スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2008年ランキングアウトの生物

   

こんな出会いもありました。一挙に紹介。

2008年3月1日 ワモンフグ

2008年3月1日 ワモンフグ

ワモンフグ。ネットで検索しても写真がなかなか出てこないこのフグ。私も初見でした。


2008年3月30日撮影 ヤイトギンポ近似種

2008年3月30日撮影 ヤイトギンポ近似種

ヤイトギンポは極めて普通種。でも、この婚姻色が出るタイプはヤイトギンポの近似種扱いになっています。婚姻色が出ると、襟元に青い蝶ネクタイをまといます。その部分が綺麗に見える場所にいる個体を探すのが一苦労です。


 

2008年3月5日撮影 テングヘビギンポ

2008年3月5日撮影 テングヘビギンポ

テングヘビギンポは探していた魚。でも、帰ってきてPCで写真を見てようやく気付いた。現場では伸びた口元がわからなかった。情けない。今度はちゃんと見ないと。


2008年3月2日撮影 クロマスク

2008年3月2日撮影 クロマスク

クロマスクのオスは青色がとても綺麗。リクエストがあれば、見せられる魚。でも誰もリクエストしてくれない・・・。


2008年6月21日撮影 コウガイメナガガザミ

2008年6月21日撮影 コウガイメナガガザミ

今年はレッドの砂泥地でこのカニをたくさん見ました。例年よりも多かったような印象がある。
毎年、あんなにたくさんはいなかったはず。それとハゼの数とどんな関係があるのかはわからないが、ハゴロモハゼsp、早く見れなくなったような・・・・。


2008年8月29日撮影 コンゴウフグ

2008年8月29日撮影 コンゴウフグ

コンゴウフグはあまり見ないフグ。今年はコンゴウフグの繁殖行動だろうか? 生態の一部を見ることができました。講習中だったけれど、ずっーと見てしまった。ログには写真がたくさん貼ってありますよ。


2008年9月15日撮影 オキナワハゼ属の1種その3

2008年9月15日撮影 オキナワハゼ属の1種その3

お客様が見つけてくれたオキナワハゼ属の1種その3です。楽しみにして何度も探したのだが、
結局一度だけの出会いになってしまった。またの出会いを期待しよう。


2008年10月2日撮影 Kemponia agag

2008年10月2日撮影 Kemponia agag

今年、やけに目に付いたエビ。詳しく専門家の奥野先生に調べてもらった。「テナガカクレエビやオシャレカクレエビと同じ属のKemponia agag という種です。本種はインド洋のアンダマン諸島から最初に発見され、その後紅海、オーストラリア北部、ニューカレドニアなどから知られていました。沖縄を含む日本列島からの記録はありませんでした。生きている時の色彩に関する報告も見られません。テナガカクレエビやシオダマリカクレエビに比べると、ハサミが細長いことが特徴のひとつです」とのことです。


2008年9月28日 キカイカエルウオ

2008年9月28日 キカイカエルウオ

キカイカエルウオって知らなかったな。図鑑には載っていないし、生息場所もボートダイブでは通らないほど浅い水深だし。だけど、その顔つきは、実に楽しげ。定番のネタにできたら、いいのになー。

 


 

2008年10月13日 アオモンギンポ

2008年10月13日 アオモンギンポ

アオモンギンポっていうのも初めて見たし、名前自体も知らなかった。なんだよ・・・、図鑑に載っていない魚、まだまだいっぱいいるじゃん・・・・。その後もこの魚は継続して見れています。


2008年10月14日撮影 ウミウシカクレエビとナマコマルガザミ

2008年10月14日撮影 ウミウシカクレエビとナマコマルガザミ

おや、まぁー綺麗に並んだもんだよね。ウミウシカクレエビが並んでいるのはよく見るけれど、ナマコの肛門から顔を出してるナマコマルガザミまで並んでくれたのはラッキーでした。もっといろいろゆっくり撮りたかったな・・・・。


2008年10月14日撮影 ヒシヒレオオモンハゼ

2008年10月14日撮影 ヒシヒレオオモンハゼ

オオモンハゼspはもちろん初めて見た魚なんだけれど、初見ですでにビビビビッ!! ときた。
これは和名のない魚だ!! と。瀬能先生に尋ねるも、やっぱり未記載種。その後、和名がつきました。ヒシヒレオオモンハゼです。今後もその生態を探っていきたい魚です。


2008年10月25日撮影 ジャノメハゼかな?

2008年10月25日撮影 ジャノメハゼかな?

ジャノメハゼがレッドデータにリストアップされていて絶滅危惧IB類に入っているとは知らなかった。けっこう見ていたような記憶があるのだが、これからは少なくなっていくのかなー。


2008年11月14日撮影 センネンダイygとガザミ

2008年11月14日撮影 センネンダイygとガザミ

センネンダイygってだけでもかなり楽しい場面だが、大きなカニの周囲をウロウロしてて、それで隠れているつもりなのか? とこちらが不安になる状況でした。確かに色合いはセンネンダイっぽいし、保護色のつもりかもしれないが、食べられちゃわないのかな? と心配しちゃいました。その後、このセンネンダイには会えていません。


2008年11月15日撮影 ダスキースリーパーゴビー

2008年11月15日撮影 ダスキースリーパーゴビー

泥ハゼ好きのお客様が見つけて教えてくれた。「日本のハゼ」ではサルハゼ属の1種として載っています。英名はダスキースリーパーゴビーというらしいです。今もいるのかな?


2008年6月5日 ヒレナガカエルウオ

2008年6月5日 ヒレナガカエルウオ

ヒレナガカエルウオは知ってた? ヤエヤマギンポのようで、ホホグロギンポのようで、なんかどっかで見たことのある風貌だが、そのどれとも違う。そんな魚を見つけたら、思い出してね。
そいつがヒレナガカエルウオだよ。


2008年6月13日撮影 イトヒキヨウジ

2008年6月13日撮影 イトヒキヨウジ

イトヒキヨウジはなぜそんなに見ないのだろうか?ここのポイントではたくさんのワカヨウジが見られる。外見なんてワカヨウジと大差はない。尻尾の部分が糸状になっているかどうか?
それぐらいの差だ。でも、それが大事なんだろうね。

追記 その後、この魚はワカヨウジの子供かもしれないという話も出ているようです。


2008年6月5日撮影 ヨコシマエビ子供

2008年6月5日撮影 ヨコシマエビ子供

ヨコシマエビはあるポイントに行けばけっこうな確立で見られる。だけどこんな子供の個体はとてもレア。あまりのかわいさに、しばらく目が離せませんでした。


2008年5月22日撮影 ハゼ科の1種その12 通称、ピンコハゼ

2008年5月22日撮影 ハゼ科の1種その12 通称、ピンコハゼ

「日本のハゼ」でいう、ハゼ科の1種その12です。通称、ピンコハゼ。西表島の矢野さんのところではそう呼ばれている。沖縄本島にもいましたよ。だけどたくさんはいないみたい。また出会えるといいなー・・・・。


 

2008年5月22日撮影 ハゼの仲間

2008年5月22日撮影 ハゼの仲間

えーと・・・。いまだに不明種。あなたはなに?


2008年5月22日撮影 ピンコハゼsp

2008年5月22日撮影 ピンコハゼsp

こちらがピンコハゼspです。スピッツでは何年も前から継続して見ていますが、まだまだ謎の多い魚です。


2008年5月10日撮影 ウスゲショウハゼとカエルアンコウ

2008年5月10日撮影 ウスゲショウハゼとカエルアンコウ

ウスゲショウハゼとカエルアンコウの2ショットです。



ざぁーっと並べてみると、今年もいろんな魚や場面に出会えたものだ。もちろんここから漏れている素晴らしい出会いもあるし、驚きの生物もいる。

そーいうのはまたブログなどで小出しにして、楽しんでいきましょう。

見たい生物は季節モノだったりすると、すぐに消えてしまったりするけれど、リクエストしてもらったら、探すべく、紹介するべく、ベストを尽くしますので、どしどしリクエストしてください。

結果、見れなかったとしても、「自然相手だからしょうがないですよねー」という寛大な御心もお忘れなく。
海なんだから。海。2009年も頑張りますので、よろしくお願いいたします。

スピッツ年間ランキング2008年スピッツランキング

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 2008年度ランキング, スピッツ的生物ランキング , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

ハナビヌメリ属の一種 9/9/2014
2014年スピッツ的生物ランキング第1位 初見生物登場

第1位はハナビヌメリ属の一種・・・という扱いにしかならないこの魚。この特徴的な背 …

シマシマのコブシメが大きい!!
2015年スピッツ的生物ランキング第9位 金武岬のコブシメ

2015年の冬は金武の港からボートに乗って、西海岸が潜れない海況でも、東側の太平 …

2013/9/15撮影 イワシ球
2013年スピッツ的生物ランキング第2位 イワシ球

2013年を語る上でこの群れは絶対に外せません。 青の洞窟で有名な真栄田岬に突如 …

2012/7/1撮影 リュウキュウアユ
2012年スピッツ的生物ランキング第3位 リュウキュウアユ

おや。海じゃないのが続きますね。こーいうのは経営方針的にダメなのかもしれない。だ …

2011/8/30撮影  Poraster superbus (Mobius, 1859)
2011年スピッツ的生物ランキング第10位 ヒトデたち

今年は珍しいヒトデに出会えた一年でもむありました。変なものにもよく出会っているシ …

2012/10/28撮影 ハダカハオコゼ、ピンク色個体
2012年スピッツ的生物ランキング第10位 ハダカハオコゼ、ピンク

え? ハダカハオコゼ? ふ、普通・・・・と言うなかれ。この個体を初めて確認したの …

マウデズシュリンプゴビー 撮影日2007年5月25日
2007年スピッツ的生物的ランキング第6位 初見の生物たち

今年は何個体かの初見の出会いがありました。名前のわからない生物までいれるともっと …

ホソカワインドカエルウオではないでしようか?
2015年スピッツ的生物ランキング第2位 ホソカワインドカエルウオ

第2位にランクインしたのは、ホソカワインドカエルウオです。ネットで名前検索しても …

ヨソギの仲間
2016年スピッツ的生物ランキング第10位 ヨソギの仲間

2016年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

ハナカエルウオ婚姻色、めっちゃアピール
2015年スピッツ的生物ランキング第8位 タイドプールダイビング

タイドプールを自分のフィールドとして活動しはじめたのは、もう何年も前だけれど、今 …