スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

10/25 泥ハゼ in レッドビーチ

   

いつものリピーターさんが2名。風は北風。レッドビーチに行ってきました。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

実にレッドビーチらしい透明度にうんざりしながらも、目標物のある鉄塔付近ではなく、あえて砂泥地を進むのはお客さんもリピーターさんで、私が泥地大好きだからだ。

ファーストタッチはあまり名前のわからないハゼ。

トンガリハゼの仲間かなーと思いながら現場では観察、撮影していたのだが……。

帰って図鑑をよくよく見てみたら、このハゼってケショウハゼの子供じゃない?

だとしたら、すごいわかる。だって大人がいっぱいいるからね。

このハゼもたくさんいる。ケショウハゼの子供がいっぱいいて然るべきなのだが、そういえば、ケショウハゼの子供って意識して探していなかった。このハゼ、そうでしょう。たぶん。

ケショウハゼ子供?

ケショウハゼ子供?

こいつもそうかな?

いや、ちょっと違うかも。でも、たぶんそうだと思います。

ケショウハゼ子供

ケショウハゼ子供

そして探していたウシオニハゼ子供。

やっぱりいたね。

大人も探していたけれど、大人は見当たらなかった。この子で5㎝くらい。

ウシオニハゼ子供

ウシオニハゼ子供

黄色のハゼも多い。

フタホシタカノハハゼだと思います。

フタホシタカノハハゼ

フタホシタカノハハゼ

一番多いのはカスリハゼだと思う。

カスリハゼSPか、ザ・カスリハゼか?

このサイズではまだわからないっす。

カスリハゼ

カスリハゼ

そして最後の最後にたどり着いたホタテツノハゼ属の一種。

背びれの様子が撮りたくて、お客さんにもブリーフィングで説明して、頑張ってもらった。

私は遠目から数枚撮影。

ホタテツノハゼ属の一種

ホタテツノハゼ属の一種

デジイチのお客様が撮影した写真を使う許可を得たのでこちらで紹介。

やっぱ解像度が違う。美しい。

ホタテツノハゼ属の一種

ホタテツノハゼ属の一種

午後からはちと遠出。

透明度は相変わらず悪いけれど、遠出。ウミウシの出具合なんぞも確認したかったし。

でも……。

いなかったね。

代わりに出会った、サオトメハゼ子供。

ジョーフィッシュのように、巣穴から泥をくわえて外に出していました。

全然逃げなかったなー。

サオトメハゼ子供

サオトメハゼ子供

サオトメハゼ子供

サオトメハゼ子供

ハナシャコはここんところ多い。

ハナシャコ

ハナシャコ

ソリハシコモンエビのクリーニングポイントがありました。

ソリハシコモンエビ

ソリハシコモンエビ

こーいうサルハゼが多いのだが、これはオニサルハゼなのか?

ミナミサルハゼなのか?

ミナミサルハゼ子供

ミナミサルハゼ子供

トウアカクマノミ子供も今はたくさん見られます。

トウアカクマノミ

トウアカクマノミ

正真正銘、まごうことなきオニサルハゼ。

あれ、こいつ、背びれに模様あるな。

オニサルハゼって背びれに模様がないと認識していたのだが……。

オニサルハゼ

オニサルハゼ

うんうん。こいつは絶対オニサルハゼ。

オニサルハゼ

オニサルハゼ

そしてナガセハゼもいます。

ナガセハゼ

ナガセハゼ

デジイチのお客さんから送られてきたもう一枚の写真。

こりゃーまた難解。

また追記します。

サルハゼの仲間

サルハゼの仲間

透明度、良くならないかなー。

水温が26℃。27℃が出ないようになりました。

ウエットスーツの防寒レベルを夏仕様から秋仕様に変更しました。

The following two tabs change content below.
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 10/2020, ダイビングログ , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

マダラトビエイ
5/16 カメ、マダラトビエイ、ボロカサゴ

いい天気だ。本当に梅雨は来ないかもしれない。このまま夏がくるんじゃないだろうか? …

トルンナ・プルプロペディス
1/3 ウミウシ合宿10日目、同じ顔ぶれ三昧

本日は南から北東寄りに風が変わっていく。午前中はまだ潮が高い。危険のないようにポ …

ヨツスジミノウミウシ属の一種
3/29 レッドでヨツスジミノウミウシ属の一種

今日は北風になってしまったので、ボートダイブは無理だとあきらめ、ビーチダイブ。 …

トゲトゲウミウシ
3/17 砂辺でウミウシダイブスタート

今日の午後からウミウシダイブです。ウミウシ増えているか不安でしたが、潜ってきまし …

トンガリハゼ属の一種
11/10 空のタンスで……

たいしたヒットもなくお客さんを迎える日になってしまった。あっちゃー。 沖縄本島恩 …

トレニアウミウシ
4/1 濁りはじめレッドビーチ

今日は地元のリピーターさんと2ダイブ。昨日までは穏やかな海だったけれど、昨晩から …

アカオビマツカサウミウシ
2/20 砂辺でのんびり

今冬、2回目の砂辺にやってまいりました。 沖縄でダイビング屋さんとリバートレッキ …

コガネシマアジ、突如出現
10/6 905hpa通過後の恩納村海域

9/30以後、お客様がいなかったので潜っていなかったのだが、運良くというか悪くと …

ヒゲモジャハゼ
12/6 ちょっと冬らしい沖縄でヒゲモジャ~

週末の娘たちの学校イベントも無事に終わり、実家から遊びに来ていたおばぁちゃんも帰 …

カーネーションウミウシ
3/28 カーネーション+ツノトゲホリミノ

今年のお正月には一度も攻められなかった東側の天願ビーチが穏やかになったので潜って …