スピッツ世古沖縄サイト

沖縄恩納村をベースに沖縄情報を発信

*

11/8 泥地の消失と移動

   

11月になって初めてのダイビングお仕事。毎年の花粉症に鼻づまりピークの昨今。潜降していくとサイナスがピキーと音を立てて静かに抜けていきます。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

ゆっくり潜降ならば問題なし。しかもここはレッドビーチ。

まぁーなんとかなる水深です。

今日はいろいろあって1ダイブで終了なので、余計に問題なし。

で、やっぱり先月通ったホタテツノハゼ属の一種-5に出会いたいので、今日も行ってみたのだが、底の泥質が変わってしまっていて、発見できませんでした。

 

ロスト!!

 

悲しい。

捜索してきましたが、出会えませんでした。とほほほほ……。

で、その最中に出会えたハゼたち。

カスリハゼは今冬、じっくり向き合いたい。

このシマシマ模様が明瞭くっきりしているタイプと、

カスリハゼ属の一種

カスリハゼ属の一種

模様が比較的曖昧なタイプとに2分されると思うのだが、成長を追って、背びれの様子など観察したいと思います。

カスリハゼ属の一種

カスリハゼ属の一種

上の種類が大きくなってくると下の写真のようになってくるのかな?

カスリハゼ属の一種

カスリハゼ属の一種

大きい奴は、背びれとかビシッと開いてくれるので、撮りやすいけれど……。

この背びれの模様と、尻ビレの模様からたどっていくのがやっぱショートカットでしょうね。

カスリハゼ属の一種

カスリハゼ属の一種

で、当然のようにウシオニハゼも探しました。

元いた場所には姿なし。移動されていました。

が、底の砂と泥もかなり変化していまして、こりゃーたぶん米軍のボートが入ったんだろうねーって感じ。

まぁーそーいう場所なので、それは日常茶飯事。

ボートが入ってくるなんて環境が変わってしまうーと文句を垂れるのではなく、レッドビーチとはそーいう場所であると認識し、その環境の変化そのものを楽しんで潜るのが正解だ。

 

泥があった場所に行くが、泥はない。

フカフカな泥が飛ばされている。

どこに泥地は移動したのだろうか?

ふかふか泥地が好きな生物はきっとそこにいるはずであろう。

まずは泥地の捜索から始めよう。

と、探して、巡り合えた時の嬉しさはレッドビーチならではのものです。

生物がそこにいるのは偶然ではない。環境が生物をそこに誘うのだ。

ウシオニハゼがいる場所にふかふかな泥があるのではなく、ふかふかな泥があるからウシオニハゼが住みに来たのだ。

だから泥場が移動していけば、泥に住む生物はどんどん移動していく。。

ウシオニハゼはそんなことを考えさせられるハゼです。

ウシオニハゼ

ウシオニハゼ

そしてコウガイメナガガザミ。

飛び出た漫画のような目玉がチャームポイント。

コウガイメナガガザミ

コウガイメナガガザミ

あとは普通種の確認をしつつ、

ヤツシハゼ属の一種

ヤツシハゼ属の一種

レッドビーチには珍しくハラマキハゼ発見。

ただ超敏感君でした。

ハラマキハゼ

ハラマキハゼ

遠くからしか撮れなかったので、定かではないがたぶんオキナワスジハゼでしょう。

オキナワスジハゼだと思う……

オキナワスジハゼだと思う……

ナガセハゼの子供も探したのだが、オニサルハゼばかりの結果に。

オニサルハゼ

オニサルハゼ

下のオニサルハゼは最初、すごく濃い色をしていまして、

オニサルハゼ

オニサルハゼ

なんか、ウシオニハゼっぽいけれど、なんか変な奴……。

と、思って、撮影続けていたら、次第に色が褪めてきて……。

普通のオニサルハゼだった……、という感じ。

オニサルハゼ

オニサルハゼ

とても多いニュウドウダテハゼ子供。

ニュウドウダテハゼ子供

ニュウドウダテハゼ子供

成長すると、こんなになっちゃう。

マックスで30㎝を超えるでかさはライブで見ていただけるとわかりやすいです。

ニュウドウダテハゼ

ニュウドウダテハゼ

最後はジョーのように顔だけ出していたヤツシハゼ。

ヤツシハゼ砂潜り中

ヤツシハゼ砂潜り中

ホタテツノハゼ属の一種-5、また探しましょうね。

The following two tabs change content below.
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 11/2020, ダイビングログ , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

ハナゴンベ
11/15 ハナゴンベ団地再訪

今日はボートで出られました。良かったー。神様ありがとう。レッドビーチから脱出です …

カスマの群れ
8/16,17 アドバンス講習をやりつつ……

水中写真のメニューをくわえて、水中写真の楽しさを味わってもらったら、楽しかったの …

カエルアンコウの仲間
5/30 ギンポ・カエルウオの整理ダイブその3

今日も空いた時間を見つけては、調査に出かける。 沖縄本島恩納村のダイビング屋さん …

Poeciloconger fasciatus
8/23.24 講習でPoeciloconger fasciatus

毎年、遊びに来てくれるモルディブからお付き合いのあるご家族。今年は一番下のお子さ …

ミジュン大群
10/31 カタボシとミジュン球

先日の団体様に続いて今日は大阪のショップツアー。毎年お世話になっているオーシャン …

お魚に餌付け中
3/10 寒波到来の中、体験ダイビング

いや~寒かった。久しぶりに豪快に荒れた海・・・の西海岸を横目に見ながらお客様をお …

ミガキブドウガイ
12/26 ウミウシ合宿3日目、順調なり

冬のウミウシ合宿にレッドビーチは外せません。今年のウミウシの出現状況はいかなるも …

Hippocampus denise(ヒポカンパス・デニセ)かな? 通称サンタクロースピグミー
4/24 ピグミー4種盛り

昨日に引き続いて今日も調査。今日はボートに乗ってきました。 沖縄本島恩納村のダイ …

タナバタウオ
7/3 夏到来

昨日が瀬良垣港からの出港で、今日は前兼久漁港。 恩納村めいっぱい楽しんじゃいまし …

テンガンノツユ
5/23 2ダイブ+ウミウシダイブ

週末はちと忙しく、そこに次女ちゃんの発熱などもあり、更新する時間がありませんでし …