キシュウベッコウタマガイ

4/1 南風に誘われて・・・

投稿日:

今日は海に行ってきました。週末に来るお客様があまり過酷なビーチポイントだとお連れするのが難しいので、比較的エントリーが簡単なポイントのチェックです。しばらく潜ってないポイントなので潜っておきたかったのだ。

ウミウシもいろいろ見ました。

[wc_row][wc_column size="one-third" position="first"]

ヒラミルミドリガイ

ヒラミルミドリガイ

[/wc_column][wc_column size="one-third"]

ナギサノツユ

ナギサノツユ

[/wc_column][wc_column size="one-third" position="last"]

ホソスジイロウミウシ

ホソスジイロウミウシ

[/wc_column][/wc_row]

[wc_row][wc_column size="one-third" position="first"]

Lomanotus sp

Lomanotus sp

[/wc_column][wc_column size="one-third"]

セスジミノウミウシ、ストロボON

セスジミノウミウシ、ストロボON

[/wc_column][wc_column size="one-third" position="last"]

Doto sp

Doto sp

[/wc_column][/wc_row]

縦位置でも撮影してみました。ミナミニシキウミウシです。

ミナミニシキウミウシ

ミナミニシキウミウシ

季節を問わず、気付けばそこにいる・・・。そんな生物だ。ヒメイカ。小さい、小さいイカです。体長は1センチ弱です。

ヒメイカ

ヒメイカ

最初はカイメンだと思ったこの物体。よく見ていたら動き出した。およっ! 見たことのないウミウシだ・・・と思っていたら、明らかに貝のような触覚まで下から伸びてきた・・・。およよよよ・・・。こんな貝殻を持たない貝がいるのか? とフェイスブックの海の談話室に投稿したら早速博識な方からご教授いただけました。キシュウベッコウタマガイというそうです。体の中に薄い貝殻があるとのこと。いろんな知らない生物がまだまだいますね~。

キシュウベッコウタマガイ

キシュウベッコウタマガイ

屋久島のHさんを見習って、ワレカラにコンデジを向けてみたけれど、難しいです。もっと時間が必要だ。

ワレカラ

ワレカラ

調子にのってタルマワシも撮影。これも極小な生物で、体長は2ミリぐらい? いや、3ミリはあるかな。

タルマワシ

タルマワシ

久しぶりに出会ったミミックオクトパス。でも、全身は出てきてくれませんでした。目だけ。

ミミックオクトパス

ミミックオクトパス

なんてキレイな緑なんだ!! 美しいヒラツノモエビに出会いました。

ヒラツノモエビ ストロボON

ヒラツノモエビ ストロボON

上のも下のも撮り方は同じなのに、なんか写真の雰囲気が違う。なにが変わっているかというと、背景が変わっています。下の写真はエビがガヤの上ではなく、ミルの上に隠れているのです。そのミルに吸収され拡散したストロボ光が柔らかな光となり、なんかほんわかした雰囲気の色合いの写真になりました。

ヒラツノモエビ ストロボON

ヒラツノモエビ ストロボON

少しひいて撮影するとこんな感じの風景です。背景にあるのはもしかしたらミルの仲間ではないかもしれないです。なんだろうか?

ミルの仲間に隠れているヒラツノモエビ

ミルの仲間に隠れているヒラツノモエビ

背景が変われば、どんどん撮影する。そうするといろんな感じの異なった写真になる可能性高し。

明日も南風。どこに潜ろうかな・・・。

-04/2015, ダイビングログ
-, , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.