濁りたまる水面、不思議な美しさ

9/4 青と白のはざまでアンニュイダイビング

更新日:

9月に入って、徐々にファンダイバーのお客様が遊びに来られました。まずはモルディブ時代からのお付き合いのリピーターさんご夫婦。沖縄にも毎年遊びに来ていただいています。ありがたや~。

沖縄本島恩納村でダイビング屋さん&リバートレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

で、ボートダイビングに行ってきました。クロスラインのトウアカクマノミのイソギンチャクの周りでウロウロしているこの魚。いつも出会えるけれど、はっきり確信して言える名前を知らない。

たぶん……スナゴチ。

スナゴチ

スナゴチ

水面に濁りがたまっていたので、エントリーして見上げたら、ボートが奇妙な感じで浮かんでいました。

水面に濁りがたまってボートが怪しげな感じで浮かんでいます

水面に濁りがたまってボートが怪しげな感じで浮かんでいます

ボートが、ダイバーが、乱した濁りの層が水中に幽霊のように漂っている。いとをかし……。

濁りが水中を漂い、不思議な感じ

濁りが水中を漂い、不思議な感じ

旬な子供たちを紹介しつつ、のんびりペースでガイドしてきました。

ルリホシスズメダイ子供

ルリホシスズメダイ子供

夏の間のネタストックがゼロなので、いきあたりばったりに潜っていき、出会える生物にわくわく。そんな感じでニシキフウライウオに出会えました。嬉しいね。

ニシキフウライウオ

ニシキフウライウオ

こちらは定番。こーいうところにいるはず……という予測で岩穴を覗くと、だいたい見つかるホシゾラワラエビ。

ホシゾラワラエビ

ホシゾラワラエビ

この色のイソギンチャクと出会えたら、とりあえず紹介、撮影。なぜって? だってきれいな色してるじゃないですか。きれいな色ってそれだけですごいパワーだ。

ハマクマノミ

ハマクマノミ

水面を覆う濁りの層にお客様の吐いたバブルが穴をあけていく。白濁した濁りをきれいだと思えたのは、水中の透明度が最高だったから。濁りが水面だけに集まっていると、こんなにも幻想的なダイビングになるんですね。

お客様のバブルが水面の濁りに穴をあけます

お客様のバブルが水面の濁りに穴をあけます

浅瀬のサンゴは全然ダメージ受けてません。水温は30度ぐらいありましたけれどね。

浅瀬のサンゴは変わらず美しいです

浅瀬のサンゴは変わらず美しいです

今夏は台風がひとつも来ない平和なシーズンでしたから、サンゴの白化現象を心配していたけれど、ここは大丈夫でした。

浅瀬のサンゴは変わらず美しいです

浅瀬のサンゴは変わらず美しいです

浅瀬のサンゴは変わらず美しいです

浅瀬のサンゴは変わらず美しいです

ちびのカエルアンコウ。だいぶ大きく育っていました。

オオモンカエルアンコウ子供

オオモンカエルアンコウ子供

あんまり見ない模様のキヌヅツミガイの仲間がいました。

キヌヅツミガイの仲間

キヌヅツミガイの仲間

最後はまたまた水面風景。

濁りたまる水面、不思議な美しさ

濁りたまる水面、不思議な美しさ

水中の青さと水面のぼけた白さ。境界線のないぼけた色彩に脳みそが溶け出してアンニュイな気分。

マンダム。

-09/2017, ダイビングログ
-, , , ,

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.