オオアリモウミウシ属の1種2

9/29 ネタ調査的ファンダイブ

投稿日:

来月だと思っていたら今月だった!! びっくり!! そんな感じで以前モルディブで一緒に働いていたIさんが遊びにきてくれた。

沖縄本島恩納村でダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

あいにくの北風だけれど、まぁ~、お客さんっていうか、Iさんだし。私のポイント調査についてきてもらう感じで行きましょう~。

で、最初はナカモトイロワケハゼのチェックに行ってきました。台風後、どうなっているか心配していたのですが、まだいました。

ナカモトイロワケハゼ、卵がお腹にアリ

ナカモトイロワケハゼ、卵がお腹にアリ

お腹に卵を持っている個体もいて、今冬もまだまだ見れそうです。

ナカモトイロワケハゼ、卵がお腹にアリ

ナカモトイロワケハゼ、卵がお腹にアリ

バベルの塔を守るロプロスのようなモヨウシノビハゼ。バベルの塔に見えているのは、ホタテウミヘビです。

ホタテウミヘビの周囲を見張るモヨウシノビハゼ

ホタテウミヘビの周囲を見張るモヨウシノビハゼ

やっぱ縦撮りかね、こーいうのは。

ホタテウミヘビの周囲を見張るモヨウシノビハゼ

ホタテウミヘビの周囲を見張るモヨウシノビハゼ

黄色いジョーも元気にしていた。

ジョーフィッシュ

ジョーフィッシュ

モルディブでワイドのガイドばかりしていた元モルディブガイド二人の間にすごいスピードで割り込んできたスマの群れ。引退してバッティングセンターの120キロクラスのストレートにバットが追いつかない野球選手のような気分で群れの後姿を眺めてしまった。

スマの群れ

スマの群れ

と、いうことで、群れの後姿の写真。振り遅れですな~。

スマの群れ

スマの群れ

群れは群れでも、止まっている群れなら、まだバットを合わせられるぜっ!!

カマス

カマス

止まっていてくれてありがとう、カマスくんたち。

カマス

カマス

カエルアンコウの子供は見つけられなかったけれど、なにやらよくわからないオコゼの仲間の子供に出会えました。

オコゼ科の一種子供

オコゼ科の一種子供

オコゼ科の一種子供

オコゼ科の一種子供

ヌノサラシ……。いや、特になにもない。ただただヌノサラシ。

ヌノサラシ

ヌノサラシ

あれ? クロダイ? って思ったけれど、沖縄にクロダイっているのかな?

と思って、すれ違った魚を撮ってみた。

図鑑で調べたら、やっぱりミナミクロダイってやつみたい。

ミナミクロダイ?

ミナミクロダイ?

3本目では、ジャビットマンホヤに出会ってきました。この季節でもいるんだな。

ジャビットマンホヤ

ジャビットマンホヤ

オオアリモウミウシ属の1種2はこのポイントの定番と言ってよさそう。冬でもいるのかな?

オオアリモウミウシ属の1種2

オオアリモウミウシ属の1種2

オオアリモウミウシ属の1種2

オオアリモウミウシ属の1種2

顔がかわいいぞっ!!

-09/2017, ダイビングログ
-, , , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.