ヒメキンチャクガニ

4/29 真栄田周辺ボートダイブ

投稿日:

2021年コロナ2度目のGWスタートです。

去年の今頃は完全自粛で、ステイホーム、ステイホーム、ステイホーム。

そういえば、最近「ステイホーム」の言葉はまったく聞かないな。

 

沖縄でダイビング屋さんとリバートレッキング屋を営んでいるスピッツ世古のブログ記事をご覧いただきありがとうございます。

いつものお客様とボートダイビング。近場でダイビング。水温は23-24℃。

私もお客さんもドライスーツでまだ潜っている。いつ脱ごうか、それが問題だ。

 

最初は久しぶりのポイント。深場でハゼなんぞを探してみたが、砂質から判断して、ハゼはいそうになかったので、早々に退散。

浅瀬に戻りながら、季節もので遊びつつ。

アマミスズメダイ子供

アマミスズメダイ子供

ウミウシなんぞも見つつ、

ヒオドシユビウミウシ

ヒオドシユビウミウシ

キスジカンテンウミウシの背景に薄いブルーのサンゴがあったので紹介。

デジイチで撮影したら、きれいに色が出てるといいなー。

キスジカンテンウミウシ

キスジカンテンウミウシ

デジイチのお客様なので、私はお客様周辺でいろいろ探す人。

たまに撮影する人。

エビさんがいたのだが、お客様の撮影終了を待ってくれるほどのんびりはしてくれない。

たいてい、どこかにいなくなってしまう。

エビさん

エビさん

なので紹介するのはウミウシが多くなる。

もう少し水温が上がれば、生物たちももっとのんびりしてくれると思うんだけれどね。

ミルクオトメウミウシ

ミルクオトメウミウシ

2本目は真栄田。

1本目で深く潜ったので、ここでは深く潜らないで、浅めで探してみる。

ヒメキンチャクガニに出会うのは久しぶりだ。

この人、なにを左手に持っているのだろうか?

ヒメキンチャクガニ

ヒメキンチャクガニ

 

逃げながらも絶対放さなかったので、きっととても大事な物なんだろう。

 

ヤライイシモチの口の中には卵がありました。

ヤライイシモチ

ヤライイシモチ

もう少し子供たちが増えてくるといいんだけれどな。

まだ少ないなーと感じるGWの始まりでした。

-04/2021, ダイビングログ
-, , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.