スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

2015年スピッツ的生物ランキング第5位 極浅の生物

      2016/02/05

スピッツはビーチダイビングもメニューに入っている。特にじっくりマクロ観察、撮影したいお客様にはビーチダイブはお勧めです。

2015年はボートダイブではまず行かない、行けない。そんな極浅の水深で観察、撮影することの多かった1年でした。スピッツではタイドプールダイブも頻繁に行っていますが、タイドプールダイブはもう何年も前から潜っていて、特に目新しい生物の登場などはありませんが、人気メニューの一角をゆるぎないものとしています。

タイドプールとはちょっと違う、干潮時間になれば、干上がってしまうほどの浅い場所。潮見表を見て、満潮時間じゃないと遊びに行けないような、そんな水深です。

そんな場所にいたのは、ゴテンカエルウオ。ネットでググッテもまだ沖縄からの報告とかほとんど見つけられません。伊豆、串本、柏島、屋久島なんかのダイビングショップが載せている記事は見るのですが、沖縄のダイビングショップが載せているのは全然検索してもヒットしない。

沖縄での他のポイントでも見つけられるか、ぜひ今年は捜索の手を広げてみたいです。

ゴテンカエルウオ

ゴテンカエルウオ

あと、目の後の白い線が特徴的なヒメツマリギンポもいました。

セイシェルズブレニー改めヒメツマリギンポ

セイシェルズブレニー改めヒメツマリギンポ

ちなみにこちらは、ツマリギンポです。

ツマリギンポyg

ツマリギンポyg

そして、その水深が大好き。そこでいいの? じゃなくて、ここがいいの!! と、いう声が聞こえてきそうなほど、浅場の小さな穴に住んでいるヒメメガネオウギガニ。

穴が小さすぎて、顔が全部見えない、撮れない。

ヒメメガネオウギガニ

ヒメメガネオウギガニ

こんな家です。

ヒメメガネオウギガニ

ヒメメガネオウギガニ

たまに両目が見えている個体もいますが、ほとんどの個体が片目だけで穴から外を見ているよう。ようやく両目が見えている個体にもめぐり合えました。

ヒメメガネオウギガニ

ヒメメガネオウギガニ

そして、こちらは陸上写真。彼らの巣穴は完全に陸にありました。メガネオウギガニです。ヒメメガネオウギガニよりもサイズはちと大きめでした。

メガネオウギガニ

メガネオウギガニ

2016年もこの極浅の環境を楽しんでガイドしたいと思います。リクエストしてね。

メガネオウギガニ

メガネオウギガニ

なんか目がより離れているような……。

第6位|第4位

The following two tabs change content below.
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 2015年度ランキング, スピッツ的生物ランキング , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

ギンガメアジ 12/15/2014
2014スピッツ的生物ランキング第8位 ギンガメアジ

今冬は珍しいことに、金武のレッドビーチにギンガメアジが出現。しかも、群れです。レ …

2010/9/7撮影 オキナワハゼsp2
2010年スピッツ的生物ランキング第4位 オキナワハゼsp2

地味と言ってしまえばそれまでだ。しかも大きい。8~10センチぐらいある。どでぇー …

センネンダイ
2006年スピッツ的生物ランキング第9位 センネンダイ

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

2010/12/5撮影 ツノカサゴ
2010年スピッツ的生物ランキング第1位 ツノカサゴ

えらい魚に出会ってしまった。第一印象はそんな感じ。こんな眉毛? の魚とは間違いな …

2013/6/20撮影 ヒメヒラタカエルアンコウ
2013年スピッツ的生物ランキング第4位 ヒメヒラタカエルアンコウ

かなり昔に一度だけ出会っていたと記憶しているが、ほとんど初対面・・・、そんな魚で …

アヤニシキなのかな?
2017年スピッツランキング第10位 アヤニシキ

2017年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …

2009/12/20撮影 フラッシュな自然光 コンテリボウズハゼ オス
2009年スピッツ的生物ランキング第2位 川のハゼたち

2009年は川の魚をいろいろ見られた一年でした。冬にはじめたやんばるの山と川の散 …

アオセンミノウミウシ
2006年スピッツ的ウミウシランキング第10位 アオセンミノウミウシ

かなり前のランキング。前のHPから移すのを忘れていた……、いや、面倒くさくて、お …

2012/5/1撮影 ドウクツシマベニハゼsp
2012年スピッツ的生物ランキング第2位 ドウクツシマベニハゼsp

こんなのいるんだ・・・・とびっくりしたハゼです。瀬能先生に教えてもらって、スピッ …

コシオリエビの仲間、Galathea erythrina
2017年スピッツランキング第3位 オオオキナガニとGalathea erythrina

2017年を振り返る毎年恒例の企画。スピッツ的生物ランキング。オーナーガイド、世 …