10/2021 2021log ダイビングログ

ウミガメの増加する恩納の海でミヤビウロコウミウシと初見の出会いがゴージャス 2021/10/9

ミヤビウロコウミウシ

10月はリピーターさんがロングステイされたのでたくさん潜りました。

そして楽しい出会いもありました。きれいだったー。

今日はいつものリピーターさん。

ポイント

  • 晴れ 気温31℃
  • 透明度20-25M
  • 1st dive 久しぶりにチンヨウジで遊ぶ
  • 2nd dive 嬉しい出会い、ミヤビウロコウミウシ発見

1st dive

ハマクマノミ

前回も撮影。

帰宅後、PCの画面で見てイソギンチャクの色が美しいことに気付く。

なので改めて撮ってみた。

ハマクマノミ
ハマクマノミ

うんうん。

シックな感じで、個人的に好きな色合いです。

チンヨウジ

こんな魚、教えてもらわなかったら絶対知りえないよね。

私が初めて知ったのは2012年ごろ、那覇の「ドルフィンキック」のHPに載った写真だったと思う。

Joe

こんなのいるんだっ!!!

と、かなりの衝撃でした。

ホストとなるサンゴはアザミサンゴなのですが、

ここのわずかな隙間にこんな魚が隠れているなんて、

当時はまったく知りませんでした。いつでも素通りしてました。

チンヨウジ
チンヨウジ

砂辺で探していたら、先に見つけていた那覇のIさんから場所を教えていただけて初対面できました。

その後、いろんなポイントで見つかり、目新しさは消えましたが、変てこりんな生物だという認識は消えません。

そして、探す目が増えるにつれてチンヨウジの仲間も見つかりました。

Bulbonaricus davaoensis

Bulbonaricus davaoensis

チンヨウジの世界にもいろんな種類がいるようで……。

今までダイビングしかしてこなかったような人生だったけれど、

そんな海の中にさえ知らないことってまだまだいっぱいあるんだなーと謙虚になれた出来事でした。

水温28℃

下がらないですね。素晴らしい。

水温28℃
水温28℃

チンアナゴ

こんなところにチンアナゴ?

チンアナゴってたまにそーいう出現の仕方しますよね。

チンアナゴ
チンアナゴ
momi

ガイドさんってチンアナゴをよく紹介しますよね? なんで?

答えはシンプル。ガイドしやすいからです

spitzseko
  1. 姿が魚っぽくないので教えやすい ⇒ 魚を紹介するときは、どれも魚の形をしているのでどれを紹介しているのか伝わらないことが多い
  2. アナゴという名前が細長い生物を想起させ、お客さんにも姿をイメージしやすい
  3. 底から体を伸び縮みさせている一風変わった生態
  4. 水族館でもよく展示されていて人気がある ⇒ ナマの本物を見てみたいという欲求がお客さんにもある
momi

いろんな場所でチンアナゴ見てきたと思うけれど、どこのチンアナゴが一番ガイドしやすかったですか?

そりゃー、水納島の「ポートサイド」だね

spitzseko

水納島にある「ポートサイド」というダイブポイントのチンアナゴは本当に隠れなくて、すぐそばまで行っても、にょろにょろ出てくる。

モルディブで見せるのに息をひそめて苦労していた頃から比べると、

spitzseko

ちょっとありえない……

それぐらい寄れる、撮れるチンアナゴでした。

2nd dive

全然潜れていなかったこのポイント。久しぶりだ。

「ニシキフウライウオがいるよ」と、聞いていたのだがもういなかった。

旅立たれてしまいました。一足遅かったです。

ウミガメがいっぱい

最近の恩納村の海ではウミガメの増加が半端ない。

ウミガメ
ウミガメ

なぜ増加しているのか? と、問われれば、海の環境が良くなってきたからに尽きる。

サンゴ増える ⇒ 海藻やカイメンも増える ⇒ 海藻やカイメンを食べるウミガメも増える

と、いうわかりやすい連鎖の結果だ。

そしてウミガメが増えるということは、生殖活動も盛んになり、産卵するウミガメも頻繁に見られるようになってきました。

恩納村観光協会のHPからの記事です

こちらはホテルムーンビーチ内のビーチにウミガメが卵を産みに来た記事です

恩納村でウミガメの孵化が見れるの?

例年6月ごろがウミガメの産卵シーズンと言えます。

沖縄エコツーリズム推進協議会のサイトに県内でウミガメ保護活動をしている団体が紹介されています。

ウミガメの産卵シーズンになると、この方たちが睡眠時間を削って海岸をパトロールしウミガメの産卵、孵化をサポートしています。

ビーチでの直火のバーベキューとか安易なごみのポイ捨てなど止めましょう。

孵化の瞬間を見るのはもう眠気との戦いです。

産卵場所は踏まれたりしないよう、ロープなどで保護され、産卵した日付なども書かれている看板も設置されます。

孵化までの日数は50-60日。

つまり……、そろそろかなーというぐらいしか人間にはわからないってことです。

見たい人は、そろそろかなーという時期に産卵場所でただ待つしかありません。

ライトを当ててはいけないし、騒いでもいけない。ただ静かに待つ。

でも、待ったことのある人にしか体験できないこともあり、それはそれで楽しいのですが……、

やはり……、

momi

待ち時間、長いっすー

もちろん、朝まで待って結局その日は孵化しませんでしたーというのが普通です。

それが普通なんです。いつもそんな感じなんです。

だから沖縄滞在の短い旅行者の方にはお勧めできません。

この日のウミガメは特にいっぱい

進めば進むほど待ち受けるウミガメたち。

ウミガメ
ウミガメ

3個体も一か所にかたまっていました。

コバンザメも大きいね。

ヤッコエイもいたんですが、リピーターさんはマクロ派なのでヤッコエイにはまったく触手が動かない。

ヤッコエイってけっこういろんな人にスルーされてると思います。

ウミガメは見る、マンタやマダラトビエイは見る。でもヤッコエイはスルー。

そんなマクロ派ダイバー多いよね。

いいんですよ。それが趣向です。スルーで大丈夫。

限りある潜水時間、自分の趣味趣向に偏ったダイビングしましょう。

ヤッコエイ
ヤッコエイ

ミヤビウロコウミウシ

そんなワイドなネタばかりだったダイビングで巡り合う至高の一品。

出会いはいつだって突然なものさ。

発見時の状態

写真の状態でいました。岩にくっついてました。

発見してそのまんま撮影。これが最初のカットです。

ミヤビウロコウミウシ
ミヤビウロコウミウシ

ウロコ系のウミウシだってことはその瞬間にわかりましたが、正確な名前まではわかりませんでした。

でも、これは、安易に触れてはいけない奴だと悟ってもいました。

ウロコ系のウミウシは自分の大きなミノを自切してしまう種類が多く、何も考えず適当に触ってはいけません。

ゆっくり見ていると、次第に移動していくので、そこで撮影。

すると2個体が身を寄せ合っていたことがやっとこさ判明。

そのうちの1個体を観察。

ミヤビウロコウミウシ
ミヤビウロコウミウシ

ウロコ系によくあることだが、どちらが頭かわかりません。

頭の方向を見極めよう

こーいう時は動き出すのを待つのに限ります。

進行方向に頭があるので、よく見ると触角も見えてきます。

ミヤビウロコウミウシ
ミヤビウロコウミウシ
Uta

触角、見えた!! ウロコの色が……う、美しいぃぃぃぃぃ

なんじゃ、このゴージャスなウミウシはっ!!!

ミヤビウロコウミウシ
ミヤビウロコウミウシ

おおおお、腹足の裏側も見せるサービスっぷり。

ミヤビウロコウミウシ
ミヤビウロコウミウシ
Uta

目も見えましたね

ウロコ系は大きすぎるミノに隠されてしまって、目が見つけにくいんですが、ようやく見えました。

ミヤビウロコウミウシ
ミヤビウロコウミウシ

肉眼で見える色彩、模様。

フラッシュライトを当てた時の色彩や模様。

それらのギャップがすごくて、それも魅力のひとつですね、このウミウシは。

Joe

ホント、すごいゴージャス!!

ミヤビウロコウミウシ
ミヤビウロコウミウシ

ミノだけをアップで撮影してみた。

ウミウシのミノには見えないね。ホヤを想起させる。

ミヤビウロコウミウシ
ミヤビウロコウミウシ

その後、元の場所にちゃんと戻しておいたら、10/16までは確認できたようです。

場所を聞いてきた人に教えたら、皆さん「見れましたよー」って教えてくれたので。

今週になって恩納村の海はすっかり荒れてしまったけれど、まだいるのかどうか、今度行ったら確認してきますね。

まとめ

  1. 透明度は20m。水温はまだ28℃。
  2. チンヨウジはまだ健在。最初に見つけてから5年以上同じ場所で継続して見られています
  3. チンアナゴも撮りやすかった
  4. ウミガメが増加する恩納村の海には理由がある ⇒ サンゴの増加による食べ物の増加、増えたウミガメの産卵行動を保護する村民の行動
  5. ミヤビウロコウミウシとの出会い 初見のウミウシでとってもゴージャス。美しいウミウシでした

  • この記事を書いた人

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。沖縄から発信するちょっと気になるあれやこれや

人気記事

1/14/2016 コンテナ全景 1

スピッツはダイビング屋さんである。 このホームページだって、ダイビングのことばっかり書かれている。 しかし、人気記事のカテゴリーを見ると、 いつも人気ランク第1位にはサビキラープロのことを書いたページ ...

コンテナ引き渡し日の状態 2

中古スチールコンテナの処分、処分費用に悩んでいる人向けの記事になっています。このページを見ると、どうすれば格安で処分できるのかのヒントにはなるはず。 もくじ1 まとめ2 閉まらない扉が恐怖をあおる3 ...

名護ひがし食堂ぜんざいバー 3

沖縄生活20年越のスピッツ世古です。今日も懲りずにアイスの紹介です。 2年目のコロナ夏、緊急事態宣言延長期間が長すぎて感覚が鈍化してきましたが、デルタ株の感染力は強いんですね。新規陽性者数の増加が止ま ...

ケースを外すとこんな感じ、ウエスタンデジタル社製のHDDが入っていました 4

仕事用ではなかったのだが、家庭用のハードディスクが壊れてしまいました。原因は次女がコードをひっかけて机の上から落としてしまったこと。それまでは元気に動いていました。あらららら……。 もくじ1 「外付け ...

タイワンオオムカデの顎肢 5

もくじ1 まとめ2 沖縄のムカデ、タイワンオオムカデ3 初期症状3.1 冷やすべきか? 保温すべきか?4 2021/9月現在、明瞭にわかっていること5 判断基準5.1 なぜお湯ではなく水で洗浄するのか ...

-10/2021, 2021log, ダイビングログ
-, ,