スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

8/31 マクロ好きリピーターさん来襲

   

今日からのリピーターさんはいろいろな生物をじっくり観察、そして撮影するお客様で、滞在中、幸運にもマンツーのときのほうが多く、じっくり潜るには最適だし、いろんな環境を探検もできるのだ。

まずは、深場の穴を攻めてみました。

すると、ケブカゼブラガニと出会えました。しかも、彼の住居はリュウキュウフクロウニ。実にきらびやかなウニです。

ケブカゼブラガニ

ケブカゼブラガニ

ね? ゴージャスな色のウニでしょう?

リュウキュウフクロウニに住んでいました

リュウキュウフクロウニに住んでいました

出入り口が三角形しているトライアングルホールにも入ってきました。

トライアングルホール

トライアングルホール

リーフエッジではバオバブカイカムリとも遭遇。

バオバブカイカムリ、トゲトサカ背景バージョン

バオバブカイカムリ、トゲトサカ背景バージョン

近くにあったトゲトサカが赤色だったので背景に取り込んでみました。

バオバブカイカムリ、トゲトサカ背景バージョン

バオバブカイカムリ、トゲトサカ背景バージョン

エキジットの時はうねりがすごかった。水中波乗りしながら戻りました。くわばらくわばら。

うねりの下をかいくぐってエキジット

うねりの下をかいくぐってエキジット

で、そんなうねりの中、2本目は安全志向を目指し、内湾にポイント変更。台風のあとはけっこう荒らされてしまった内湾だけれど、アカントフェックス・レウリニスはまだまだいました。こちらが普段見る黒色バージョン。

アカントフェックス・レウリニス

アカントフェックス・レウリニス

今日は白色というか、黒色じゃないバージョンも見られました。最初はなんだろうか? と思っていたのだが、寄って撮影し、写真を拡大してみると、

アカントフェックス・レウリニス

アカントフェックス・レウリニス

エラ付近にある突起がレウリニスの最大の特徴なので、まさにレウリニスですね。こんな色の個体は初見かもしれない。

アカントフェックス・レウリニス

アカントフェックス・レウリニス

セグロチョウチョウウオの子供は内湾らしい存在です。あまりキレイな海では見られないような気がする。

セグロチョウチョウウオyg

セグロチョウチョウウオyg

写真が上手に撮れていないので、根拠に欠けるが、オキナヒシガニではないでしょうか?

オキナヒシガニでしょうか?

オキナヒシガニでしょうか?

先日も載せたアマミウシノシタyg。この日も会えました。

アマミウシノシタyg

アマミウシノシタyg

顔のアップも。

アマミウシノシタyg

アマミウシノシタyg

図鑑で調べるとカクレクルマエビぐらいしか該当するものが見つけられないのは、自分の我慢のなさが原因でしょうか? なにもの?

カクレクルマエビ?

カクレクルマエビ?

こちらも「日本のベラ大図鑑」を見てみるのですが、それらしきものに当たりません。

ヒラベラの仲間

ヒラベラの仲間

こちらは小さすぎて、なにハゼなのかよくわからない……。

だれでしょうか?

だれでしょうか?

このヨコシマエビも小さかった……

ヨコシマエビyg

ヨコシマエビyg

小さくてもTG4には顕微鏡モードがある。ふふふ。恐れるに足らぬ。

ヨコシマエビyg

ヨコシマエビyg

サイズは1センチぐらいかな。

ヨコシマエビyg

ヨコシマエビyg

フィッシユアイモードで撮影。

ヨコシマエビyg

ヨコシマエビyg

お客様がいろんなネタに夢中になっておられる間に半水面写真を撮ってみた。コンデジで半水面写真は厳しいね。もっとワイドレンズがほしい……

タイドプールで半水面にトライ

タイドプールで半水面にトライ

ハナカエルウオのディスプレーかな。背びれ、強烈に広げてますね。

ハナカエルウオ

ハナカエルウオ

いつ見てもふてぶてしいキカイカエルウオ。

キカイカエルウオ

キカイカエルウオ

小3の長女、なにかあると、キモッとよく言う。テレビを見てて、キモッ。変な食べ物見て、キモッ! その言葉を聞くたびに私の中で想起するのはキモガニだ。

キモガニ

キモガニ

この顔がキモッ!! なのかな?

キモガニ

キモガニ

普段はあまり撮らないサンゴの隙間に住んでいるカニたちを撮ってみました。図鑑で調べたらテトラリア・キンクティペスかな? という個体。目の間の蛍光ブルーのようなラインがかなり特徴的だ。それにしてもギョロ目たね。顕微鏡モードはこーいう被写体にまさにうってつけでしよう。

テトラリア・キンクティペスかな?

テトラリア・キンクティペスかな?

名前……わからないね~……

なんでしようか? ヒメサンゴガニの仲間でしようか?

なんでしようか? ヒメサンゴガニの仲間でしようか?

無難にヒナギンポなんかも撮ってみる。

ヒナギンポ

ヒナギンポ

そして、大好きなメガネオウギガニ。なんで、そこまで目が離れちゃうのかな……。

メガネオウギガニ

メガネオウギガニ

図鑑のメイロケブカガニとはかなり違うけれど、この赤い涙と甲羅の八の字模様の赤線が特徴的ですね。

メイロケブカガニ

メイロケブカガニ

いろいろ見られました。明日以降、より濃密に攻めましょう。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 08/2015, ダイビングログ , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

コヤナギウミウシ属の一種
7/4 今日もマクロダイブ

ロングステイしていただいていたリピーターさんたちの最終日。ヤシャハゼが撮りたいと …

カエルアンコウの仲間、子供
9/23 残念ヘルフリッチ

今日もリピーターさんたちとボートダイビング。 沖縄本島恩納村のダイビング屋さん& …

ハナカエルウオ、メスを誘うダンスを踊るオス
5/19 求愛ダンス

リピーターさん最終日。そこに地元のリピーターさんも追加。ポイントは迷いに迷って、 …

ツバメウオ
12/9 レッドブルーでワイドにトライ

午前中にちょこっとダイビング。午後から出来上がったウエットスーツを取りに行かない …

スミレナガハナダイ、オス
3/20 波を乗り越えボートダイブ

頻繁に潜りにきていただいている、ありがたいリピーターさんと今日もダイビング。北東 …

ツノザヤウミウシ
1/4 ウミウシ合宿11日目、泥地にて捜索

レッドビーチもたくさん潜ったし、矛先を変えて別の泥場を転々と移動するプランを提案 …

ニシキヤッコyg
10/10 新規のお客様、雨に泣く

今回のお客様はスピッツを初めて使う選択をしていただいたご夫婦です。このHPを見て …

ナカモトイロワケハゼ
5/17 ナカモト牧場におじゃま

北部にも行ってみたいと事前にリクエストももらっていたので、行ってみました。 沖縄 …

ミュヤ・ロンギコルニス
5/3 北風GW~

今日から北風。GW前半はあんなに良いお天気と海況だったのに……。 沖縄本島恩納村 …

クジャクベラ
11/5 クジャクベニヒレカールおじさん

地元のお客様と一緒にボートダイビング。特にポイントのリクエストもなく、同船された …