スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2016年スピッツ的生物ランキング第1位 サンゴ白化

   

2016年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世古の独断と偏見がすべてのランキングです。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

2016年の第1位は「白化したサンゴたち」です。

「すげぇ~」というインパクト絶大な生物との出会いがなかったのかもしれない。と、いうよりかはサンゴの心配ばかりしていた夏だったな~という印象があります。結果的に直撃した台風はゼロ。9月後半から10月にかけて905hpaの猛烈な台風がすぐ横を通過していきましたが、幸運なことに沖縄本島はほとんど被害がありませんでした。

しかし、この頃から徐々に水温が下がり始め、サンゴの白化が止まりかけました。一時は全滅するんじゃないの? と心配していた沖縄本島周辺のサンゴはかなり持ちこたえました。石垣島などの南西諸島の方がダメージは深刻なようです。

撮影した写真で振り返ってみましょう。

まずは盛夏の頃。

8/10

恩納村の山田ポイントでは折れたサンゴを針金などで固定し、再生させる事業をやってます。少し底から持ち上げて固定しているのにはメリットが多いからです。雨後に赤土などが流入してもサンゴに堆積しにくいです。底から持ち上げることにより成長できるサンゴが飛躍的に増えたように実感しております。

その美しかったサンゴが白くなりました。8月前半の水温は28度から29度でした。

台風、来ないね~というセリフを海辺でたくさんしゃべった記憶があります。

本当に、荒れない夏だったな~。

 

8/25

夏休みも終わろうか……という月末。いまだ海は荒れず、水温は28~29度のまま。白さが加速していく~……。

折れて固定されたばかりのサンゴも立ちどころに白化。

9月初旬は私、体調を崩してしまい海に潜っていない日々でした。でも、台風は来なかった。9月の中頃から後半にかけては台風ラッシュ。10/3から4にかけて通過した台風は久米島や韓国にかなり被害をもたらしました。

少しずつ海が荒れて、海の水がかき混ざり、浅い場所の水温も少しだけ冷たくなりました。

9/22

台風の合間の山田ポイント。白いままのサンゴたちです。

 

9/24

こちらは真栄田岬の通称ツバメ根の先、浅瀬にサンゴが広がっているエリア。ほぼすべてのサンゴが白く変わってしまいました。

真栄田岬が私の見ていた中で1番被害が大きかったです。

9/27

山田ポイントの浅瀬のサンゴ、私のログ記録によると水温はいぜんとして28度を記録している。でも、心なしか色の戻っているサンゴが増えているような気がする。

イソギンチャクも色がぬけてしまいしまた。

 

9/29

真栄田岬のサンゴ。本当に白くなってしまった。

 

 

12/13

そして、時は過ぎ12月。水温は25度まで低下したものの、例年と比較すると少し温かめです。

でも、全体を見渡すと白いサンゴはほとんどありません。

石化してしまったサンゴもほとんど確認できない。

山田ポイントのサンゴはけっこう盛り返してくれました。

真栄田岬、ツバメ根近く、浅瀬のサンゴは大半が石化してしまいました。もったいなかったな~。

でも、被害がこのあたりだけにとどまったので、良かったと解釈するべきか……。

きっとそうなんでしょうね。うん。そう思いますもん。

約20年前の白化に比べればかなりマシで終わりました。

毎年、心配になる事項です。台風が来ないことはうれしいのですが、来なけりゃ来ないで悩みも出てくる。2017年はどうなることやら。

第2位

The following two tabs change content below.
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 2016年度ランキング, スピッツ的生物ランキング , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

トサカハゼ
2016年スピッツ的生物ランキング第4位 教えられた生物たち

2016年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

ハダカコケギンポ 撮影日2007年5月25日
2007年スピッツ的生物的ランキング第1位 ハダカコケギンポ

え? いまさら? という感じのハダカコケギンポが1位。今でこそポピュラーな魚にな …

コシオリエビの仲間、Galathea erythrina
2017年スピッツランキング第3位 オオオキナガニとGalathea erythrina

2017年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

ハナカエルウオ婚姻色、めっちゃアピール
2015年スピッツ的生物ランキング第8位 タイドプールダイビング

タイドプールを自分のフィールドとして活動しはじめたのは、もう何年も前だけれど、今 …

2012/7/1撮影 リュウキュウアユ
2012年スピッツ的生物ランキング第3位 リュウキュウアユ

おや。海じゃないのが続きますね。こーいうのは経営方針的にダメなのかもしれない。だ …

イトヒキヌメリ属の一種 撮影日2007年7月22日
2007年スピッツ的生物ランキング第4位 和名不明のネズッポの仲間

年に1回は必ず見ている。そんなことを数年繰り返しているが、今年も無事に出会えた。 …

ギンガメアジ 12/15/2014
2014スピッツ的生物ランキング第8位 ギンガメアジ

今冬は珍しいことに、金武のレッドビーチにギンガメアジが出現。しかも、群れです。レ …

2008年7月2日撮影 オイランハゼ
2008年スピッツ的生物ランキング第2位 オイランハゼ

いやー、いい1年だった。この写真を見て、想起する数々のディスプレーに思い巡らせば …

コビトスズメダイ
2015年スピッツ的生物ランキング第3位 コビトスズメダイ

探し始めてから、15年ほど? もっとかな。ヒメスズメダイを見るたびに、その周囲の …

2010/10/17撮影 メジロダコ
2010年スピッツ的生物ランキング第6位 メジロダコ

  最近テレビによく出てくるのがこのタコ。ココナッツオクトパスなんて呼 …