ハリメダゴーストパイプフィッシュ

10/26 3ビーチじっくりダイブ

投稿日:

台風のニュースが気になるが、今日はリピーターさんとダイビング。デジイチのお客様でゆっくり撮影される方なので、私もお客様の周囲で撮影させていただいた。

沖縄本島恩納村でダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

いろいろ相談したのだが、最初はナカモトイロワケハゼに行ってみた。

卵を守っているやつらを狙いたかったのだが、ハッチアウトしそうな卵はなかったです。

産みたて卵はあったようです。……ようです……というのは、現場では私、もう老眼でよく見えてなかったです。

写真で見たら、ああ、ありますね……卵……。

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

ビンに住んでいるナカモトイロワケハゼってどう撮るのがかわいいのかな?

ビンをどのように画面に取り込むか? だよね。

或いは、ビンは写さないか。TG4だとそーいう撮り方ができるので、顕微鏡モードでビンの口にカメラをくっつくぐらいに寄せて撮影。

ビンに当たったストロボ光がいい感じに柔らかい光を演出してくれるので、これはタナボタですよね。

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

当然、ビンの色によって、この柔らかい光は色彩を変えてくれるわけで、青いビンにお住いのナカモトイロワケハゼにトライすれば、このような作品に仕上がる。

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

浅瀬に戻る途中、リュウグウベラギンポの群れに出会う。お客様にも紹介するが、撮れたかな?

コンデジの苦手な被写体ですな。

リュウグウベラギンポ乱舞

リュウグウベラギンポ乱舞

ちゃんと撮りたいのだが、まぁ無理だ。

リュウグウベラギンポ乱舞

リュウグウベラギンポ乱舞

ヒゲモジャハゼを探していると、こんなエビによく出会います。

エビさん

エビさん

ここのスナギンチャク、今年も元気ですな。去年もこのへんでよく遊んだ。

ニセアカホシカクレエビかな

ニセアカホシカクレエビかな

ハゼも狙ってみた。ヒレナガネジリンボウとヤシャハゼが同居していたので撮ってみたが、単にそれだけだ。楽し気な写真は無理でした。

ヤノダテハゼ+ヒレナガネジリンボウ

ヤノダテハゼ+ヒレナガネジリンボウ

かわいいサイズのチョウチョウコショウダイ子供。これぐらいの方がかわいくて好き。

もっと小さいのは紹介した時のインパクトはあるのだが、写真にはちと小さすぎて、動きすぎるのだ。

チョウチョウコショウダイ子供

チョウチョウコショウダイ子供

おっ!!

こんなところに。

ハリメダゴーストパイプフィッシュに出会えました。

前はカミソリウオでひとくくりにしていた存在だが、最近は、いろんなショップのサイトでハリメダゴーストパイプフィッシュとして紹介されている。

どこがどうって差異を説明するのは難しいのだが、なんとなくハリメダゴーストパイプフィッシュの方がモコモコしている感じ。

ハリメダゴーストパイプフィッシュ

ハリメダゴーストパイプフィッシュ

という見分け方しかできていない。

ハリメダゴーストパイプフィッシュ

ハリメダゴーストパイプフィッシュ

おっ!!

別個体もいるじゃんっ!!

こっちはモコモコがわかりやすいでしょ。

どう見ても、カミソリウオっぽくないよね。

ハリメダゴーストパイプフィッシュ

ハリメダゴーストパイプフィッシュ

石の下からよく出てくるカニさんです。安全停止中によく出会えます。

カニさん

カニさん

この日はニシキフウライウオにも出会えました。

ニシキフウライウオ

ニシキフウライウオ

ミナミギンポも紹介。

ミナミギンポ

ミナミギンポ

いつもの黄色いジョーフィッシュももちろん紹介。だって黄色だよ、そりゃー紹介するでしょう。全然逃げないし。

ジョーフィッシュ

ジョーフィッシュ

こちらもあんまり逃げませんでした。ハナヒゲウツボ。

黄色も探したけれど、見つけられませんでした。

ハナヒゲウツボ

ハナヒゲウツボ

最後に目についたガンガゼエビ?

ガンガゼエビですかね……

ガンガゼエビですかね……

 

なんか、いろいろ見られて楽しい3ダイブでした。お客様は明日も潜られる予定でしたが、台風接近のため、急きょ取りやめて帰ることにされました。

結果的にこれは正解でした。

久しぶりの台風は沖縄本島を直撃するのでした。

きゃ~っ!!!!

-10/2017, ダイビングログ
-, , , , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.