スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

5/11 今年のランキング1位は早くも決まり?

   

明日、台風がやってくる。港のボートの多くはすでに陸揚げされていました。でも、風は南もしくは南東から吹いていたので、恩納村の海はけっこう穏やかになっていて全然ダイビングできますね~って感じ。そんな時に優しくボートの手配をしていただけたうみんちゅの船長さんたちには頭の下がる思いでございます。感謝。潜れてよかったです。

昨日の4ヶ月の赤ちゃん連れご家族の2日目です。今日は午前にパパが、午後からママが。港からホテルまでは車で15分ほどなので、午前中ママと赤ちゃんはホテルでゆっくり休むことができました。海とホテルが近いとこんなプランでも潜れるので、恩納村ってホントいいなぁ~と思いました。

砂地ではトウアカクマノミを見てきました。もういろんな場所で卵を産んでいるクマノミたちを観察できるようになっています。

トウアカクマノミ

トウアカクマノミ

なんだ、この貝…。ミルの仲間なのかな? こんなに長く伸びてる。

なんだ、この貝は?

なんだ、この貝は?

定番のウミテング。

ウミテング

ウミテング

今日は3個体がかたまって移動していました。別の場所に2個体のウミテングがいたので、全部で5個体もいました。こんなにいるんだね…。びっくり。

ウミテング

ウミテング

サッカー好きなら、ウミテングと聞くとつい連想してしまうボアテング選手。シャルケを解雇されたそうだが、がんばってね~。

現シャルケでプレーする元ミランのボアテング

現シャルケでプレーする元ミランのボアテング

ドロップオフではピグミーシーホースもいました。

ピグミーシーホース

ピグミーシーホース

大きなカメは最近の常連さん。大きなコバンザメを従えています。

コバンザメ付きウミガメ

コバンザメ付きウミガメ

穴から出てきました。

コバンザメ付きウミガメ、穴から出てきました

コバンザメ付きウミガメ、穴から出てきました

他のショップのお客様がワイドレンズ装着のカメラでがんばっておられました。

大きなウミガメを撮影する他店のお客様

大きなウミガメを撮影する他店のお客様

エビ穴に入ったら、カノコイセエビが2匹いました。

カノコイセエビ

カノコイセエビ

いつもいるハナゴンベ。こちらは完全に大人ですね。口が半開きになってる。

ハナゴンベ大

ハナゴンベ大

去年から見ていたハナゴンベの小さい奴らがもうすっかり大きくなって、巣穴を変えていました。こちらはもうすぐ大人になるであろう、立派な個体。

ハナゴンベ中…といっても、もう大きいです。今日見た中では中

ハナゴンベ中…といっても、もう大きいです。今日見た中では中

こちらが今、見ている中でもっとも小さい個体。小さいほど体色のオレンジが濃くて綺麗です。

ハナゴンベ小…といっても、もう大きいです。今日見た中では小

ハナゴンベ小…といっても、もう大きいです。今日見た中では小

ゼニガタフシエラガイはリーフのくぼみに隠れていましたので、出てきてもらいました。あいかわらず大きなウミウシです。そう、これはウミウシなのです。

ゼニガタフシエラガイ

ゼニガタフシエラガイ

ヒラベラ? 目の後ろの黒点がずれちゃっているのか? なんなのか? いつもより多いですよね。あんなにたくさんになるものなのでしょうか?

ヒラベラ?

ヒラベラ?

そして昨日見つけたアイドル、ヒメヒラタカエルアンコウは今日も同じ場所にいました。口を開いて、なんか喋っているのかな?

ヒメヒラタカエルアンコウ

ヒメヒラタカエルアンコウ

手のようなムナビレを広げた場面がありました。変わった模様ですね。

ヒメヒラタカエルアンコウの手(ムナビレ)の模様が変わってる

ヒメヒラタカエルアンコウの手(ムナビレ)の模様が変わってる

アップにするとこんなお手てです。

ヒメヒラタ君のお手てアップ

ヒメヒラタ君のお手てアップ

そして、昨日Tくんから聞いていたジョーフィッシュを探してみることに。すると、ホントだ。大きい頭が出ているじゃ~あ~りませんか!!

特大のジョーフィッシュ、カエルアマダイの仲間

特大のジョーフィッシュ、カエルアマダイの仲間

ゆっくり寄ってくと、けっこう寄れました。しかも、やっぱり、でかっ!! ご立派な面構えをしておられる。

特大のジョーフィッシュ、カエルアマダイの仲間

特大のジョーフィッシュ、カエルアマダイの仲間

いると外せません。ハマクマノミの子供個体。

ハマクマノミ赤ちゃん

ハマクマノミ赤ちゃん

そして、このネタ。…。まさか、こいつに出会えるなんて、全然考えていなかった。そして、出会った周囲には誰も他のダイバーが現れず…。来たら、教えてあげようとキョロキョロ見回せど、誰も来なかったので、結局、スピッツチームしか見られませんでした…。ボロカサゴを。

ボロカサゴ

ボロカサゴ

ボートに上がっても、ちょっと言い出せない。「あの…ボロカサゴがいました…」なんて言おうものなら、「なんで教えてくれなかったのか」とか言われるだろうし、悔しがること間違いないだろうし、ああああ、なんて言い出せばいいのだろうか…、どうしようか…と考えている間にボートが港に着き、言い出すタイミングを逃したまま、お店に戻ってきてしまいましたので、ここにてご報告。ボロカサゴに出会っちゃいました。すみませ~ん。ごめんなさ~い。

ボロカサゴ前からも撮影

ボロカサゴ前からも撮影

今回の台風で、思ったよりも海は荒れなかったので、まだ見られるかもしれませんね。いや~ここんとこ、潜ればなにかしらの素晴らしい出会いが続いている。完全に冬が終わり、夏が来たね。水温も暖かい場所では24℃を記録し始めています。よしよし。この台風が去って、夏が来るぞ~…って前に梅雨がありました…。忘れていた。

しっかし、2015年度スピッツ的生物ランキング1位、決まりましたかね? という出会いでした。嬉しい。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 05/2015, ダイビングログ , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

ツキホシカクレエビ
11/14 トラフザメ子供に会いたい、タナボタツキホシカクレエビ

いろんなショップのログやいろんな人のFBの投稿記事に出てきているトラフザメの子供 …

アゴハタ
2/3 アゴハタとキンナミミドリガイ

昨日から連荘で潜っていただいております。ありがたや。今日は万座ボートダイブに行っ …

Pentaster obtusatus (Bory de St. vincent, 1827)
7/13 二転三転ファンダイブ

昨晩、恩納豚で上等お肉をご馳走していただいたリピーターご夫婦とのダイビング。当初 …

シラスキバハゼ
10/23 久しぶりの出会いシラスキバハゼ

今日のお客様は女性のリピーターさん2名。スピッツにも長い間遊びに来ていただいてい …

コヤナギウミウシ属の一種
7/4 今日もマクロダイブ

ロングステイしていただいていたリピーターさんたちの最終日。ヤシャハゼが撮りたいと …

アケボノハゼ
3/5 ハナゴンベ3兄弟

東から南寄りの風で恩納村の海はペタペタ……かと思っていたら、そんなこともなくて、 …

トウヨウキセワタ属の1種
12/26 万座捜索、ウミウシ合宿2日目

これを書いている今は、2017/1/12。東北ではたいそうな積雪が。テレビの映像 …

コンペイトウコブシガニ
5/4 コンペイトウコブシガニからツノダシの群れ

う~ん……。風がまわってしまい、東西、どちらの海岸にも微妙なうねりが押し寄せてい …

オショロミノウミウシsp
1/3 ウミウシ合宿11日目、キタキタッ!! ミノ系爆発!!

大晦日のレッドビーチでの手ごたえ感も消失してしまいそう……。元旦、2日とあまりウ …

洞窟に潜入し、ツバメウオに挨拶
6/9 Diving with snorkelling at Cape Maeda

この日はいつもお世話になっている真栄田岬から歩いても5分ぐらいで着いちゃう「あか …