「2008年度ランキング」 一覧

2008年6月5日撮影 ヨコシマエビ子供

2008年ランキングアウトの生物

こんな出会いもありました。一挙に紹介。 ワモンフグ。ネットで検索しても写真がなかなか出てこないこのフグ。私も初見でした。 ヤイトギンポは極めて普通種。でも、この婚姻色が出るタイプはヤイトギンポの近似種 ...

2008年6月5日撮影 ボロカサゴ

2008年スピッツ的生物ランキング第1位 ボロカサゴ

ま、文句なしです。これを見つけたときに今年の1位は決まったな・・・と内心思っていた。 発見が6月。その後の半年、いろんな初見の生物に出会ったけれど、こいつを超えるインパクトはなかったな・・・。 沖縄で ...

2008年7月2日撮影 オイランハゼ

2008年スピッツ的生物ランキング第2位 オイランハゼ

いやー、いい1年だった。この写真を見て、想起する数々のディスプレーに思い巡らせば、 そう感じずにはいられない。いったい何回飛んでくれたのだろうか? もう数、知れず。当然、私の見ていないときにも飛んでい ...

2008年5月4日撮影 Hypselodoris iacula

2008年スピッツ的生物ランキング第3位 ウミウシたち

今年もいろんなウミウシが見れました。稀種から普通種、小さいのから大きいの。派手なのから地味なの。そんな中で特に印象に残った3種。 日本の図鑑には載っていなかったこの種。学名を  Hypselodori ...

2008年7月6日撮影 セイシェルブレニー

2008年スピッツ的生物ランキング第4位 セイシェルズブレニー

見たことのないギンポだ。初対面ではそーいう感じ。名前のわからない魚とはいつもそーいう感覚で出会う。心がけることは、なるべく全身を撮ろうってこと。やっぱり顔だけでは後から判別しにくいし、願わくば背びれな ...

2008年9月29日撮影 ツバメクサハゼ

2008年スピッツ的生物ランキング第5位 ツバメクサハゼ

こちらも今年の初見。クサハゼばっかりいるような海域に紛れこんでいた。その日はたまたま透明度が良くて、いつもより念入りにひとつひとつのハゼをじっくり見ていった。 すると、はい。ビンゴ!! なんだこれ?  ...

2008年9月15日撮影 ハゼ科の一種14 通称ホムラダマシ

2008年スピッツ的生物ランキング第6位 ハゼ科の仲間その14

まだ和名のついていない魚はたくさんいる。モルディブで仕事をしていたときもそう感じていたけれど、最近は本当にそう感じる。図鑑を見ればたくさんの魚が載っているけれど、まだまだわからない生物はいっぱい出てく ...

2008年8月31日撮影 カザリカクレウオ

2008年スピッツ的生物ランキング第7位 カザリカクレウオ

またもや私が見つけた魚ではない。知り合いのイントラでもない。お客様が見つけました。エキジット後、話を聞くと、この魚、発見当時は砂に刺さっていたとのこと。体半分だけ出ていたって・・・・・。 で、なんだろ ...

2008年6月21日撮影 アカウントスフェックス・レウリニス

2008年スピッツ的生物ランキング第8位 アカウントスフェックス・レウリニス

多分今まで何度も見ている。だけど全部ツマジロオコゼだと勝手に思い込んでいた。頭の先は白いし、色も黒い。ツマジロオコゼ臭がぷんぷん漂っている。 この写真でこの個体が胸鰭をこんなに広げていなかったら、私は ...

2008年7月8日撮影 ユキンコボウシガニことオガサワラカムリ

2008年スピッツ的生物ランキング第9位 ユキンコボウシガニ

マイミクさんの情報からその存在を知ったカニです。まさか小さなチャツボボヤの下にこんなカニが隠れているなんて?まったく想像もしていなかった。 その存在をネットで知ってから探してみたものの、なかなかこいつ ...

2008年6月24日撮影 ホムラハゼ

2008年スピッツ的生物ランキング第10位 ホムラハゼ

今年の10位はホムラハゼです。私が見つけたネタではない。聞くと、初めに見つけたのは一般ダイバーの方だという。沖縄本島には定職を持ち、週末にセルフダイビングを楽しんでいる人たちがいっぱいいます。 平日に ...

ホヤの仲間

2008年スピッツ的生物ランキング

今年で4年目になるこの企画。毎年いろんな生物が見られていて、もう今年は新しい生物とは出会わないかもしれない・・・。と毎年思うのだが、そんな不安をよそに毎年いろんな新顔たちが登場してくれる。実に海は奥深 ...

Copyright© スピッツ世古沖縄サイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.