カエルアマダイ子供

4/29 GW3日目 うねりを避けてボートダイブ

投稿日:

昨日のログに「明日はマンツーマン」と書いていたけれど、間違えてた。今日は2人だった。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

今日もボートをチョイス。真栄田岬のビーチ階段はうねりのためにオープンするかどうか微妙だったし,風は南東から南西でレッドビーチには不向きだった。朝になって真栄田のビーチが開かなくて、ボートも満杯の時は、潜れる場所がなくなってしまう。GWは渋滞もあるので遠くに行かねばならないリスクは避けたいし……、と考えに考えて結局ボートでした。

で、1本目はガメラを見に行ったのだが、肝心のガメラはいませんでした。スピッツ組は2本目で深く入りたかったので、ボート下の浅瀬で遊ぶことに終始。

アシビロサンゴヤドリガニやクマノミ、ツヤトサカガザミたちと遊んできました。

そして2本目で真栄田岬の深場をボートで攻めてきました。ある意味贅沢なスタイルだ。

深場ではホタテツノハゼやピンクダートゴビーを観察、撮影。

浅瀬に帰ってきたら、気持ちの悪いゴカイのようなものと遭遇。

ケヤリムシとかゴカイの仲間だよね

ケヤリムシとかゴカイの仲間だよね

ウミウシは全然いなかったのだが、ボートの真下だけに集中していることが最後の最後にわかった。

なんだよ……。

最初にここを見とけばよかったなー……。と後悔しても後の祭りである。

そこで出会ったトカラミドリガイ。

トカラミドリガイ

トカラミドリガイ

3本目はマンツーマンになったので、じっくり行ってきました。

カンムリハラックサウミウシは相変わらず観察できました。

カンムリハラックサウミウシ

カンムリハラックサウミウシ

前回も見られたオオウミウマ子供がまだいました。

オオウミウマ子供

オオウミウマ子供

泥地の住人はこの季節からたくさんの子供が見られます。

マンツーマンならではってことで遊べます。

カエルアマダイ子供は老若男女問わず人気です。

カエルアマダイ子供

カエルアマダイ子供

カエルアマダイ子供

カエルアマダイ子供

イヌギンポもこーいう環境だとレギュラー。

イヌギンポ

イヌギンポ

カエルアマダイと同じ場所に住んでいるテングギンポハゼ。

両者は切ってもきれないお隣さん同士ですね。

テングギンポハゼ

テングギンポハゼ

こんなところにウミショウブハゼ。

ウミショウブハゼ

ウミショウブハゼ

小さいのがいるのはよく見るけれど、こんなに大きいのがいたんだねー。

名前がわからないねー。

エビさん

エビさん

Tさん発見のイッポンテグリ。

大きかったー。

イッポンテグリ

イッポンテグリ

小さいのが見たいんだけれどねー。

明日こそマンツーマン。さてどこに行こうか?

-04/2019, ダイビングログ
-, , , , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.