スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2015年スピッツ的生物ランキング第2位 ホソカワインドカエルウオ

      2016/02/05

第2位にランクインしたのは、ホソカワインドカエルウオです。ネットで名前検索しても、あまりヒットしてこない。ヒットしてサイトに飛んでみても、あまり詳しく載っていない。そんなカエルウオです。

和名のついたのは1999年なので、まだ比較的歴史の浅いカエルウオです。

このときが私も初見。すぐに、おっ!! ホソカワインドカエルウオだっ!! と、わかるわけもなく、変なカエルウオがいる……という第一印象です(第一印象はだいたいそうですが……)。

基本はサンゴの奥に隠れているのですが、たまに表に出てくる。でも、数秒でまた奥に戻っていく。それの繰り返し。撮影するのはすんごい難しい。

で、じっ~と見ていると、奥のサンゴの上に戻ると、けっこう止まっている。隙間の狭い、サンゴの隙間をよく見ながら、なんとかズームしてホソカワインドカエルウオがフレーム内に収まる隙間を見つけて撮影したのが下の写真。

ホソカワインドカエルウオ

ホソカワインドカエルウオ

と、この写真の2枚だけ。

ホソカワインドカエルウオ

ホソカワインドカエルウオ

でも、よく見てみたら……。現場では気付けなかったけれど、卵を守っていたんですね。目のできている卵がサンゴに産み付けられています。

その後もここのポイントに行く度に、ちゃんとした写真を撮ろうとお客さんともどもがんばってみるのですが、撮れたためしがない。接近するとほんとうに奥から出てこないし、遠くからだと濁っていて、鮮明に撮影できない。

なかなか難しい……。

そう、ここは濁った水域。ポイントの名前は那覇シーサイドパークです。みんながニシキテグリを見ている横にホソカワインドカエルウオは隠れているのです。

ニシキテグリもいいけれど、今度シーサイドパークに行ったら、ホソカワ君にも出会ってみてくださいね。

インドカエルウオとの区別は目の上の皮弁の形状だそうで、ホソカワインドカエルウオは皮弁が分かれているそうなのですが、この2枚の写真だと、なかなかその部分もちゃんと見えなくって、判断が難しいですね。

今年こそ、ちゃんと撮ってあげたいぜっ!!

第3位|第1位

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 2015年度ランキング, スピッツ的生物ランキング , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

2009/12/20撮影 フラッシュな自然光 コンテリボウズハゼ オス
2009年スピッツ的生物ランキング第2位 川のハゼたち

2009年は川の魚をいろいろ見られた一年でした。冬にはじめたやんばるの山と川の散 …

カミソリウオ
2006年スピッツ的生物ランキング第6位 カミソリウオ

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

2013/10/20撮影 イレズミウミヘビ
2013年スピッツ的生物ランキング第8位 イレズミウミヘビ

図鑑では見たことがあったけれど、初見。ウミヘビの仲間には2種類あって、爬虫類のも …

ツマジロオコゼ
2010年スピッツ的生物ランキング第10位 「虫の目レンズ」との出会い

2010年の第10位は生物じゃないです。申し訳ない。「虫の目レンズ」との出会いと …

2013/2/3撮影 Paralatreutes bicornis パララトレウテス・ビコルニス
2013年スピッツ的生物ランキング第10位 名もなき甲殻類

まず第10位は名もなき甲殻類たち。 このエビは寒い2月に東海岸の宜野座という村か …

ホムラハゼ 8/11/2014
2014年スピッツ的生物ランキング第3位 ホムラハゼ

ホムラハゼには年に何度か出会います。が、だいたいは一瞬でガレ場の下に潜り込まれる …

メガネオウギガニ
2015年スピッツ的生物ランキング第5位 極浅の生物

スピッツはビーチダイビングもメニューに入っている。特にじっくりマクロ観察、撮影し …

2008年7月8日撮影 ユキンコボウシガニことオガサワラカムリ
2008年スピッツ的生物ランキング第9位 ユキンコボウシガニ

マイミクさんの情報からその存在を知ったカニです。まさか小さなチャツボボヤの下にこ …

コシオリエビの仲間、Galathea erythrina
2017年スピッツランキング第3位 オオオキナガニとGalathea erythrina

2017年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

2012/9/26撮影 カエルアンコウ~ヘアリーフロッグフィッシュ~
2012年スピッツ的生物ランキング第1位 カエルアンコウ~ヘアリーフロッグフィッシュ~

2012年の第一位は個人的に好きな魚。ヘアリーフロッグフィッシュのダブルです。 …