クチバイロウミウシ

5/25 西海岸でもウミウシダイブ

投稿日:

昨日はウミウシダイブで東海岸のレッドビーチを攻めたので、今日は西海岸を攻めます。東西を使い分けられるのが沖縄本島のチャームポイント。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

西と東でそんなに変わるの? と聞かれれば、変わりますよと一言で言ってしまうと語弊がありますね。

東でもサンゴ礁で潜れば、たぶんそんなに西と変わらないはず。

大事なのは環境の差異です。

レッドビーチは泥場。西側はサンゴ礁域。

環境が変われば、住むウミウシも変わるのは必然。いろいろ楽しめるってもんです。

さてさて、なにが出るかな~。

最近の旬はまず押さえておきたいので、ファーストタッチにミガキブドウガイ。

ミガキブドウガイ

ミガキブドウガイ

モンコウミウシは久しぶりに見ました。

モンコウミウシ

モンコウミウシ

プルンナ・プリプロペディスに和名がついたんですね。

クチバイロウミウシ。

クチバイロウミウシ

クチバイロウミウシ

最近こればっかり目につくのは私だけ?

スミツキイボウミウシの多き令和よ。

スミツキイボウミウシ

スミツキイボウミウシ

やっぱ穴っぽいところを潜ると、いつも見てみたいテンテンウミウシ。

テンテンウミウシ

テンテンウミウシ

このへんは並んでそろえたい。キスジカンテンウミウシに、

キスジコンペイトウウミウシ

キスジコンペイトウウミウシ

コンペイトウウミウシ。

コンペイトウウミウシはダブルでした。

コンペイトウウミウシ

コンペイトウウミウシ

こちらも西側の海の常連って感じのモザイクウミウシ。

モザイクウミウシ

モザイクウミウシ

黄色のかわいいイボと白黒のかわいいイボ。イボイボ……。

ミズタマウミウシとスミツキイボウミウシ

ミズタマウミウシとスミツキイボウミウシ

アジサイイロウミウシかな? センテンイロウミウシ?

センテンイロウミウシかな

センテンイロウミウシかな

お客様の発見はトウモンウミコチョウ。

けっこう大きい個体でした。

トウモンウミコチョウ

トウモンウミコチョウ

シロスジヒオドシウミウシは泳いでいた私の眼前に流れてきました。

どこから来たんだろうか?

シロスジヒオドシウミウシ

シロスジヒオドシウミウシ

ミノウミウシ? と思って、軍手の上に乗せて撮影してみたら、

ぎゃー!!

これってウミケムシの仲間だよね?

こーいうのは苦手。

ウミウシかと思ったら、これはなに? ウミケムシの仲間?

ウミウシかと思ったら、これはなに? ウミケムシの仲間?

ウスフジイロウミウシは触角の片方が欠損していました。

ウスフジイロウミウシ

ウスフジイロウミウシ

定番の中の定番、ゾウゲイロウミウシもそんなに見なかった。

数が少ない。

ゾウゲイロウミウシ

ゾウゲイロウミウシ

でかかったメレンゲウミウシ。

でかすぎて離れないと撮影できないし、離れるとストロボ届かない……。

メレンゲウミウシ

メレンゲウミウシ

なんだ?

と思った奴は、たいていシロミノウミウシだという……ウミウシあるある。

シロミノウミウシ

シロミノウミウシ

お客様の発見はアデヤカミノウミウシ。

きれいです。

アデヤカミノウミウシ

アデヤカミノウミウシ

そして特筆すべきはちょっと深い場所で見つけたシシマイギンポ。

ここならボートダイブでも見に来れる。

こいつだけかと思ったけれど、

シシマイギンポ

シシマイギンポ

その近くにもう1個体いました。ここでずっと観察できたらいいねー。大潮の満潮時に来たら、1.5Mぐらい水深あるんじゃないかな?

いや、もっとあるか。今度測りにいってこよう。

シシマイギンポ

シシマイギンポ

マイチョコみたいなツギアテウミウシ。

ツギアテウミウシ

ツギアテウミウシ

ヒブサミノウミウシみたいなリンカミノウミウシ。

リンカミノウミウシ

リンカミノウミウシ

ケラマミノウミウシみたいなハチジョウミノウミウシ。

ハチジョウミノウミウシ

ハチジョウミノウミウシ

まったく探していなかったのに、出会ってしまう。

ヒポカンパス・ポントヒィ。探している時は全然いないのに、探していないとあっさり出会える。

やるせないのー。

ヒポカンパス・ポントヒィ

ヒポカンパス・ポントヒィ

ゴシキエビの抜け殻に巻き付くかな? と見ていたのだが、

ゴシキエビは怖いのかもしれない。何度か上を泳ぐだけで、一度も寄りませんでした。

ゴシキエビの抜け殻上空を漂うヒポカンパス・ポントヒィ

ゴシキエビの抜け殻上空を漂うヒポカンパス・ポントヒィ

センヒメウミウシは出会えると嬉しいよねー。

センヒメウミウシ

センヒメウミウシ

西側の海でもトラパニア、ゲットです。

アオモンツガルウミウシ。

アオモンツガルウミウシ

アオモンツガルウミウシ

西側の海は透明度も良いし、サンゴもいっぱい。

そんな水中に真夏を思わせるキビナゴの群れが山盛り登場で、夏気分がますますアップ。

キビナゴ山盛り、いつの間にか夏の海

キビナゴ山盛り、いつの間にか夏の海

もう夏やのー。

キビナゴ山盛り、いつの間にか夏の海

キビナゴ山盛り、いつの間にか夏の海

6月になったら、水温がメキメキ上がるはず。はやく衣替えしたいなー。

-05/2019, ダイビングログ
-, , , , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.