スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2007年スピッツ的生物的ランキング第8位 スズメダイyg各種

      2017/02/20

オジロスズメダイspのspのyg 撮影日2007年6月3日

オジロスズメダイspのspのyg 撮影日2007年6月3日

今年はスズメダイの子供たちを頑張ってガイドした年でもありました。隙あらば教えてみよう・・・・って感じでお客様の隙をうかがいつつガイド。そんなきっかけになったのは、近所のイントラTさんが見つけた上の写真のスズメダイ。

オジロスズメダイspの子供にそっくりなのだが、異なる・・・・。というレアもの。スピッツのお客さんでもあるスズメダイ好きの人に見てもらったりして、いろいろ教えてもらうも、どうやら新種のよう。ただいま鑑定中ということで、結果が出るのがすごく楽しみなスズメダイです。

アイスズメダイyg 撮影日2007年6月15日

アイスズメダイyg 撮影日2007年6月15日

こちらはそのスズメダイ好きのお客様から捜索依頼が来ていたアイスズメダイ子供。あまりまだ図鑑にも写真が載っていないスズメダイの子供です。親がいることは知っていたので子供を頑張って捜したみたら、ビンゴ!! 発見に至りました。

その後季節が移ろい初夏になるとけっこうな個体数を見られるようになり、やっぱり初夏の海は子供の数だけとってもとても華やかでした。水温こそまだ低いけれど、台風もあんまり来ないし、1番いい季節かもしれないですね。

ルリホシスズメダイyg 撮影日2007年8月24日

ルリホシスズメダイyg 撮影日2007年8月24日

お客様のリクエストも多い、この子供。大人はどこにでもわんさかいるルリホシスズメダイです。スズメダイ好きの人じゃなくてもこの子供には目を奪われる人が多い。小さい体に散りばめられた蛍光ブルーのドットは宝石のようで、本当に綺麗です。

今年は初夏から盛夏にかけてずっと見られましたし、11月になってもまだ子供が見られるというサプライズもありました。丹念に探せばきっとどこかで見つかる子供ですので、毎年リクエストしてくださいね。頑張って探しておきます。

ミヤコキセンスズメダイyg 撮影日2007年8月14日

ミヤコキセンスズメダイyg 撮影日2007年8月14日

浅場のヒーロー。これまたありふれた普通種の普通種。ミヤコキセンスズメダイ子供です。波が押し寄せるほどの浅瀬を潜れば見られない場所はないのではないでしょうか? というぐらいありふれたスズメダイです。大人は・・・、これまた地味なんだ・・・。でも子供のこの美しさ・・・。青のラインの美しさが特に素晴らしい。

セナキルリスズメダイ 撮影日2007年8月14日

セナキルリスズメダイ 撮影日2007年8月14日

セナキルリスズメダイって、多分みんな素通りしている。誰もが潜っている水深に当たり前にいます。でもちゃんと腰を落ち着けて、しっかり撮ってあげられれば、こんなに綺麗。ウロコ1枚、1枚が輝いていますぜ、旦那ぁー。

スズメダイは種類も多いし、普通に見られるのがたくさんいます。子供はどれも魅力に溢れているので、ぜひ2008年もいろいろ紹介していきたいです。よろしくお願い致します。

第9位第7位

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 2007年度ランキング, スピッツ的生物ランキング , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

2013/4/7撮影 カエルアンコウの仲間yg
2013年スピッツ的生物ランキング第5位 カエルアンコウyg

自信はないが、おそらくカエルアンコウであろう・・・。サイズは5ミリぐらいでした。 …

2010/12/11撮影 カエルアンコウ
2010年スピッツ的生物ランキング第7位 カエルアンコウ

実に4年ぶりに出会ったカエルアンコウ。私の中では「ヒゲモジャカエルアンコウ」と呼 …

2008年7月6日撮影 セイシェルブレニー
2008年スピッツ的生物ランキング第4位 セイシェルズブレニー

見たことのないギンポだ。初対面ではそーいう感じ。名前のわからない魚とはいつもそー …

2011/9/11撮影 キバラヨシノボリ
2011年スピッツ的生物ランキング第5位 キバラヨシノボリ

探した。こんなに探した魚はあまりない。数年前の冬に川を探索し始めた頃から、探して …

2010/7/15撮影 スフィンクスサラサハゼ
2010年スピッツ的生物ランキング第2位 スフィンクスサラサハゼ

初めて図鑑で見たとき、なんだ? この名前は? そう思った。スフィンクス・・・って …

カエルアンコウの仲間
2007年スピッツ的生物的ランキング第9位 カエルアンコウ祭り

今年の春はとあるポイントの狭い範囲にカエルアンコウの仲間が3個体、ボロボロと見つ …

イトヒキアジyg 11/23/2014
2014年スピッツ的生物ランキング第7位 イトヒキアジyg

第7位は水中写真ではなく、陸上写真です。瀬良垣漁港内で出会ったイトヒキアジの子供 …

タカノハハゼ、ビンビン
2017年スピッツランキング第4位 汽水のきれいなハゼ

2017年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

トゲツノメエビ 9/9/2014
2014年スピッツ的生物ランキング第9位 復活の生物たち

2014年度を振り返ってみたら・・・、初見の出会いは少なかったのだが、久しぶり・ …

2009/11/2撮影 ガラスウシノシタ
2009年スピッツ的生物ランキング第10位 ガラスウシノシタ

当初の10位はこの魚ではなく川のハゼだった。いろいろ考えて最終的に10位に選ばれ …