01/2018 ダイビングログ

1/15 リュウグウで戯れる

コミドリリュウグウウミウシ

週末の大寒波が去り、沖縄の気温も無事に20度オーバー。いつもの沖縄が戻ってきました。風も東風となり、目の前の恩納村の海も凪ぎました。よしよし。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

で、ターゲットは年始のウミウシダイブで見られていたコミドリリュウグウウミウシ。

この黄緑色のコケムシと水中の青色とウミウシの色と絡めていろいろ撮ってみたい……と企んでいたのだが、試行錯誤の末、全然うまく撮れない。

まずは普通に顕微鏡モードで撮影。内蔵フラッシュです。

コミドリリュウグウウミウシ

コミドリリュウグウウミウシ

で、そこに水中ライトを照射。

コミドリリュウグウウミウシ

コミドリリュウグウウミウシ

今度は内蔵ストロボをオフにして、水中ライトをいろんな角度から照射しながら撮影。

お、エビが寄ってきてる……。現場ではまったく見えておりませんでした。情けなし……。

コミドリリュウグウウミウシ+エビがいてる……

コミドリリュウグウウミウシ+エビがいてる……

なんかもっとエロくというか、怪し気にというか、変わった感じで撮りたいんだけれどな~。

コミドリリュウグウウミウシ

コミドリリュウグウウミウシ

で、水の色を取り入れてみると……、

うんうん。

やっぱ、雰囲気、変わるね~。

もっとシャープなピントがほしいし、コミドリリュウグウウミウシだけにもっとライトを照射したくなる。

コミドリリュウグウウミウシ

コミドリリュウグウウミウシ

今度はバックライトでも撮影してみた。

コミドリリュウグウウミウシ

コミドリリュウグウウミウシ

う~ん……。む、難しいです。

このコケムシを食べにサガミリュウグウウミウシまで来ていました。

しょっちゅう見ないけれど、たまに見る。そんなウミウシです。

大きくて、5センチぐらいありました。

サガミリュウグウウミウシ

サガミリュウグウウミウシ

当然、遊んじゃう。

だってお客さん連れてないしね。

見つけた生物を独り占めして撮影できるのはこんなときしかないので、いろいろ試行錯誤。

でも、やっぱり難しい。

サガミリュウグウウミウシ

サガミリュウグウウミウシ

他にもなんか絵になるものはおらんかね~と潜るも、普通種の発見に終始。

オトヒメウミウシ

オトヒメウミウシ

カメキオトメウミウシ

カメキオトメウミウシ

ヒブサミノウミウシ

ヒブサミノウミウシ

アラリウミウシ

アラリウミウシ

ウェルコニア・ワリアンスでしょう

ウェルコニア・ワリアンスでしょう

キスジカンテンウミウシ

キスジカンテンウミウシ

アカメミノウミウシ

アカメミノウミウシ

中層に浮かんでまとまっていたカマスとも遊んだりしました。

だってお客さんいないからさ~。

カマスの群れ

カマスの群れ

と、いうダイビングでした。

またリベンジしたい。

  • この記事を書いた人

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。沖縄から発信するちょっと気になるあれやこれや

人気記事

1/14/2016 コンテナ全景 1

スピッツはダイビング屋さんである。 このホームページだって、ダイビングのことばっかり書かれている。 しかし、人気記事のカテゴリーを見ると、 いつも人気ランク第1位にはサビキラープロのことを書いたページ ...

コンテナ引き渡し日の状態 2

中古スチールコンテナの処分、処分費用に悩んでいる人向けの記事になっています。このページを見ると、どうすれば格安で処分できるのかのヒントにはなるはず。 もくじ1 まとめ2 閉まらない扉が恐怖をあおる3 ...

名護ひがし食堂ぜんざいバー 3

沖縄生活20年越のスピッツ世古です。今日も懲りずにアイスの紹介です。 2年目のコロナ夏、緊急事態宣言延長期間が長すぎて感覚が鈍化してきましたが、デルタ株の感染力は強いんですね。新規陽性者数の増加が止ま ...

ケースを外すとこんな感じ、ウエスタンデジタル社製のHDDが入っていました 4

仕事用ではなかったのだが、家庭用のハードディスクが壊れてしまいました。原因は次女がコードをひっかけて机の上から落としてしまったこと。それまでは元気に動いていました。あらららら……。 もくじ1 「外付け ...

タイワンオオムカデの顎肢 5

もくじ1 まとめ2 沖縄のムカデ、タイワンオオムカデ3 初期症状3.1 冷やすべきか? 保温すべきか?4 2021/9月現在、明瞭にわかっていること5 判断基準5.1 なぜお湯ではなく水で洗浄するのか ...

-01/2018, ダイビングログ
-, , , , , ,