スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2014年スピッツ的生物ランキング第10位 ウミウシたち

      2015/01/20

Eubranchus rubropunctatus

Eubranchus rubropunctatus 1/1/2014

マツカサウミウシ属の一種

マツカサウミウシ属の一種 1/2/2014

センヒメウミウシsp

センヒメウミウシsp 4/11/2014

トラパニア属の一種

トラパニア属の一種 5/25/2014

ホリミノウミウシ属の一種

ホリミノウミウシ属の一種 6/1/2014

ネコジタウミウシsp

ネコジタウミウシsp 12/29/2014

ネコジタウミウシsp集まってる

ネコジタウミウシsp集まってる 12/29/2014

コトヒメウミウシsp

コトヒメウミウシsp 12/29/2014

ホクヨウウミウシsp

ホクヨウウミウシsp 12/30/2014

2014年もいろんなウミウシに出会えました。名前のあるヤツからまだ和名はおろか学名のついてない奴らまで・・・。

まず元旦に出会った、Eubranchus rubropunctatus。日本語で読むと、エウブランクス・ルブロプンクタートゥスとなります。図鑑「本州のウミウシ」に掲載されていました。

Eubranchus rubropunctatus  1/1/2014

Eubranchus rubropunctatus 1/1/2014

その翌日に出会ったのは、マツカサウミウシ属の一種 。東海岸のとあるポイントにて発見。私は過去に何度か出会えていますが、たいてい沖縄の東海岸で潜っているときです。東海岸はまだまだダイビングサイトとしてポピュラーな存在ではありませんが、北風の吹く冬の季節に穏やかになることが多く、ウミウシの増えてくる冬の季節にはとてもありがたいエリアです。

マツカサウミウシ属の一種  1/2/2014

マツカサウミウシ属の一種 1/2/2014

春になる頃にはそこそこの大きさのウミウシが目立つようになってきます。

そんな時に出会ったセンヒメウミウシsp。図鑑「沖縄のウミウシ」の写真の個体は6ミリと書かれていますが、私が出会ったのは10ミリを超えるビッグサイズでなかなかの迫力でした。

センヒメウミウシsp  4/11/2014

センヒメウミウシsp 4/11/2014

春の終わりから初夏にかけて、ウミウシはもっともたくさん見られます。私の感覚的にはそのように感じます。大きいのから小さいのまで。下の写真のトラパニア属の一種は最高に小さくって、全長3ミリぐらいでした。近くで見てもゴミみたいで・・・、撮影して、拡大して・・・、ああああぁぁぁやっぱりウミウシだったのね・・・と思えるほどの大きさです。

トラパニア属の一種  5/25/2014

トラパニア属の一種 5/25/2014

冬に潜って何もなかった砂地にいろんな海藻類が茂ってくるのも初夏の楽しみ。そうなればそこにまたたくさんの生物が集まってきます。下の写真のウミウシはそんなシーンの中で出会えました。こちらも小さくて、2ミリぐらい・・・。オリンパスのTG2じゃなかったら、こんなの撮影しても・・・、こんなにアップでは撮れません・・・。ありがとう!! オリンパスさん。

ホリミノウミウシ属の一種 6/1/2014

ホリミノウミウシ属の一種 6/1/2014

そして、秋が来るとウミウシは減っていきます。台風も来るし・・・。台風が来て海が荒れると、こんなに小さな生物は波やうねりで飛ばされ、流され、死んでしまうものも多いことでしょう。俗に秋はウミウシ枯れの季節と呼ばれています。そこを通過し、冬が始まると・・・、少しずつ極小サイズのウミウシたちが目に付くようになってきます。下の写真のネコジタウミウシspはこの冬、年末年始の金武レッドビーチではたくさん見られました。

ネコジタウミウシsp 12/29/2014

ネコジタウミウシsp 12/29/2014

こんな感じで集まっているところも何度か確認しています。

ネコジタウミウシsp集まってる 12/29/2014

ネコジタウミウシsp集まってる 12/29/2014

年末、師走も押し迫った時に出会えた、この下の写真の極小個体はコトヒメウミウシsp。サイズは2ミリにも満たないほどでした。自分でも、よくこんなの見えたな・・・とびっくりしたのをよく記憶しています。

コトヒメウミウシsp 12/29/2014

コトヒメウミウシsp 12/29/2014

そして年末のウミウシ捜索で出会った、ディープインパクトはホクヨウウミウシsp。下の写真のモジャモジャなウミウシです。触覚の形状も独特で、パッと見にも・・・、かっこいいウミウシでした。

ホクヨウウミウシsp 12/30/2014

ホクヨウウミウシsp 12/30/2014

また今年、2015年もいろんな出会いがあるよう、そしてその機会をスルーしないよう、老眼に鞭打って探してみたいなーと思わせる存在ですね。ウミウシは。ウミウシのなにがいいって、見つけたら、みんなで観察、撮影できるってところですよね。生物の少ない冬の海ではガイドさん大助かりですよ。ウミウシさん、センキュー。

生物ランキングインデックス|第9位

The following two tabs change content below.
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 2014年度ランキング, スピッツ的生物ランキング , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

2012/7/14撮影 カスリハゼspの喧嘩
2012年スピッツ的生物ランキング第6位 カスリハゼspの喧嘩

どうして名前がないのだろうか? そーいうハゼだ。 沖縄本島の泥場ではポイントを選 …

2008年6月21日撮影 アカウントスフェックス・レウリニス
2008年スピッツ的生物ランキング第8位 アカウントスフェックス・レウリニス

多分今まで何度も見ている。だけど全部ツマジロオコゼだと勝手に思い込んでいた。頭の …

アオセンミノウミウシ
2006年スピッツ的ウミウシランキング第10位 アオセンミノウミウシ

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

クダゴンベ
2007年スピッツ的生物的ランキング第10位 クダゴンベ

今年の10位はクダゴンベ。夏に発見されてからこれを書いている12月でもまだ見られ …

オジロスズメダイspのspのyg 撮影日2007年6月3日
2007年スピッツ的生物的ランキング第8位 スズメダイyg各種

今年はスズメダイの子供たちを頑張ってガイドした年でもありました。隙あらば教えてみ …

フサウミナメクジ
2006年スピッツ的ウミウシランキング第3位 フサウミナメクジ

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

2009/7/8撮影 スダレカワハギyg
2009年スピッツ的生物ランキング第7位 スダレカワハギyg

これを書く今の今までタテジマカワハギのygだと思っていた。今秋に出演したCSの「 …

2012/11/4撮影 Bulbonaricus davaoensis
2012年スピッツ的生物ランキング第8位 Bulbonaricus davaoensis

ずっと探していたけれど、なかなか当たらない。ホストのサンゴはけっこうどのポイント …

パロンシュリンプ 撮影日2007年2月15日
2007年スピッツ的生物ランキング第3位 学名ゲラストカリス・パロナエ 英名パロンシュリンプ

以前からこのエビがいたことは聞いていました。もうかれこれ・・・、数年前から・・・ …

2008年6月5日撮影 ヨコシマエビ子供
2008年ランキングアウトの生物

こんな出会いもありました。一挙に紹介。 ワモンフグ。ネットで検索しても写真がなか …