらもヒボタンサラサハゼです。

ヒボタンサラサエビ

ヒボタンサラサエビ

見たことのないヒラムシがくねくねしていました。

ヒラムシの仲間

ヒラムシの仲間

ブダイさん、膜をはって、寝ていました。こーいうのもナイトダイブなのでいちおうおさえとかないとね。

膜をはっておやすみ中のブダイ

膜をはっておやすみ中のブダイ

上の写真の左下にキンチャクガニが隠れていました。寄って撮影してみると、卵がお腹にいっぱい。ナイトダイブではキンチャクガニは普通に岩の上や穴の外に出ています。

キンチャクガニ

キンチャクガニ

コクテンチョウチョウミドリガイかな?

コクテンチョウチョウミドリガイかな?

コクテンチョウチョウミドリガイかな?

ミナミゾウリエビでいいのだろうか? 図鑑を見ると、足の模様が特徴らしいのだが、そんな模様なんて写していないぞ。失態。

ミナミゾウリエビ?

ミナミゾウリエビ?

クモガニもいました。

クモガニの仲間

クモガニの仲間

ワモンダコの小さいヤツがいました。

ワモンダコ

ワモンダコ

コールマンウミウシ2個体と一緒にいたのは、アンナウミウシでいいのかな?

アンナウミウシとコールマンウミウシかな

アンナウミウシとコールマンウミウシかな

ナイトダイブといえば……という感じのするソメンヤドカリ。

ソメンヤドカリ

ソメンヤドカリ

ミミイカも発見。

ミミイカ

ミミイカ

逃げなかったので、寄って撮影してみました。

ミミイカ

ミミイカ

で、最後のほう、10時半ぐらいにみんなが集まっていたので、行ってみたら、ピンクのバンドルを抱えたサンゴが。

サンゴの産卵、バンドル(卵)がサンゴの表面に浮き上がってきました

サンゴの産卵、バンドル(卵)がサンゴの表面に浮き上がってきました

ちょっとずつ産まれていましたが、こりゃ~本当に少ないね。でも、見られて良かった。

サンゴの産卵、産まれて浮いていく赤い粒が写ってました

サンゴの産卵、産まれて浮いていく赤い粒が写ってました

少し離れた場所でいかつい顔の人がいました。あなたはだれ?

だれ?

だれ?

ダイバーいっぱいの水中です。

ダイバーだらけの水中

ダイバーだらけの水中

ミミズクガニの大きいやつがいました。

ミミズクガニ

ミミズクガニ

アナエビの仲間は斬新なカラーリング。

アナエビの仲間

アナエビの仲間

かっこいい~と思って、撮影していました。初めて見たと思います。

アナエビの仲間

アナエビの仲間

とりあえずサンゴの産卵が見れたので、みんな上がってきました。やっぱ、せっかく入ったんだから見るまではあがらないぞっ!! ってみんなが思っていたんでしょうね。エントリー時間はばらばらでしたが、上がる時間はだいたい同じになっていましたから。

ナイトダイブを終えて、みんな上がってきました

ナイトダイブを終えて、みんな上がってきました

翌日も見られたみたいです。が、まだまだ量は少ない目。今度に期待しましょうね。

-06/2015, ダイビングログ
-, , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.