広告プロモーションが一部含まれています 沖縄観光

【オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ ウォータースライダーが楽しい! 】沖縄家族旅行の宿泊先はここで大成功!!

06/06/2024

Advertisements
オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ
Advertisements

「オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパのウォータースライダーってどんな感じ?」 「子どもたちも楽しめるかな?」 家族全員が楽しめるスライダーがあると、旅行がもっと思い出深くなりますよね。でも、実際どうなのか気になります。

そこで、今回はオリエンタルホテル沖縄リゾート&スパのウォータースライダーが楽しい!家族旅行の宿泊先はここで大成功!!について紹介します!

この記事で分かること!

  • スライダーの楽しさ
  • 安全性
  • 施設の充実度
オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ
オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ

ウォータースライダーが人気の理由

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパのウォータースライダーは、家族旅行に最適なアトラクションです。

特に子ども連れのファミリーにとって、その楽しさと安全性が大きな魅力です。

スライダーの長さや子ども向けの設計、大人も楽しめるアクティビティが人気の理由です。

それでは、各ポイントについて詳しく見ていきましょう。

全長47.5mのロングスライダー

ウォータースライダー
ウォータースライダー

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパのロングスライダーは、全長47.5mの迫力があります。

このスライダーは、子どもから大人まで楽しめる設計です。

その長さとスリルが、多くの家族旅行者に愛されています。

  • 全長47.5mの長さ
  • 大人も楽しめるスリル
  • 子どもに優しい設計

例えば、5歳の息子と一緒に訪れた家族のレビューでは、「スライダーの長さがちょうどよく、子どもも大人も楽しめました」と好評でした。

また、スライダーの途中にあるカーブが適度なスリルを提供し、子どもたちも大興奮でした。

このように、家族全員で楽しめるスライダーは、オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパの大きな魅力です。

次に、子どもも安心して遊べる浅いプールについて見ていきましょう。

旅行前のチェック

注意事項

  • ウォータースライダーは安全上の理由により、利用は身長120㎝以上の方に限定
  • 13歳未満のお子様は必ず保護者同伴で利用
  • 浮き輪レンタルは有料

子どもも安心の浅いプール

浅瀬のプールに飛び込込めるスライダー
浅瀬のプールに飛び込込めるスライダー

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパには、子ども向けの浅いプールも完備されています。

このプールは、水深が浅いため、小さなお子様でも安心して遊ぶことができます。

プールサイドにはライフガードも常駐しており、安全対策も万全です。

  • 水深が浅い
  • ライフガード常駐
  • 子ども向けの遊具も充実

例えば、3歳の娘を連れてきた家族は、「浅いプールで安心して遊べました。ライフガードがいるので親も安心です」と感想を述べています。

このように、子どもたちが安全に遊べる環境が整っている点も、家族旅行者にとって大きな魅力です。

適温プールあり

お湯と浅瀬のプール
お湯と浅瀬のプール

スライダーの出口に広がるプールとその向かいのプールは「温水プール」ではなく、「適温プール」になっています。

いいね
姉「いいね」

水温何度なんだろう?

その日の気温などを鑑みて決定されているようでした。公式サイトには「季節に合わせ、適温に調整しています」と書かれていました。

私が行ったのは、5月でしたが、この2つのプールで泳いでみると寒くなく快適に泳げました。

ただ長く遊んでいると少し寒くなってきます。

そんな時は、ジャグジーに子供と一緒に入りましょう。

ジャグジー
ジャグジー
ジャグジー
ジャグジー

ジャグジーは2か所。家族風呂みたいな感じで、1家族入っていると、一緒には入れない感じなのでタイミングを見て泳いだりジャグったりしましょう。

もちろんここの水も温かいです。

続いて、大人も楽しめるアクティビティについて説明します。

大人も楽しめるアクティビティ

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパは、大人向けのアクティビティも充実しています。

特に、ウォータースライダー以外にも楽しめる要素が多いのが特徴です。

家族全員が満足できる施設が整っています。

  • 大人向けのリラクゼーション施設
  • 豊富なアクティビティプログラム
  • スパやマッサージサービス

例えば、スパでリラックスした後に、プールサイドで読書を楽しむこともできます。

また、トレーニングジムを利用して、運動不足を解消することも可能です。

大人も子どもも一緒に楽しめる環境が整っているため、家族旅行がより一層充実したものになります。

次に、オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパが家族旅行に最適な理由について説明します。

家族旅行に最適なオリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパは、家族旅行に理想的な宿泊施設です。

特にファミリー向けの設備やサービスが充実している点が特徴です。

これから、家族旅行に最適なポイントについて詳しく説明します。

全室オーシャンビューの魅力

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパのすべての部屋はオーシャンビューです。

スーペリアルーム、公式サイトより引用
スーペリアルーム、公式サイトより引用

朝日を浴びながら、目の前に広がる海の景色を楽しむことができます。

また、夕陽に染まる海を見ながら、家族でリラックスする時間は格別です。

  • 全室オーシャンビュー
  • 美しい朝日と夕陽
  • 家族でリラックスできる空間
いいね
姉「いいね」

ここのベランダの造りは他のホテルと違っていて、とても好き

ベランダの一部に部屋が伸び出してきている感じで、室内のオーシャンビュー感が格別でした

パパ「なるほどー」
パパ「なるほどー」

家族での滞在中、部屋からの眺めを楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

このように、オーシャンビューの部屋は、家族旅行に一層の特別感を与えてくれます。

次に、ファミリー向けの広い部屋について見ていきましょう。

ファミリー向けの広い部屋

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパの部屋は、ファミリー向けに広く設計されています。

家族全員が快適に過ごせる広さが特徴です。

ベッド数も多く、子どもたちもゆったりと休むことができます。

  • 広い部屋の設計
  • ベッド数が多い
  • ファミリー向けの家具配置

例えば、4人家族での滞在中、十分なスペースがあり、子どもたちも自由に遊ぶことができます。

また、親子でゆっくりとリラックスできるスペースも確保されています。

このように、広い部屋は、家族全員が快適に過ごすための重要な要素です。

続いて、便利な施設とアメニティについて説明します。

便利な施設とアメニティ

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパには、家族旅行を快適にするための便利な施設とアメニティが揃っています。

月桃とクチャで作った石鹸を必要な分だけ削って持ち帰っても良いサービスも興味深いです。

特に、子ども連れの家族に嬉しいサービスが充実しています。

  • 子ども用の遊具やキッズクラブ
  • ベビーシッターサービス
  • 家族向けのアクティビティプログラム

例えば、レストランの横にはキッズルームがあり、ご飯を早く終えた子どもたちが遊んでいる様子が見れました。誰か早く食べた人が付き添ってあげれば他の人はゆっくりご飯を食べられますね。

さらに、家族向けのアクティビティプログラムも豊富で、家族全員で楽しむことができます。

下の写真の2つは、ホテル館内をまわりながら謎を解いていくツアーで、雨の日にもタの止めるように設計されています。

やんばるに眠る秘密の宝探し
やんばるに眠る秘密の宝探し
謎解きトレジャーハンター
謎解きトレジャーハンター

このように、便利な施設とアメニティが揃っているため、家族旅行がより快適で楽しいものになります。

次に、プールエリアでのおすすめアクティビティについて紹介します。

プールエリア及び海でのおすすめアクティビティ3選

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパのプールエリアでは、多くの楽しいアクティビティを体験できます。

特に、家族で楽しめるアクティビティが豊富です。

これから、各アクティビティについて詳しく説明します。

スライダーでスリルを体験

スライダーは、プールエリアで最も人気のあるアクティビティの一つです。

全長47.5mのロングスライダーは、スリル満点で家族全員が楽しめます。

特に子どもたちは、大興奮間違いなしです。

  • スリル満点のロングスライダー
  • 子どもも大人も楽しめる
  • 家族全員で楽しめる

例えば、10歳の息子と7歳の娘を連れた家族は、「スライダーが楽しくて、何度も滑りました」と感想を述べています。

お子さんが小さい時は、親が頑張ってマリンアクティビィティーなどを計画し遊ばせてみても、子供が気に入らなくて楽しめないことは往々にしてあります。特に初めて参加する海でのスノーケリングやダイビングは海況により波が高くて怖がらせてしまったり、難しいです。そんな時にお気に入りのスライダーがホテルにあることは、沖縄旅行の印象をかなり左右します。

島パパ
島パパ

スライダーはいつでも子供を楽しくできる保険みたいな感じかな…

また、親子で一緒にスライダーを楽しむことで、家族の絆も深まります。

このように、スライダーは家族旅行のハイライトにも保険にもなるアクティビティです。

次に、子ども向けプールゲームについて紹介します。

かりゆしビーチリゾートのビーチを利用可能

このホテルの唯一のデメリットは、「オンザビーチのホテルではない」ということ。

あら、まぁ…
妹「あら、まぁ…」

ホテルから撮られてる写真のほとんどがかなり高い場所から見下ろしていたので、ビーチはどうなっているのか気になっていたのよ……

オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ
オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ

こんな感じで、オリエンタルホテル沖縄は小高い丘の上に立地しています。

だけど……安心してください。

隣接する「かりゆしビーチリゾートホテル」のビーチを無料で使えるように設計されています。

ビーチまでは徒歩でも行ける距離ですが、無料のシャトルバスがホテルビーチ間を往復しています。

シャトルバス時刻表
シャトルバス時刻表
ママ「まさかや」
ママ「まさかや」

いろいろ考えて作られているのね……

ビーチアスレチック「かりゆしウォーターランド」が夏場は開催される他にもドラゴンボート、グラスボート、パラセーリングなど、マリンアクティビティをたっぷり楽しめます。

ただしどれも無料ではありません。有料です。(ビーチ利用のみは無料)

かりゆしウォーターランド
かりゆしウォーターランド

これにより、子どもたちは飽きることなく、一日中遊ぶことができます。

  • 安定のスライダー
  • 海水浴も可能で「かりゆしウォーターランド」あり
  • 一日中遊べる

春は21時まで泳げるプールですが、夏場は22時まで遊泳可能。

パパ、ママをへとへとに疲れさせること間違いなしです。利用するかしないかはその日の気分次第で決めればいいんです。

ホテル側の22時までウェルカム、いっぱい遊んでくださいね!!

という姿勢は利用する側からすると嬉しいの一言です。

最後に、リラックスできるプールサイドについて説明します。

リラックスできるプールサイド

プールサイドは、リラックスしながら家族で過ごすのに最適な場所です。

快適なチェアや日陰が確保されており、一日中過ごしても疲れません。

  • 快適なチェア
  • 日陰の確保
  • リラックスできる環境

例えば、プールサイドで本を読んだり、子どもたちを見守りながらリラックスしたりすることができます。

プールサイドチェアーがメッシュ
プールサイドチェアーがメッシュ
プールサイドチェアーがメッシュ
プールサイドチェアーがメッシュ
ママ「いいね」
ママ「いいね」

よくあるプラスティックのデッキチェアーじゃなくて、メッシュの布になっているので寝心地が痛くなくて嬉しい

また、プールサイドのカフェで軽食やドリンクを楽しむこともできます。

プールバー
プールバー

夏場の夜には、ここでアルコールもサービスされるので、より楽しい夜になるはず。

このように、プールサイドは家族全員が快適に過ごせる場所です。

以上、オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパのウォータースライダーやその他のアクティビティについて紹介しました。

家族全員が楽しめる素晴らしい宿泊先ですので、ぜひ訪れてみてください。

島パパ考察

島パパのオススメポイント

クラブ・オリエンタル、入会したほうがいいの?

このホテルを利用する人は、「クラブ・オリエンタル」というホテルのメンバーシップに登録したほうが絶対に良いです。

入会金、年会費は無料なのに、レストランの利用料が5%オフになります。公式から宿泊予約すると10%オフにもなります。(時期、詳細は予約前にご自身で要確認)

部屋の種類、コースが多いけれど、どう違うの?

大きく分けて4つあります。

  • スーペリアルーム 一番安いプランの部屋。クラブラウンジの利用不可。スパ施設も有料
  • クラブルーム 1階にあるクラブラウンジに自由に出入りでき、食べ飲み放題。スパ施設も無料で使える。
  • スイートルーム 1階にあるクラブラウンジに自由に出入りでき、食べ飲み放題。スパ施設も無料で使える。
  • ユニバーサルルーム バリアフリーになっています
島パパ
島パパ

予算に余裕があるのならば、クラブルームに宿泊してみてはいかがでしようか?

アクティビィティーに予算を回したい場合は、スーペリアルーム利用の朝食だけついてるプランにするとか、よく考えて計画したほうがいいわね

ママ「そうね」
ママ「そうね」

楽天トラベルで「オリエンタルホテル沖縄」の宿泊プランを見てみる

じゃらんで「オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパ」の宿泊プラン を見てみる

まとめ

今回の記事はオリエンタルホテル沖縄リゾート&スパのウォータースライダーについてまとめてみました。

  • 子どもも安心して楽しめる浅いプール
  • 大人も満足できるアクティビティ
  • 全室オーシャンビューの魅力


オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパは、浅いプールがあるので小さな子どもも安心して楽しめます。大人向けのアクティビティも豊富で、全室オーシャンビューの客室は素晴らしい眺めでした。家族全員がリラックスできるリゾートです。

私もとても満足した滞在になりました。次もここは選択肢のひとつで残っています。

オリエンタルホテル沖縄リゾート&スパで素敵な家族旅行を楽しんでください。

PickUp

EP-710Aエラー画面 1

エプソンのプリンターを使っていると、ある日突然出てくるこの警告文。 廃インク吸収パッドの吸収量が限界に近付いています この警告が出てきたら、どう対処すればよいのかがわかる記事になっています。 この記事 ...

那覇空港 2

2022年の大晦日、久しぶりに帰省することにしたのだが、うっかりして空港近くの駐車場の予約を忘れてしまいました。 那覇空港立体駐車場が満車になりやすいという話は聞いていましたが……… この記事を読めば ...

3

2015/3月にサビキラープロをスチールコンテナに塗布(とふ)。 が、沖縄の潮風に敗北。 2019/10月、錆びまくりのスチールコンテナを譲渡。 約4年でスチールコンテナを錆びさせてしまった、錆にも防 ...

insta360x3 4

インスタやTIKTOKで流れてくる不思議な動画が、どうやら360度カメラというシロモノで撮影されているらしい………ということは理解している。 私も………あんな動画が撮影してみたい!! そんな憧れって、 ...

嘉手納ニャンクシー 5

沖縄生活20年を超えたスピッツ世古が日々思うことのひとつ。 「落書き」です。 沖縄の海辺に行くと、堤防の壁にいろんな落書きが見られます。 そのあたりの詳しい話を読みたい人は弁護士さんのサイトに行ってみ ...

コンテナ引き渡し日の状態 6

中古スチールコンテナの処分、処分費用に悩んでいる人向けの記事になっています。このページを見ると、どうすれば格安で処分できるのかのヒントにはなるはず。 まとめ 中古スチールコンテナは処分が大変 中古スチ ...

オイルチェック 7

一度書いた記事が操作ミスでなくなってしまいました。書いたころを思い出しながら要点を書いていきます。 こんな切実な悩みに答えられる記事になるよう書いていきますね。 この記事を読めば、車検を自分ででき、6 ...

カビが溜まっていく…… 8

沖縄生活20年超。 ずっとカビと戦ってきました。 沖縄で暮らしている皆さんにはおなじみの湿気がもうすぐやってきます。 梅雨です、梅雨。 梅雨でなにがすごいって? とにかく湿気がえげつないです…… この ...

ペリカンケーステスト 9

エピペンを処方してもらい、保持した時、困ることがあります。 どこに保管すべきか? です。 エピペン購入時の話しはこちらから読んでください。 15-30℃の暗所。冷蔵庫の中はだめ ガイドラインで推奨され ...

格安互換インク使用中の私のプリンター 10

家庭用プリンターを使っておられるみなさんの共通の問題として、 正規品インクが高い というのがあります。 薬で言うジェネリック医薬品のように、安い互換インクがあるのはご存知でしょうか? 印刷できてしかも ...

-沖縄観光
-, ,

error: Content is protected !!