ランソンミノウミウシ

5/1 GW5日目 雨のレッド

投稿日:

今日から令和時代に突入。お客様もがらりと変わってリセット。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

ボートに乗れる手はずも整えていたのだが、この日の天気は雨模様。やっぱ、雨だと「温かいシャワーが浴びれますよ」って言葉の響きに人は弱いみたい。

本日のお客様もレッドビーチをチョイス。今回のお客様はウミウシ大好きさんではなくて、きれいなウミウシなら大歓迎って感じで、マクロ全般大好きな人たち。

なので、レッドビーチのマクロ全般をガイドしましょう……って挑んだのですが、余りにも悪い透明度に未だ勝手ガイドしたことのないような水域でしか活動できませんでした。浅瀬のみ。堤防に張り付いて、その表層のみ……って感じ。

唯一行けたエリアでジョーフィッシュの子供を紹介できたのは唯一の救いか……。写真は過去のものから。今は本当にたくさんいます。

カエルアマダイ子供

カエルアマダイ子供

フジナミウミウシ、シロウサギウミウシ、ミヤコウミウシ、キカモヨウウミウシなどウミウシを紹介しつつイシガキカエルウオやバブルコーラルシュリンプなどでも遊んで1ダイブ終了。

「ちょっと濁りすぎですね。こんなコースでガイドした記憶は思い出せない」と素直に吐露するも、いろいろ出てきて楽しかったと言ってもらえて少し安堵。

2本目は、いよいよ浅場しか行けないはず……ともう深場は一切切り捨ててエントリー。最大水深3Mいかないあたりをうろうろ。

個人的に嬉しかったのは、ランソンミノウミウシに出会えたこと。

ランソンミノウミウシ

ランソンミノウミウシ

あまりきれい系でもないし、かわいい系でもなかったので、紹介しようか迷ったけれど、珍しい系ウミウシとして紹介。

小さいウミウシが目につくが、お客様たちはオリンパスのTGシリーズのコンデジを持っておられたので、ぜひ顕微鏡モードの練習に……と小さいウミウシも紹介。

ウミウシ自体はかわいい系だったし。

トウリンミノウミウシ

トウリンミノウミウシ

ミノウミウシ属の一種

ミノウミウシ属の一種

3本目に行こうか悩んでおられたけれど、透明度も悪かったし、「もう行くところがないです」ってことでこの日は2ダイブで終了。

するとお昼ご飯に入った「ざまみ食堂」で雨はかなりの豪雨になってしまった。

ナイス判断でしたねーとみんなで鳥の南蛮定食を平らげて終了。明日は何処へ?

-05/2019, ダイビングログ
-, , , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.