スピッツ世古沖縄サイト

沖縄恩納村をベースに沖縄情報を発信

*

1/5/2015 サクラエリオス・キレムボサ

   

2014年末からはじまった昨年度のウミウシ合宿は2015年の1/5で終わりまして、そう、この日が最終日。前日の徒労感の残るダイビングから一転させたいと気合を入れてスタート。

浅場で見られた、クラテナ・シンバのような奴。

クラテナ・シンバかな?

クラテナ・シンバかな?

古い図鑑だとグロッソドーリス・シンメトリクスという学名で載っているこのウミウシ。新しい図鑑を確認してみたら、その学名で検索しても、その学名が載っていない。で、グロッソドーリスspという扱いで写真が載っていました。学名がなくなっちゃうってこともあるってことなのかな?

グロッソドーリス・シンメトリクスという学名だと思っていたら最新の図鑑ではグロッソドーリスsp扱いになってました

グロッソドーリス・シンメトリクスという学名だと思っていたら最新の図鑑ではグロッソドーリスsp扱いになってました

ツノゲミノウミウシだね。

ツノゲミノウミウシ

ツノゲミノウミウシ

なんかちょっと感じが違うけれど、ケラマミノウミウシでいいのかな。

ケラマミノウミウシ

ケラマミノウミウシ

見る人によっては、人の顔に見える……ホヤです。見えますかね?

ホヤ

ホヤ

センテンイロウミウシと違うっ!! と思って撮影したけれど、やっぱりセンテンイロウミウシなのかな。

センテンイロウミウシと違うよね?

センテンイロウミウシと違うよね?

で、努力していれば、当たりにも出会う。その当たりがこいつ。サクラエリオス・キレムボサ。超キレイっ!! Sakuraeolis kirembosa Rudman, 1980 です。

サクラエリオス・キレムボサ

サクラエリオス・キレムボサ

しかも大きさが1.5~2.0センチぐらいあって大きいので存在感も半端ねぇ~って感じでした。

サクラエリオス・キレムボサ

サクラエリオス・キレムボサ

ミノの中の黄色と青の色合いもやばいです。

サクラエリオス・キレムボサ

サクラエリオス・キレムボサ

お客さんが撮影してから、再撮影してしまった。しかもミノ撮り。だつて、本当にキレイなミノだったからね~。

サクラエリオス・キレムボサ

サクラエリオス・キレムボサ

いっぱい載せとこう。今後、また出会えるかわからないし~。

ホント、美しいぃぃぃぃぃっ!!

サクラエリオス・キレムボサ

サクラエリオス・キレムボサ

オショロミノウミウシ属の一種に、

オショロミノウミウシ属の一種

オショロミノウミウシ属の一種

だれですかね……。

ミノウミウシの仲間

ミノウミウシの仲間

この人も誰ですかね……、でも、色合いがきれい、なんか……しゅっとしたはるな~。

ミノウミウシの仲間

ミノウミウシの仲間

わかりやすい奴にもたくさんで会えました。ネアカミノウミウシ。

ネアカミノウミウシ

ネアカミノウミウシ

ウミウシを探していたら、背中に白い点々があるベニハゼがいまして……。

ベニハゼの仲間

ベニハゼの仲間

撮影していると、白い点々がだんだんつながって、白い線みたいになっていった。このベニハゼはだれなんだろうか?

ベニハゼの仲間

ベニハゼの仲間

かわいらしい色合いのチゴミノウミウシです。

チゴミノウミウシ

チゴミノウミウシ

シロタエイロウミウシに、

シロタエイロウミウシ

シロタエイロウミウシ

ネアカミノウミウシや、

ネアカミノウミウシ

ネアカミノウミウシ

エラハリキヌハダウミウシと呼ばれているタイプのキヌハダウミウシの仲間や、

キヌハダウミウシの仲間

キヌハダウミウシの仲間

水面近くを群れで泳いでいったのはクロダイの仲間みたいな魚たちでした。

クロダイみたいな魚ですね

クロダイみたいな魚ですね

ルージュミノウミウシに、

ルージュミノウミウシ

ルージュミノウミウシ

ミドリガイの仲間、

ミドリガイの仲間

ミドリガイの仲間

アカボシウミウシですかね……。

アカボシウミウシかな

アカボシウミウシかな

色が薄いけれど、こちらもネアカミノウミウシかな。

ネアカミノウミウシ

ネアカミノウミウシ

ジュッテンイロウミウシもいました。

ジュッテンイロウミウシ

ジュッテンイロウミウシ

エキジット間際に出会った、アミメミノカエルウオ。目が合うことは多いけれど、たいてい瞬時に逃げられちゃう。このときは、一枚だけ撮らせてくれました。

アミメミノカエルウオ

アミメミノカエルウオ

今回、2014~2015のウミウシ合宿は40本のダイビングで、お客様カウントによると、204種類のウミウシと出会えたとのことでした。努力が徒労に終わる日もあったけれど、今日みたいにキレイなサクラエリオス・キレムボサに出会えることもある。

潜らなければ、なににも出会えないし、やっぱ、潜ると楽しいことに出会えますね。

お客様、ありがとうございました~。

The following two tabs change content below.
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 01/2015, ダイビングログ , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

エリグロギンポ+フィッシュアイモード
9/27 エリグロギンポで遊ぼう

たしか、台風が接近していたんじゃなかったかな、この頃。そのうねりが東西海岸に押し …

クロスジリュウグウウミウシ
1/19 北部でマクロダイブ

ウミウシオンリーのリピーターさんが帰って、今日のリピーターさんはなんでも好きなお …

黒線の太いカクレクマノミ
5/2 GW6日目 山田3ダイブ

風波は穏やかになりつつあるもののうねりが消えない恩納村。そんな中でうねりを避けて …

アカオビマツカサウミウシ
2/20 砂辺でのんびり

今冬、2回目の砂辺にやってまいりました。 沖縄でダイビング屋さんとリバートレッキ …

ハナカエルウオ、メスを誘うダンスを踊るオス
5/19 求愛ダンス

リピーターさん最終日。そこに地元のリピーターさんも追加。ポイントは迷いに迷って、 …

ナカモトイロワケハゼ
9/26 透明度最高~!!

リピーターさんの最終日。今日は地元のリピーターさんも合流して楽しく潜ってきました …

ツノテッポウエビ属の一種
6/2 調査ダイビング

梅雨だというのに、夏のような青空が広がってしまった。お客さんがいないので、1人で …

ボブサンウミウシ
2/14  ウミウシいろいろ

風の予報は北東から東。西海岸周辺は風波こそなくなって穏やかになったものの、うねり …

コビトスズメダイyg
沖縄本島でコビトスズメダイ、ヘアリーフロッグフィッシュ

多忙につき、全然更新できなくなってきた。いつもの夏のスピッツだと言われれば、そう …

トラパニア・スクッラ
1/5 ウミウシダイブ最終日 トラパニア産卵中~

13日間のウミウシダイブも今日で最終日。 が、あいにくの風回りで、南風から始まっ …