アミメウロコウミウシ

11/11 冬到来のレッドビーチ

更新日:

平日にもたいしてなにも仕事が入らなくなってきて、実に11月らしい。11月ってこんな感じなんですよね~。

そろそろ寒くなってきましたよ。

沖縄本島恩納村でダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

お客様はリピーターさん。夏はリバートレッキングで忙しくしていて、断っていたので、また遊びに来てくれて本当にありがたい。感謝でございます。

あいにくの北風になってしまったので、レッドビーチに行ってきました。

すると最悪の透明度。透明度は2Mくらいでした。

なので、移動は最低限にとどめて、最初はハゼエリアをうろうろ……する予定でしたが、あまりの透明度の悪さにハゼエリアまで行くのは断念。手前で見られる生物で遊んで終わる1ダイブでした。

ヒラツノモエビや、

ヒラツノモエビ

ヒラツノモエビ

クサイロモウミウシなどで遊んでいたら、なんとウロコ系出現。アミメウロコウミウシだね。こーいう出会いはうれしいですね。

クサイロモウミウシと遊んでいた写真を後日、お客様から頂けたので、こちらの最後のページに紹介させていただきました。

アミメウロコウミウシ

アミメウロコウミウシ

名前のわからぬカニさんにも出会う。

カニさん

カニさん

上下は別の個体です。

カニさん

カニさん

ウミウシはまだそんなにいません。

ケラマミノウミウシや、

ケラマミノウミウシ

ケラマミノウミウシ

セスジミノ、

セスジミノウミウシ

セスジミノウミウシ

キカモヨウウミウシ

キカモヨウウミウシ

キカモヨウなど、定番のものしか出ません。

アカメハゼの子供個体が2個体ついていました。

アカメハゼ

アカメハゼ

ペコソのかわいいサイズが出て来てくれました。これはちと嬉しい。

プロカモペルス・ペコソ

プロカモペルス・ペコソ

ああ、あと若魚サイズのアカククリもいました。

2個体同じ場所にいたので、見ている分には楽しかったのだが、撮影は水が濁りすぎていて無理です。

アカククリ若魚

アカククリ若魚

ハレーションが止まらない~。

もう少し北風がガンガン伏うになったら、濁った水が沖に出て、クリアーなレッドビーチになることでしょう。

冬もこれからだね。水温はすでに25度を記録。

私の防寒スーツはもう冬仕様になっております。

よし、ログが現在に追いついたぞ。

うっしゃ~。

お客様の写真を見せていただく機会を得られたので、この日の写真を紹介。

こちらが普通に撮影したものです。全部で3個体いたんですね。小さい個体は見えていませんでした。

クサイロモウミウシ

クサイロモウミウシ

そしてライトで遊びながら撮影してもらいました。私が水中ライトを使って、ホストの後ろからダイレクトに照射。お客様が撮影しているビューファインダーを横から覗き見ながら、光の角度を変えて黄色の濃淡を変えながら撮影してもらいました。

クサイロモウミウシ

クサイロモウミウシ

コテングノウチワの厚みの差で、黄色、黄緑色、緑色などさまざまな色が出ます。

これからのシーズン、泥場での撮影はとってもお勧め。普段なら邪魔な泥の舞い上がりも、見方を変えれば、降雪のように見えないこともないでしょ?

冬景色チックな風景写真を撮影するのに、泥地の生物は美味しいのだ。

クサイロモウミウシ

クサイロモウミウシ

これからのクリスマスシーズン。泥地に沈みにきてくださいね。

-11/2017, ダイビングログ
-, , , , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.