スピッツ世古沖縄サイト

沖縄恩納村をベースに沖縄情報を発信

*

2/16 休暇明けダイビング

   

建国記念日の連休を利用して帰省休暇をいただき、内地に戻っていました。2月の最初は家族全員がインフルエンザを患ってしまい、なにもできず、ただただダウン。そして第二週目は帰省。

と、潜らない2月になっていました。沖縄に戻ったその翌日からお仕事があることは嬉しい限りです。

地元のリピーター様とレッドビーチに行ってきました。

止まると寒いので、ゆっくり泳ぎながら、いろいろ探しつつ……というリクエストに従い、あっちでウロウロ、こっちもウロウロダイビング。

アオハチハゼがいました。

アオハチハゼ

アオハチハゼ

2匹で寄り添っていました。ヨソギかな。

ヨソギかな?

ヨソギかな?

どんどん色が変わっていきました。

ヨソギかな?

ヨソギかな?

ウミウシには特にこだわらず……、いたら紹介するって感じのスタイル。ケラマミノウミウシです。まぁ~。普通種っす。

ケラマミノウミウシ

ケラマミノウミウシ

パンダツノウミウシはまだいました。

パンダツノウミウシ

パンダツノウミウシ

大きなパロンシュリンプと呼ばれているエビがいました。まぁ、大きいといっても2センチぐらいですけれど。エビらしく撮ってあげたい……。

ゲラストカリス・パロナエ

ゲラストカリス・パロナエ

ゲラストカリス・パロナエというのは学名でして、和名はまだついていないはず。通称でパロンシュリンプと呼ばれています。と、いうか英名なのかな?

ゲラストカリス・パロナエ

ゲラストカリス・パロナエ

ホストの色、そのまんまですね。

浅瀬ではミジュンの群れがあっち行ったりこっち行ったり右往左往していまして、たまたま狙ってはいなかったのですが、当たることができました。群れの規模が大きいので、見ている分にはかなりダイナミックですが、周囲に行くと、オレンジ色のウ○コがたくさん降りかかってくるので、あまりキレイな写真は撮れません。

ミジュン球

ミジュン球

でも、囲まれると陽光を遮られて真っ暗けになります。

ミジュン球

ミジュン球

クシノハカクレエビがいました。セオリー通りの透過ライト撮り。

クシノハカクレエビ

クシノハカクレエビ

ファンタジックフォーカスモードにしてみました。

クシノハカクレエビ+顕微鏡モード+ファンタジックフォーカスモード

クシノハカクレエビ+顕微鏡モード+ファンタジックフォーカスモード

ゾンビモードこと、ドラマチックモードでも撮影。おお、恐ろしや……。

クシノハカクレエビ+顕微鏡モード+ドラマチックモード

クシノハカクレエビ+顕微鏡モード+ドラマチックモード

そして、コトヒメウミウシの仲間である、ゴニオドリデラ属の一種が2種類いました。

ゴニオドリデラ属の一種

ゴニオドリデラ属の一種

こちらもゴニオドリデラ属の一種。年末年始は大量発生していましたが、この日はそこまでたくさんは見つけられませんで、こいつだけでした。

ゴニオドリデラ属の一種

ゴニオドリデラ属の一種

セグロヘビギンポが緑の傘で雨宿り中でした。

セジロヘビギンポ

セジロヘビギンポ

カベイロ属の一種ですね。どこがウミウシなんだ? という疑問もごもっとも。もっとちゃんとウミウシだってわかる写真を載せないとね。

Kabeiro属の一種

Kabeiro属の一種

コマチコシオリエビはわかりやすい場所に出ていました。

コマチコシオリエビ

コマチコシオリエビ

あとは浅瀬の魚たち。意外にレッドビーチにはこの仲間たちも多く住んでいます。スジギンポだと思いますが、違うかもしれない。

スジギンポかな

スジギンポかな

タマカエルウオかな? という個体。タマギンポではなさそうだし、ヨダレカケでもなさそうだし。

タマカエルウオかな

タマカエルウオかな

でも、全然自信なし。2月は暇な月なので、いろいろやりたいことはあるのだが、体調を崩しちゃって、もったいなかったのだ。

The following two tabs change content below.
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 02/2016, ダイビングログ , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

コヤナギウミウシ属の一種
7/4 今日もマクロダイブ

ロングステイしていただいていたリピーターさんたちの最終日。ヤシャハゼが撮りたいと …

カノコウロコウミウシ
3/24 さりげなくカノコウロコウミウシ登場

昨日までは3-4人のお客様で混雑していたのだが、今日からはいつものウミウシ大好き …

モンツキカエルウオ
10/16 恩納村で3ダイブ

今日は地元のリピーターさんとマンツーマンで3ダイブ。万座周辺をじっくり潜ってきま …

アジアコショウダイ子供
4/28 GWに1人ふらふら

GWだとはとても思えない一週間だが、お客さんがいないので、1人でふらふら潜りにい …

ニシキウミウシ(左)とヒョウモンウミウシ
5/27 ウミウシ短期合宿初日と瀬良垣ボート

今日はウミウシラブなお2人と、お子さんを保育所に預けて潜るリピーターのご夫婦のお …

シラタマツガルウミウシ
1/18 レッドでシラタマ

寒いねー。最高気温が18℃の沖縄です。こんな日はレッドビーチの温水シャワーが身に …

シラタマツガルウミウシ
12/13 特大シラタマ

陸仕事をするつもりで過ごしていたら、仲良しイントラのTさんから海へのお誘いをいた …

テングカワハギ
9/15 ホタテが大漁

ダイビングのお客さんがいなかったので、調査もかねて真栄田岬に沈んできました。噂で …

ホタテツノハゼ属の一種
10/25 泥ハゼ in レッドビーチ

いつものリピーターさんが2名。風は北風。レッドビーチに行ってきました。 沖縄本島 …

シラタマツガルウミウシ
2/16 前線通過は赤浜で回避

昨日までの穏やかな海が今日の昼前には終わってしまう。そう前線通過は昼前だ。つまり …