スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

10/9 ミジュン球とヤノルス・サヴィンキンイ

      2016/10/17

う~ん、905hpaが残していったうねりがなかなか消えません。今日も潮の干満を読み切ってのダイビング。

まずは深場に潜入。すると黄色のピグミーシーホースをゲット。いるとは知らなかった。こーいうのはうれしい。お客様がたっぷり遊んだ後で証拠写真だけささっと撮影。後姿でもなんでもいいのだ。いることを残せればOK。深い場所に長く滞在するのは得意ではないし、好きでもない。

ピグミーシーホースはいつも時間との闘い

ピグミーシーホースはいつも時間との闘い

昨日からの流れで、きれいなイソギンチャクとクマノミたちの環境はやっぱり紹介しちゃう。でも、ここも撮影するの難しいんだよね。

ハマクマノミと赤いイソギンチャク

ハマクマノミと赤いイソギンチャク

きれいで大きなバサラカクレエビがいたら、やっぱり紹介したくなっちゃう。

バサラカクレエビ

バサラカクレエビ

浅瀬に戻ってきたら、やっぱり気になるサンゴの白化状態。でも、ここのポイントの水深5~6Mではそれほど深刻な感じは受けませんでした。やっぱり真栄田岬は深刻だ。

水深5Mの棚上のサンゴは白化もまばらです

水深5Mの棚上のサンゴは白化もまばらです

で、インリーフを覗くと……、すはっ!!

ミジュン球だ!!

リーフ内を埋めていたミジュン球

リーフ内を埋めていたミジュン球

巻かれたい放題、囲まれたい放題、上下に通り抜けられ放題、左右に逃げられ放題。なんでもかんでもやられまくり放題。

リーフ内を埋めていたミジュン球

リーフ内を埋めていたミジュン球

動画もどうぞ。

楽しい浅場を通過すると、ドロップオフではウミガメと遭遇。中途半端に寄って撮影するぐらいならば、よりひいて、風景を取り込んで撮影したほうがいい場合もある。と、自分では思っている。

ウミガメ登場

ウミガメ登場

中層を終始ウロウロしていたこの魚は……、ムロアジなのか?

ムロアジですかね?

ムロアジですかね?

お昼になる頃には浅瀬に押し寄せるうねりはけっこう大きくなっていましたが、すべて想定内。ポイント選び、潮読みが当たり、無難に潜れました。

うねり、大きかったです

うねり、大きかったです

で、午後は無難に内湾。本当は真栄田岬に行きたかったのだが、駐車場に入る寸前で赤旗に変わってしまい潜水不可のなってしまったのだ。昨日の赤ピンクのイソギンチャクとクマノミを撮りなおしたかったですが、海況には逆らえません。

で、内湾ではハダカコケギンポらと戯れてきました。

ハダカコケギンポ

ハダカコケギンポ

いろんなサイズがいましたが、撮りやすいサイズだったこの個体を紹介。

アカントフェックス・レウリニス

アカントフェックス・レウリニス

着底した場所から出てくると驚かずにはいられないオニヒメブンプク。刺されると痛いです。

オニヒメブンプクでいいのかな?

オニヒメブンプクでいいのかな?

今年は多いような気がする。まだ和名のないエビです。ウロカディラ属のウロカディラというエビだそうで、ウロカディラ・ウロカディラ。呪文みたいだ。オブラディ・オブラダ……。Life goes on……

ウロカディア・ウロカディア

ウロカディア・ウロカディア

で、いたらいいのになぁ~と思っていたら、本当に見つけられて実にラッキー。昔の名前でいうところのトゲトゲウミウシです。このスケスケで大きくプリッとした触手を見ていると、やっぱりバックライトで遊びたくなるんですよね。

お客さんもバックライトにしたり、前から照らしたり、さんざんいろいろ試しておられました。そーいういろいろトライしたいって欲を刺激する風貌なんでしょうね、このウミウシ。

こちらの下の写真はバックライト+普通にストロボも光らせています。

ヤノルス・サヴィンキンイ

ヤノルス・サヴィンキンイ

で、こちらはストロボをオフ。バックライトだけで撮影です。

ヤノルス・サヴィンキンイ

ヤノルス・サヴィンキンイ

そして、こちらはちょっとライトの位置を遠ざけて、感度もいじくって、当然ストロボをオフ。

「月下の行進」

って感じのイメージですな。

ヤノルス・サヴィンキンイ

ヤノルス・サヴィンキンイ

胞子の枯れた樹海を行進する進化型オウム……という風の谷のナウシカを想起させたりもする……ってことはない?

まぁ~、写真は趣味ですから、好きに撮影して、好きに解釈して、好きに楽しむのがいいんじゃないでしょうかね。

こんなイメージの写真を撮りたいです!! とかのリクエストもしてね。可能な限りお手伝いしますぜ。

The following two tabs change content below.
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 10/2016, ダイビングログ , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

ハナゴンベ
11/18 万座で2ダイブ

地元のリピーターさんと万座に潜ってきました。 沖縄本島恩納村のダイビング屋さん& …

パンダツノウミウシ
3/14 2レッドダイブ

今日は午前と午後でお客さんは入れ替わるんだけれど、どちらも1人だけなので、4ダイ …

ヒポカンパス・セベルンスィ
4/6 穏やかな海でアイドル巡り

ウミウシダイブが終わって、しばらくは川に通っていましたが、この週末は地元のリピー …

ナカモトイロワケハゼ
5/17 ナカモト牧場におじゃま

北部にも行ってみたいと事前にリクエストももらっていたので、行ってみました。 沖縄 …

ハゼ科の一種
11/13 ミナミシラヌイハゼ近似種だったのか……

今日もハゼを探すダイビング。相談の結果、昨日とほぼ同じようなコースを巡ることとな …

ウデフリツノザヤウミウシ
5/4 ウミウシ合宿 in GW

昨日の夕方から北風になってしまったので、本日はレッドビーチ。お客様は入れ替わって …

ちびクマノミ
6/5 いろいろマクロ

日曜日、一昨日のログです。リクエストに従い、2ダイブ。 私はライト補助などで写真 …

イレズミミジンベニハゼ、水中ライトでやや後方から照射
5/16 イレズミ+ナカモト+ニシキ+ジョー

先日、梅雨入りした沖縄本島。梅雨らしく、昨晩から土砂降りです。トレッキングのお仕 …

赤色カエルアンコウ
11/23 旬ネタありがとう

カエルアンコウが出ているとの噂を聞いて、同船した皆様からお裾分けをいただこうと地 …

アカオビマツカサウミウシ
2/20 砂辺でのんびり

今冬、2回目の砂辺にやってまいりました。 沖縄でダイビング屋さんとリバートレッキ …