スピッツ世古沖縄サイト

沖縄恩納村をベースに沖縄情報を発信

*

5/21 赤ヨロイボウズハゼ

   

で、なんとか、晴れた……とは言えないけれど、雨は降らなかった土曜日。川ハゼガイドに出かけました。が、最初は河口により、カマヒレマツゲハゼをやっつけます。

河口も梅雨時には厳しい環境だし、海は南風でぺたぺただし、当然海で潜った方がコンディションはいいんだけれど、そこにはお客さんの見たいハゼがいないので、あまりベストとは言い得ないようなコンディションの河口に潜入するのです。

濁りが少しでも少ないことを祈りつつ……。

ここのポイント、インコハゼ多いです。

インコハゼ

インコハゼ

黒くて濁っててあんまり見えなかったので、撮ってみたのだがホシハゼのようです。

ホシハゼ

ホシハゼ

カマヒレマツゲハゼ、ここにはいっぱい。

カマヒレマツゲハゼ

カマヒレマツゲハゼ

こちらは若者同士の小競り合いですね。何箇所かで見られました。

カマヒレマツゲハゼの若魚同士の小競り合い

カマヒレマツゲハゼの若魚同士の小競り合い

水面表層にたまった雨水と海から入ってきた海水とが混ざり合ったときに起こるケモクラインのモワモワがひどくなってきてロングダイブは断念。やんばるに移動しました。

ヨシノボリたちも撮影。冬に負けず、ほどほどにきれいでしたよ。

アヤヨシノボリ

アヤヨシノボリ

シマヨシノボリ

シマヨシノボリ

シマヨシノボリ

シマヨシノボリ

クロヨシノボリ

クロヨシノボリ

クロヨシノボリ

クロヨシノボリ

そんなヨシノボリたちの合間にコンテリボウズハゼも確認、紹介。お客様が撮っておられたので、私は遠目から1枚だけパチリ。

コンテリボウズハゼ

コンテリボウズハゼ

この前エビに詳しいF君に教えてもらったネッタイテナガエビであろう個体がいたので思わず撮影。

ネッタイテナガエビ

ネッタイテナガエビ

ネッタイテナガエビ

ネッタイテナガエビ

ボウズハゼの若い個体はたまに背びれの赤くなっている奴がいます。

ボウズハゼ、背びれがまだ赤色してる若魚

ボウズハゼ、背びれがまだ赤色してる若魚

ボウズハゼ、背びれがまだ赤色してる若魚

ボウズハゼ、背びれがまだ赤色してる若魚

ボウズハゼ、背びれがまだ赤色してる若魚

ボウズハゼ、背びれがまだ赤色してる若魚

ヨロイボウズハゼも美しい奴がいました。お客様と囲んで撮影。

ヨロイボウズハゼ

ヨロイボウズハゼ

石の上にあごだけ乗せて、ちょっと気取った感じのヨロイボウズハゼ。

ヨロイボウズハゼ

ヨロイボウズハゼ

ヨロイボウズハゼ

ヨロイボウズハゼ

背びれを広げてくれました。よかった!!

P5210109

そしてあきらめていた赤ヨロイボウズハゼもいました。かなり前からお客様からのリクエストをもらっていたので、見せられて嬉しかったし、安堵。

赤ヨロイボウズハゼ

赤ヨロイボウズハゼ

赤ヨロイボウズハゼ

赤ヨロイボウズハゼ

赤くなっている場所の背びれと尻びれの赤色がビビッドすぎて強烈っ!!

赤ヨロイボウズハゼ

赤ヨロイボウズハゼ

撮影風景です。赤ヨロイと対峙するお客様。ヨロイ、ヨロイと何度も書いていると、「進撃の巨人」のヨロイの巨人を思い出してしまうな。

赤ヨロイボウズハゼ撮影中のお客様

赤ヨロイボウズハゼ撮影中のお客様

背びれ全開は撮影できませんでしたが、全部で3個体のアカヨロイボウズハゼが見られたので、梅雨の合間だということも考えれば合格ではないでしょうか?

赤ヨロイボウズハゼ

赤ヨロイボウズハゼ

遠いけれど、楽しい川でした。

The following two tabs change content below.
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 05/2016, ダイビングログ , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

宜野座ボートの魅力、エキジット後の風よけ温室
1/15 宜野座ボートダイビング

年に2回ほど、ふらりと遊びに来ていただいているお二人がまた潜りに来てくれました。 …

トモエミノウミウシ属の一種
1/6 なんでも見ますよ~

ウミウシダイブが昨日にて終了。今日からはお客様が入れ替わります。今日からのFさん …

ゴマイトヒキヌメリ
11/30 ゴマイトヒキヌメリ

仲の良いイントラOさんと一緒に調査ダイビングに行ってきました。ツキホシカクレエビ …

プラティドーリス・サングイネア
4/17 地元リピーターさんと1ダイブじっくり

今日は久しぶりのお客様。聞けば、午後からは仕事なので、一本だけでもいいですか?  …

カエルアマダイ
5/15 フジタウミウシ属の一種

GW終了から怪我をしてしまい、ダイビングもトレッキングも行かずに療養していたけれ …

コトヒメウミウシ属の一種
1/7 パンダツノウミウシ&コトヒメウミウシsp

ウミウシ合宿が終わったところだけれど、お客様が途切れず続いていく。そんな正月にあ …

青の洞窟スノーケルチーム
6/15 ファン+スノーケリング

今日は八丈島のN君からの紹介で遊びにきていただいた、女性4人組。1人がファンダイ …

Phyllodesmium undulatum フィロデスミウム・ウンドゥラートゥム
3/29 ウミウシ合宿最終日 Phyllodesmium undulatum フィロデスミウム・ウンドゥラートゥム

ようやく、ようやく最終日にして風が東から南寄りに変わり、恩納村で潜ることができま …

ホタテツノハゼ属改めオニハゼ属の一種
12/21 久しぶりに真栄田ビーチ、オープン

二日前のログまでようやくたどり着きました。明日はファンダイブの予定なので、その日 …

シシマイギンポ
6/27 真栄田ボートダイブでシシマイギンポ

昨日に続いてダイビング。昨日よりも南西になるって風の予報だったので今日は真栄田近 …