ダルマハゼ

10/25 探し物ふらふら

投稿日:

あるものを探しながら、ふらふら潜ってきました。

沖縄本島恩納村でダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

その、あるモノ、には出会えませんでしたが、まぁ、そーいう時もある。と、いうか、そんな時ばかりだ。

なかなか思うようにはいかないですね。

で、途中色々寄り道しながら撮影したものを紹介。

青いビニール袋に隠れるようにウミガメさん。

青いビニール袋の下にウミガメが

青いビニール袋の下にウミガメが

全然逃げない。

ウミガメ、逃げませんでした

ウミガメ、逃げませんでした

お腹の甲羅になにやら貝のようなものがついてました。大きいおできのよう。

貝が……、フジツボ?

貝が……、フジツボ?

あまりビビらせる前にそっと場から離れたのですが、「!」 と気になって現場に戻ってみた。

すると、……うん。やっぱり、これ、普通に見てアカンやつやん!!

食べてるやん……。

そう。ウミガメが水中に浮遊しているビニールの切れ端をクラゲと勘違いして食べて喉に詰まらせて死んでしまうというニュースを読んだことがあったので、気になって戻ってみたのだが、案の定、がっつり食べようとしてました。

幸い、まだしっかりとしたビニールだったので、かじり取れていませんでした。

ほっ。

もう強制的にビニール袋撤去。

ウミガメ、ビニール袋食べてる……

ウミガメ、ビニール袋食べてる……

普段行かない範囲まで足を延ばすと、たくさんのアカメハゼ発見。いつものサンゴに戻ってきてくれたらガイドさん大助かりなのに……と思いつつ撮影。場所、覚えとかないと。

アカメハゼ

アカメハゼ

ハナヒゲウツボ、びよよよよよよよよ~んと伸びていました。

ハナヒゲウツボ

ハナヒゲウツボ

ダルマハゼが撮りやすいサンゴを覗いてみたら、うんうん。

まだまだいるな。

撮りやすいダルマハゼ。

ダルマハゼ

ダルマハゼ

サンゴの隙間が大きくて広いので、こんなサンゴガニも撮りたくなっちゃう。

アカエリサンゴガニ

アカエリサンゴガニ

子供のダルマハゼの方が動かなかったです。

ダルマハゼ

ダルマハゼ

浅瀬に帰ってきたら、やっぱり探してしまう白化したイソギンチャク。普通に撮ったらこんな感じ。

ハマクマノミ

ハマクマノミ

露出補正して+2.0で撮影しています。ストロボも使ってます。

ハマクマノミ

ハマクマノミ

こーいう微妙なオレンジが入っているイソギンチャクもやっぱり好き~。普通に撮ってみる。

ハマクマノミ子供

ハマクマノミ子供

もっとイソギンチャクの怪しげな感じを出したくて、ストロボをオフにして撮影。

ハマクマノミ子供

ハマクマノミ子供

そうそう。画面手前のイソギンチャクのような感じが撮りたいのよ。で、クマノミだけもう少し色出したいのよ。

で、いろいろ試行錯誤を繰り返したのだが、なかなか難しい。またリトライですな。

ハマクマノミ子供

ハマクマノミ子供

最後は色を出すのはあきらめて、クマノミの正面顔だけ狙って撮影。

ストロボ消して、スポットライト当てて、クマノミがいい場所に来て、なおかつ正面顔で、……とかいろいろ条件がそろう瞬間って本当に難しい。

ハマクマノミ子供

ハマクマノミ子供

シマキンチャクフグ、オス同士のケンカ場面に遭遇。

シマキンチャクフグ

シマキンチャクフグ

所謂、メンチの飛ばしあいってやつですね。

シマキンチャクフグ

シマキンチャクフグ

探し物捜索は明日も続く。

-10/2017, ダイビングログ
-, , , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.