スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

3/16 ウミコチョウ祭りにチェックイン

      2020/04/06

昨日に続けてレッドビーチ。昨夕、帰りしなに仲良しショップのIさんからウミコチョウ祭りの顔ぶれを聞いて、遅ればせながらチェックインしてきました。小さいながら、初見のウミコチョウが多そうで、エントリー前からわくわく。

沖縄でダイビング屋さんとリバートレッキング屋を営んでいるスピッツ世古のブログ記事をご覧いただきありがとうございます。

会場を探すところからスタートしたので、かなり手前から捜索。

TG4の顕微鏡モードでも厳しいサイズのウミコチョウたちが多い。

もっと上手に撮ってあげたいけれど、砂に潜っていくし、飛んでしまうし、羽ばたいていくし、極小ウミコチョウは手ごわいぞ。

ヤマトウミコチョウ属の一種

ヤマトウミコチョウ属の一種

多かったのがオナガブドウガイ。

オナガブドウガイ

オナガブドウガイ

こちらもけっこうな個体数を確認。

ヤマトウミコチョウ属の一種

ヤマトウミコチョウ属の一種

もっと……もっと……鮮明に撮ってあげたい。

ヤマトウミコチョウ属の一種

ヤマトウミコチョウ属の一種

ウサギモウミウシは普通に砂地にも数個体いました。

ウサギモウミウシ

ウサギモウミウシ

正面から撮りたくなっちゃうウミウシだけれど、コンデジで正面に回り込むのは、ほんまに大変。

ウサギモウミウシ

ウサギモウミウシ

少し大きなオナガブドウガイがいました。

オナガブドウガイ

オナガブドウガイ

お客様はこーいうの大好きなので、見つけられて良かった。

ハナオコゼです。

ハナオコゼ

ハナオコゼ

透明バージョンのカラスキセワタ。

子供サイズはこんな色彩なのかもしれないね。

サイズは5ミリぐらいかな。

カラスキセワタ

カラスキセワタ

そして局所に密集していたフウセンウミウシ。

この子たちは、飛んじゃうタイプなので、飛んでしまったら、飛んでるところを撮ってみたい。

TGの顕微鏡モードなら可能だはず。

カメラの性能に任せて、カシャカシャすると、何枚かに一枚はピント合うさーね。

フウセンウミウシ

フウセンウミウシ

たくさんいたので、いろいろ撮ってみた。

フウセンウミウシ

フウセンウミウシ

目がかわいいので、両目を入れてあげたいよね。

フウセンウミウシ

フウセンウミウシ

個人的にはあまり出会ったことないウミウシ。

オウカンウミウシ。

レッドで見たことあったかな?

オウカンウミウシ

オウカンウミウシ

そしてそして、ようやく祭り会場に到着。

これこれ、このサキシマウミコチョウがたくさんいるって聞いていたのだ。

いろんな色彩パターンがあるのだが、どうやら全部サキシマウミコチョウらしい。

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

1匹見つけると、近くにもう1匹いることが多かったです。

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

こちらは3個体集まっていました。

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

お、別のウミコチョウだ!!

と、撮影したけれど、なんか、違うみたい。

なんなんだ、これ?

ウミウシに見えていた、ごみ

ウミウシに見えていた、ごみ

で、このサキシマウミコチョウ。

交接するときは、後ろの個体が寄ってきて。

前の個体は背中側を開けて待ってる。

そこにドッキングするみたい。

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

白いのが生殖器官ってことかな。

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

たまたま写っていました。

現場では、こんなの視認できません。

小さいですから。

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

サキシマウミコチョウ

いろんなタイプがいたので、目についた奴らはみんな撮ってみた。

そしてもちろん、その他の奴らも。

ヤマトウミコチョウ属の一種

ヤマトウミコチョウ属の一種

ヤマトウミコチョウ属の一種

ヤマトウミコチョウ属の一種

カイコガイ属の一種

カイコガイ属の一種

オナガブドウガイ

オナガブドウガイ

オナガブドウガイ

オナガブドウガイ

みんな小さい……。

この子だけ大きかった。

クチヒゲツガルウミウシ。

クチヒゲツガルウミウシ

クチヒゲツガルウミウシ

クチヒゲツガルウミウシ

クチヒゲツガルウミウシ

レッドにもいたアマミスズメダイ子供。

アマミスズメダイ子供

アマミスズメダイ子供

そして、この赤い点に見えた物体。

これもウミコチョウなんだね。

この子はかなり飛びまくります。

ヤマトウミコチョウ属の一種

ヤマトウミコチョウ属の一種

撮るの大変。

でも、この祭りは嬉しい。

また来るぞ。

The following two tabs change content below.
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 03/2020, ダイビングログ , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

アエジレス・フローレス
5/20 ウミウシダイブ

今日は午前中2名のお客様とダイビングの予定が、地元リピーターさんが急遽1ダイブだ …

モンハナシャコ
11/3 復活のサンゴ、いつまでもこのままで

リピーターさんが遊びにきてくれました。ありがたいことです。今日は万座のボート。今 …

青い水とたくさんの魚たち……夏だねぇ~
7/2 青の洞窟スノーケリング

今回、滞在されているリピーターさんは一週間ほどのロングステイ。なので、中日で観光 …

ヤノルス・サヴィンキンイ
10/9 ミジュン球とヤノルス・サヴィンキンイ

う~ん、905hpaが残していったうねりがなかなか消えません。今日も潮の干満を読 …

イラモツノテッポウエビ
3/18 久しぶりのリピーターさんとじっくり2ダイブ

今日は数年前まで名護に住んでおられたリピーターさんが久しぶりに沖縄に遊びに来られ …

クマドリカエルアンコウ
4/22 近場2ボートダイブ

早いものでもうGWが終わってしまった。そしてこれを書いている5/8に沖縄本島は梅 …

カノコウロコウミウシ
4/2 ウミウシ合宿パート2最終日

昨日のリピーターさんたち、今日までの二日間をウミウシダイビングに使ってくれました …

ワモンダコ
6/21 半年ぶりに更新

夏の前に最後に書いた記事が6/16で、そこから約半年ほったらかしたこのホームペー …

カサイダルマハゼyg
11/5 恩納村でド・マクロダイブ

お仕事で沖縄に来られていたリピーターさん。せっかく来ているのだから……と、休みを …

水納島のサンゴと一緒に
10/26.27 のんびりボートダイブ

毎年遊びに来てくれるリピーターさんがお仕事仲間を連れて再訪してくれました。ありが …