オオモンカエルアンコウ

6/6 久々ビーチ

投稿日:

いつものリピーターさんが潜りにきてくれたんだけれど、どこの港からもボートが出ないというアンラッキーな一日になってしまった。どうすべきか?

沖縄でダイビング屋さんとリバートレッキング屋を営んでいるスピッツ世古のブログ記事をご覧いただきありがとうございます。

いろいろ考えて、ビーチで潜ることになりました。

ちょっとうねっていたけれど、透明度はまずまずでした。

久しぶりのポイントで潜る時に高望みは禁物。

出てきたネタで素直に遊ぶのがベター。

 

なのでヒブサミノウミウシでも遊んじゃう。

ヒブサミノウミウシ

ヒブサミノウミウシ

 

とても多かった、ロータスミノウミウシだと思っている奴。

 

ロータスミノウミウシ

ロータスミノウミウシ

 

コノハガニだと思っていますが、どうでしょうか?

 

コノハガニ

コノハガニ

 

かわいいギンポの子供がいました。

名前はわからない………。

 

ギンポの子供

ギンポの子供

 

オオウミウマ子供がいました。

出会えると嬉しいですよね。

 

オオウミウマ子供

オオウミウマ子供

 

ヒメホソウミヤッコかな……。

 

ヒメホソウミヤッコ

ヒメホソウミヤッコ

 

ヨウジウオ系が多いです。

ワカヨウジもいました。

 

ワカヨウジ

ワカヨウジ

 

カニさん。

ここではよく見かけるタイプですね。

 

カニさん

カニさん

 

ソラスズメダイ属の一種が水深の深いほうにいました。

だいたい水深4Mぐらい。

たいていいつも見るところは水深1m以浅なので、4Mは革命的にディープだ。

なので撮りやすい。

とても撮りやすい。

 

ソラスズメダイ属の一種

ソラスズメダイ属の一種

 

その周囲にいたミナミニシキウミウシ、ダブル。

でかいので、いるとすぐにわかる。

反対に爪サイズのミナミニシキウミウシに出会ってみたいなー。

 

ミナミニシキウミウシ

ミナミニシキウミウシ

 

アカントフェックス・レウリニスの多いポイントだけれど、こいつは小さすぎて判別が無理です。特徴である鰓付近の5個の突起もよく見えない。色も濃いし。

 

オコゼの仲間

オコゼの仲間

 

薄いタイプもお客様が見つけて撮影していたのですが、こちらも判別不可ですね。

 

オコゼの仲間

オコゼの仲間

 

その撮影者の周囲をウロウロしているヤドカリさん。

 

ヤドカリの仲間

ヤドカリの仲間

 

砂泥地から出てきたエビシャコさん。

 

エビジャコの仲間

エビジャコの仲間

 

顔、おもろーですね。

 

エビジャコの仲間

エビジャコの仲間

 

帰路についたのだが、最後に迷ってしまった。

まぁー久しぶりだから、しょうがない。

でも、そのおかげで、赤系のオオモンカエルアンコウに出会えました。

 

オオモンカエルアンコウ

オオモンカエルアンコウ

 

もう一度、出会えるか?

 

わからないねー。

 

場所を記憶するのを忘れてしまった。

そもそも、またしばらくここには来ないだろうからね。

-06/2021, ダイビングログ
-, , , , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.