スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2/21 プロカモペルス・マクラポディウム

      2016/02/29

ウミウシダイブの2日目。今日は北部の泥地からスタート。ここはウスバネウミコチョウのサンクチュアリかと思えるほど、昔からウスバネウミコチョウが多い泥地ですが、今年も例年通り観察できました。

ほっ。

ウスバネウミコチョウ

ウスバネウミコチョウ

ウミコチョウらしくこのウミウシは飛びます。飛んでいるところは撮影できませんでした。

ウスバネウミコチョウ

ウスバネウミコチョウ

そしてここの泥地には貝持ちのウミウシが多く住んでいます。ヨワタマゴガイでいいのでしょうか?

ヨワタマゴガイかな

ヨワタマゴガイかな

これは上の写真のものと同一個体です。

ヨワタマゴガイかな

ヨワタマゴガイかな

そしてここでしか見たことのないキヌハダウミウシの仲間。

キヌハダウミウシの仲間

キヌハダウミウシの仲間

なんか独特ですよね。改めてゴスライナー先生の新しいウミウシ図鑑をチェックしても、やっぱり載っていないと思うのですが、どうなんでしょうか?

キヌハダウミウシの仲間

キヌハダウミウシの仲間

触覚の基部が黒線で丸く囲われているのが特徴です。

キヌハダウミウシの仲間

キヌハダウミウシの仲間

そして、こちらはプロカモペルス・マクラポディウムとして新しいゴスライナー図鑑に載っていたウミウシ。

プロカモペルス・マクラポディウム

プロカモペルス・マクラポディウム

まさか、こんな泥地にいるなんて思っていなかったので、びっくり。

プロカモペルス・マクラポディウム

プロカモペルス・マクラポディウム

そしてかなり特徴的な貝持ちのウミウシに遭遇。フェイスブックを通じて名前を教えていただきました。カイコガイダマシ属の1種ではなかろうかってことです。

カイコガイダマシ属の1種

カイコガイダマシ属の1種

ウサギモウミウシ。泥しかない場所に場違い的にはえたコテングノウチワにくっついていました。

ウサギモウミウシ

ウサギモウミウシ

そんな泥地を闊歩していたのは、意外なまでに大きくそだっつていたスミゾメキヌハダウミウシ。こんなに大きくなるの? ってぐらい大きかったです。こんなのがハゼにくっついたら、くっつかれたハゼはたまったもんじゃないですよね。

スミゾメキヌハダウミウシ

スミゾメキヌハダウミウシ

エキジット間近にアオリイカがいました。

アオリイカ

アオリイカ

2本目は場所を変えて、北部のきれいなビーチに潜ってみたものの、うねりの影響か? ウミウシほとんどいませんでした。お客様の見つけたウツセミミノウミウシ。

ウツセミミノウミウシ

ウツセミミノウミウシ

このカニはナニモノですか?

カニの仲間

カニの仲間

ビワガタナメクジです。目がありますね~。

ビワガタナメクジ

ビワガタナメクジ

美しいナギサノツユspでした。

ナギサノツユ属の一種

ナギサノツユ属の一種

漂っていたカニ。どこかにちゃんと着底できたのかな?

カニの仲間

カニの仲間

キャロットシードミノウミウシはほんとうにどこにでもいるって感じ。泥地でもサンゴ礁でも目に付きます。

キャロットシードミノウミウシ

キャロットシードミノウミウシ

ネアカミノウミウシは西海岸っぽいですね。泥地ではあんまり見ません。

ネアカミノウミウシ

ネアカミノウミウシ

今日はミドリリュウグウウミウシの子供を2個体見ました。

ミドリリュウグウウミウシ

ミドリリュウグウウミウシ

最後に大きいゾウゲイロウミウシに遭遇。

ゾウゲイロウミウシ

ゾウゲイロウミウシ

思ったよりウミウシを出せなくて、実に申し訳ない3ダイブになってしまった。Kさん、申し訳ない。また精進しますっ!!

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 02/2016, ダイビングログ , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

シラタマツガルウミウシ
5/24 シラタマツガルからのプチトラパニア祭り

ウミウシ大好きのリピーターOさんが遊びに来たので、レッドビーチでウミウシダイブし …

ナカモトイロワケハゼ
6/10 4か月ぶりに書いていこう、ナカモトさん訪問

最後にログを書いたのは6/9。今日は10/5。4か月間放置してしまったこのサイト …

ヤノルス・サヴィンキンイ
1/31 狙いは外れど……

仕事の合間に一人でふらふら潜ってきた。北風だったけれど、1人で潜る分には問題あり …

オドリハゼ
7/7 久しぶりに度胸のあるオドリハゼ

とあるネタを確認したくて、午前のリバートレッキングが終わってから1人でふらふら潜 …

セイルフィンリボンゴビー
3/9 体験ダイビング延期からのファン2本

今日は体験ダイビング・・・の予定でしたが、昨日は大丈夫だと予測していた風向きが港 …

オンナソンウミウシ
1/3 ウミウシダイブ11日目 オンナソンウミウシ

昨日のトラパニア祭を受けて、今日も期待が高まってしまうのは致し方あるまい。ウミウ …

ハナヒゲウツボ
スピッツ過去ログ、ひとりごと書庫

過去のホームページに載せていたものを体裁を変えずに、そのままつなげただけのもので …

ボブサンウミウシ
2/14  ウミウシいろいろ

風の予報は北東から東。西海岸周辺は風波こそなくなって穏やかになったものの、うねり …

Pentaster obtusatus (Bory de St. vincent, 1827)
7/13 二転三転ファンダイブ

昨晩、恩納豚で上等お肉をご馳走していただいたリピーターご夫婦とのダイビング。当初 …

ヤマブキスズメダイ
9/17 ボートでらくちんダイブ

昨日のボートダイブが楽ちんだったので、今日もボート。「やっぱりボートが楽だよね~ …