スピッツ世古沖縄サイト

沖縄恩納村をベースに沖縄情報を発信

*

10/26 泥ハゼ調査

      2020/10/30

昨日のホタテツノハゼ属の一種が気になって、1人でがっつり撮影したくて1人でレッドビーチ。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

そんな気分になったのは久しぶりのことだが、やっぱ珍しい系の生物に出会えると何者か追及したくなっちゃう。好きなんだろうね、そーいうのが。

コンデジで頑張りましたが、限界を感じた。

昨日のデジイチのお客様の写真はやっぱこまかいところまでちゃんと写っていたからね。

ウミウシならば逃げないからぐっ!! と寄れるのだが、ハゼでは寄れない。

ズームすると解像度落ちる。

顕微鏡モードでかなり接近するのだが、もう少し・・・・・ってところでやっぱり隠れられてしまいました。

ホタテツノハゼ属の一種

ホタテツノハゼ属の一種

ホタテツノハゼ属の一種

ホタテツノハゼ属の一種

ホタテツノハゼ属の一種

ホタテツノハゼ属の一種

いろんな角度から撮影した写真を並べておこう。成果ではある。

ホタテツノハゼ属の一種

ホタテツノハゼ属の一種

ホタテツノハゼ属の一種

ホタテツノハゼ属の一種

ホタテツノハゼ属の一種

ホタテツノハゼ属の一種

ホタテツノハゼ属の一種

ホタテツノハゼ属の一種

巣穴に隠れてしまうと、すぐには出てこないハゼだったので、隠れた後は、その周囲で他のハゼたちと遊んできました。

ニュウドウダテハゼ子供もけっこういます。

ニュウドウダテハゼ子供

ニュウドウダテハゼ子供

ヤツシハゼの仲間も多いです。

ヤツシハゼ属の一種

ヤツシハゼ属の一種

ハナシャコも多い。

ハナシャコ

ハナシャコ

黄色のハゼも多いですが、最も普通種と言ってもいいでしょう。

カスリハゼの子供。

背びれの青色がとてもきれいです。

カスリハゼ

カスリハゼ

そして多分オニサルハゼであろうと思う奴らがいました。

追記、図鑑「日本のハゼ」のS先生に教えていただいたところ、ナガセハゼであろうとのことでした。

そう言われたらそう見えるし、水深も納得。

オニサルハゼ ⇒ 訂正後、ナガセハゼ

オニサルハゼ ⇒ 訂正後、ナガセハゼ

不審に思ったところは背びれの模様です。

黒いラインというか、模様が入っていました。

オニサルハゼ ⇒ 訂正後、ナガセハゼ

オニサルハゼ ⇒ 訂正後、ナガセハゼ

そいつだけじゃなくて、複数個体いまして、ミナミサルハゼ? と思ったのですが、やっぱりこいつらもオニサルハゼなのかな? と思うようになった。

「魚類写真資料データベース」には背びれに模様のあるオニサルハゼってあんまりないんだけれど、丁寧に見ていくと、

「あ、なんか模様みたいなのあるなー」と見えるのがある。

水深8Mにミナミサルハゼがいるであろう可能性よりも、オニサルハゼの個体差だと思う方がはるかに納得する。

追記、図鑑「日本のハゼ」のS先生に教えていただいたところ、ナガセハゼであろうとのことでした。

オニサルハゼ ⇒ 訂正後、ナガセハゼ

オニサルハゼ ⇒ 訂正後、ナガセハゼ

なんか今年は、この背びれに模様のあるオニサルハゼが目立つように感じる。

追記、ナガセハゼであろうとのことでした。

オニサルハゼ ⇒ 訂正後、ナガセハゼ

オニサルハゼ ⇒ 訂正後、ナガセハゼ

そして、こいつ。難解だ。後で追記します。

追記、こいつもナガセハゼであろうとのことでした。

サルハゼの仲間 ⇒ 訂正後、ナガセハゼ

サルハゼの仲間 ⇒ 訂正後、ナガセハゼ

サルハゼの仲間 ⇒ 訂正後、ナガセハゼ

サルハゼの仲間 ⇒ 訂正後、ナガセハゼ

追記、ナガセハゼかー。そう言われたら、ナガセハゼに見えてきた……。

やれやれ。

 

そして……、そうそう。

ウシオニハゼもいました。

ウシオニハゼ

ウシオニハゼ

このサイズのウシオニハゼは敏感です。

すぐに隠れちゃう。

サイズは7㎝ぐらいです。

ウシオニハゼ

ウシオニハゼ

大きいカスリハゼsp。

一緒に住んでいるエビもでっかい。

カスリハゼsp

カスリハゼsp

しっぽの先端も青色出てるんだな。

今度はそこも狙ってみよう。

カスリハゼsp

カスリハゼsp

ホタテツノハゼ属の一種とサルハゼたち、ウシオニハゼを交互に観察、撮影して気づいたらレッドビーチで残圧30になっていました。水温は26℃。ハゼと遊べるのもこの辺りの水温が最後かな。

25℃切ったら、もうそろそろハゼたちは敏感に隠れちゃうようになってくる。

と、考えたら、今は泥ハゼで遊ぶのも十二分にアリですな。

ウミウシは全然いません。

The following two tabs change content below.
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 10/2020, ダイビングログ , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

ずっといる貝の仲間
6/12 黒い噛み痕

梅雨の雨が止まない沖縄です。いい加減、晴れてほしい。 沖縄本島恩納村でダイビング …

ウミガメと一緒に
2/16.17 寒き中を……、感謝

今年は暖冬だな~というのは沖縄に住んでいる人たちの共通する思いであろう。 しかし …

エドムンズアメフラシ
3/8 3レッド

今日はいつものリピーターさんに加えて、新規のお客様が2名。新規のお客さんと潜るの …

トラパニア・スクッラ
1/16 で、でっかくなっちゃった……

昨日にまして穏やかになった恩納村。今日は午前中に歯医者さんに行き、そこから仲良し …

コヤナギウミウシsp
6/9 昨日よりもマクロに、マニアックに……

昨日のダイビングから、小さいものにお客様が萌えていたので、ならば……ってことで、 …

ヤツシハゼ
5/16 ハゼレッド

今日からハゼ好きのリピーターさん。どこに行こうか悩んだけれど、今日から3日間の風 …

イッポンテグリ
7/9 ラストダイビングはイッポン締め

長かったダイビング漬けの日々もとりあえず今日で一区切り。 私は明日からター滝に通 …

ボンボリイロウミウシ
12/31 ウミウシダイブ8日目 大晦日ナイト?

ナイトダイブをしたいとお客様が言うもんだから、大晦日にナイトダイブ!? スピッツ …

K君、アオヒトデで変身!! って感じですね
8/11 アオヒトデマンに変身!!

今日はファンのリピーターさんと、体験のリピーターさん。どちらもリピーターさんなの …

ミガキブドウガイ
3/25 恩納村で梯子ビーチ

ようやく風が東にまわり、徐々に南風になっていくので、西側の恩納村の海を攻めてきま …