黒線の太いカクレクマノミ

5/2 GW6日目 山田3ダイブ

投稿日:

風波は穏やかになりつつあるもののうねりが消えない恩納村。そんな中でうねりを避けてボートダイブで潜ってきました。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

ポイントは山田ポイントのみ。いろいろコースを分けて3ダイブしてきました。

1本目は以前に楽しんでいたネタがいるかどうか確認で潜ってみたのだが、そうは問屋がうまく卸さなかった。アカスジウミタケハゼやムチカラマツエビなどで遊ぶ。

写真は過去のものから。

ムチカラマツエビ3連荘

ムチカラマツエビ3連荘

2本目は以前の定番コース。トウアカクマノミを巡るダイビングになるはずだったが、ここ数週間前からトウアカクマノミがいなくなってしまったらしい。噂の確認に行ってみると、

うむ。

なるほど。

本当にいないじゃん。イソギンチャクごといないじゃん。ちょっとびっくり。

ピカチューウミウシもいないし、あれ、シードラゴンもこっちにはいないじゃん……とないものずくし。

ヒレグロベラ子供やウミウシカクレエビらと遊んでもらう。写真は過去のものから。

ウミウシカクレエビ

ウミウシカクレエビ

3本目はどうしましょうか? と素直に相談。

で、ボートの下であまり動かずにサンゴの畑をまわって、見られる生物で楽しみましょうってことになり、結果的にこれが良かったです。

テングカワハギやダルマハゼと遊べました。

写真は黒色ラインがひときわ太くてちょっと変わった印象のカクレクマノミ。

黒線の太いカクレクマノミ

黒線の太いカクレクマノミ

3本共にリーフ内に入り込んだうねりによる潮流が感じられるダイビングで、まだまだ海は荒れているな~と実感せずにはいられない内容でした。明日以降は穏やかになってほしい。

-05/2019, ダイビングログ
-, , , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.