03/2020 ダイビングログ

3/16 ウミコチョウ祭りにチェックイン

サキシマウミコチョウ

昨日に続けてレッドビーチ。昨夕、帰りしなに仲良しショップのIさんからウミコチョウ祭りの顔ぶれを聞いて、遅ればせながらチェックインしてきました。小さいながら、初見のウミコチョウが多そうで、エントリー前からわくわく。

沖縄でダイビング屋さんとリバートレッキング屋を営んでいるスピッツ世古のブログ記事をご覧いただきありがとうございます。

会場を探すところからスタートしたので、かなり手前から捜索。

TG4の顕微鏡モードでも厳しいサイズのウミコチョウたちが多い。

もっと上手に撮ってあげたいけれど、砂に潜っていくし、飛んでしまうし、羽ばたいていくし、極小ウミコチョウは手ごわいぞ。

ヤマトウミコチョウ属の一種

ヤマトウミコチョウ属の一種

多かったのがオナガブドウガイ。

オナガブドウガイ

オナガブドウガイ

こちらもけっこうな個体数を確認。

ヤマトウミコチョウ属の一種

ヤマトウミコチョウ属の一種

もっと……もっと……鮮明に撮ってあげたい。

ヤマトウミコチョウ属の一種

ヤマトウミコチョウ属の一種

ウサギモウミウシは普通に砂地にも数個体いました。

ウサギモウミウシ

ウサギモウミウシ

正面から撮りたくなっちゃうウミウシだけれど、コンデジで正面に回り込むのは、ほんまに大変。

ウサギモウミウシ

ウサギモウミウシ

少し大きなオナガブドウガイがいました。

オナガブドウガイ

オナガブドウガイ

お客様はこーいうの大好きなので、見つけられて良かった。

ハナオコゼです。

ハナオコゼ

ハナオコゼ

透明バージョンのカラスキセワタ。

子供サイズはこんな色彩なのかもしれないね。

サイズは5ミリぐらいかな。

カラスキセワタ

カラスキセワタ

そして局所に密集していたフウセンウミウシ。

この子たちは、飛んじゃうタイプなので、飛んでしまったら、飛んでるところを撮ってみたい。

TGの顕微鏡モードなら可能だはず。

カメラの性能に任せて、カシャカシャすると、何枚かに一枚はピント合うさーね。

フウセンウミウシ

フウセンウミウシ

たくさんいたので、いろいろ撮ってみた。

フウセンウミウシ

フウセンウミウシ

目がかわいいので、両目を入れてあげたいよね。

フウセンウミウシ

フウセンウミウシ

個人的にはあまり出会ったことないウミウシ。

オウカンウミウシ。

レッドで見たことあったかな?

オウカンウミウシ

オウカンウミウシ

そしてそして、ようやく祭り会場に到着。

これこれ、このサキシマウミコチョウがたくさんいるって聞いていたのだ。

いろんな色彩パターンがあるのだが、どうやら全部サキシマウミコチョウらしい。

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

1匹見つけると、近くにもう1匹いることが多かったです。

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

こちらは3個体集まっていました。

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

お、別のウミコチョウだ!!

と、撮影したけれど、なんか、違うみたい。

なんなんだ、これ?

ウミウシに見えていた、ごみ

ウミウシに見えていた、ごみ

で、このサキシマウミコチョウ。

交接するときは、後ろの個体が寄ってきて。

前の個体は背中側を開けて待ってる。

そこにドッキングするみたい。

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

白いのが生殖器官ってことかな。

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

たまたま写っていました。

現場では、こんなの視認できません。

小さいですから。

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

いろんなタイプがいたので、目についた奴らはみんな撮ってみた。

そしてもちろん、その他の奴らも。

ヤマトウミコチョウ属の一種

ヤマトウミコチョウ属の一種

ヤマトウミコチョウ属の一種

ヤマトウミコチョウ属の一種

カイコガイ属の一種

カイコガイ属の一種

オナガブドウガイ

オナガブドウガイ

オナガブドウガイ

オナガブドウガイ

みんな小さい……。

この子だけ大きかった。

クチヒゲツガルウミウシ。

クチヒゲツガルウミウシ

クチヒゲツガルウミウシ

クチヒゲツガルウミウシ

クチヒゲツガルウミウシ

レッドにもいたアマミスズメダイ子供。

アマミスズメダイ子供

アマミスズメダイ子供

そして、この赤い点に見えた物体。

これもウミコチョウなんだね。

この子はかなり飛びまくります。

ヤマトウミコチョウ属の一種

ヤマトウミコチョウ属の一種

撮るの大変。

でも、この祭りは嬉しい。

また来るぞ。

  • この記事を書いた人

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。沖縄から発信するちょっと気になるあれやこれや

人気記事

1/14/2016 コンテナ全景 1

スピッツはダイビング屋さんである。 このホームページだって、ダイビングのことばっかり書かれている。 しかし、人気記事のカテゴリーを見ると、 いつも人気ランク第1位にはサビキラープロのことを書いたページ ...

コンテナ引き渡し日の状態 2

中古スチールコンテナの処分、処分費用に悩んでいる人向けの記事になっています。このページを見ると、どうすれば格安で処分できるのかのヒントにはなるはず。 もくじ1 まとめ2 閉まらない扉が恐怖をあおる3 ...

名護ひがし食堂ぜんざいバー 3

沖縄生活20年越のスピッツ世古です。今日も懲りずにアイスの紹介です。 2年目のコロナ夏、緊急事態宣言延長期間が長すぎて感覚が鈍化してきましたが、デルタ株の感染力は強いんですね。新規陽性者数の増加が止ま ...

ケースを外すとこんな感じ、ウエスタンデジタル社製のHDDが入っていました 4

仕事用ではなかったのだが、家庭用のハードディスクが壊れてしまいました。原因は次女がコードをひっかけて机の上から落としてしまったこと。それまでは元気に動いていました。あらららら……。 もくじ1 「外付け ...

ユーザー車検の案内 5

コロナで仕事も少ないし、今年は節約するためにもセルフ車検にしときましょう。 沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうござい ...

タイワンオオムカデの顎肢 6

もくじ1 まとめ2 沖縄のムカデ、タイワンオオムカデ3 初期症状3.1 冷やすべきか? 保温すべきか?4 2021/9月現在、明瞭にわかっていること5 判断基準5.1 なぜお湯ではなく水で洗浄するのか ...

-03/2020, ダイビングログ
-, , , , , , , , ,