スピッツ世古沖縄サイト

沖縄恩納村をベースに沖縄情報を発信

*

7/2 今日も浅く、そして濃く

   

昨日からの浅瀬大好きご夫婦の2日目。今日も浅く、浅く。ないよう潜ってみよう。

沖縄でダイビング屋さんとリバートレッキング屋を営んでいるスピッツ世古のブログ記事をご覧いただきありがとうございます。

アズキウミウシだと思っていたけれど、世界のウミウシを見たら、黄色の点々があるのは別種だと書かれていたので、それに従ってゴクラクミドリガイの仲間としておこう。

ゴクラクミドリガイの仲間

ゴクラクミドリガイの仲間

安定のサーシャコヤナギウミウシは人気も安定していて、いつでも誰にでも人気者である。

サーシャコヤナギウミウシ

サーシャコヤナギウミウシ

地味だけれど、逃げないから、いると嬉しいヂェラストカリス・パロンアェ。

逃げない生物が見られた時は、やっぱり嬉しいよね。

ヂェラストカリス・パロンアェ

ヂェラストカリス・パロンアェ

目がよく判別できるのはオオクロネズミではなく、ミョウジンツバメガイ……と、記憶している。

ミョウジンツバメガイ

ミョウジンツバメガイ

ここではレギュラーメンバーのテングギンポハゼ。いついかなる時でも見られます。

テングギンポハゼ

テングギンポハゼ

このヨソギの仲間はよく見られるんだけれど、名前がイマイチわからないんだよね。

以前に教えてもらった情報を整理したページがこちら。

ヨソギの仲間

ヨソギの仲間

ちょっと前のインスタでブームだった、このなんとかモウミウシ系。

かわいい顔にブームも納得。

ウサギモウミウシ

ウサギモウミウシ

泥地ではよく見られるスナチゴミノウミウシ。

いろんなカラーバリエーションがあるので、根気よく探してコレクションするのもいとをかし。

スナチゴミノウミウシ

スナチゴミノウミウシ

なんかたくさん転がっていた貝。

貝……

貝……

ひっくり返すとこんな感じ。

貝……

貝……

久しぶりに見たイトヒキヌメリ属の一種。メスです。

オスが見たいね。以前からもよく見ていた魚だけれど、なかなか正体が明らかにならないね。以前のページはこちらから。

イトヒキヌメリ属の一種

イトヒキヌメリ属の一種

このカニもよく見るやつなんだけれど、よくわからない……と、いうようなことばかり書いているような気がする。

コブシガニ属の一種かな?

コブシガニ属の一種かな?

夏によく見るイメージ。冬にはあまり見ないような気がする。

コブシガニ属の一種かな?

コブシガニ属の一種かな?

そして大きな個体と出会いました。

アカントフェックス・レウリニス。ツマジロオコゼとは違うのだよ、ツマジロとはね。

アカントフェックス・レウリニス

アカントフェックス・レウリニス

背びれの青点がきれいなら、即紹介。

カスリハゼ、もしくはカスリハゼ属の一種。

カスリハゼ属の一種

カスリハゼ属の一種

ニラミハゼ属の一種だと思うんだけれどね。

ニラミハゼ属の一種

ニラミハゼ属の一種

小さいかわいい奴に遭遇。

なんだろうねー。

オコゼの仲間の子供

オコゼの仲間の子供

ヒメオニオコゼにしてはオレンジのドット模様がないし、ちょっとわからないです。

オコゼの仲間の子供

オコゼの仲間の子供

で、午後からはボートに乗ってきました。

浅瀬で遊ぶ基本はそのまま。

ハマクマノミで遊んだり、

ハマクマノミ子供

ハマクマノミ子供

デバスズメダイたちと戯れ、

デバスズメダイたち

デバスズメダイたち

もちろんコバンハゼにも遊ばれ、

コバンハゼ

コバンハゼ

ここの定番のウミガメにも挨拶。

ウミガメとお客様

ウミガメとお客様

サンゴにデバスズメダイたち、そして青い海。

泥場にない風景をボートでは楽しもう。

沖縄の海にはいろんな顔があるのだからね。

デバスズメダイたち

デバスズメダイたち

ヒレオビウツボ、いました。

好きなんだよね。

ヒレオビウツボ

ヒレオビウツボ

浅瀬だけでもたくさんいろいろ見られるからね。

無理して深くに潜らなくてもダイビングは楽しいのだ。

まぁ深いほうには深い場所の楽しみ方があるからね。

The following two tabs change content below.
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 07/2019, ダイビングログ , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

サンゴの養殖場
1/11 ブランクダイブ

リピーターさんのご紹介で「ダイビングなんて久しぶり……」というお客様がご来店。 …

インディアンミノウミウシ
11/8  シシマイ+インディアン+ゴテン

リピーターの女性とマンツーマン。相談してマクロはピグミーシーホース狙い、ワイドは …

アカネサスウミウシ
5/26 当たらぬ日々

地元のリピーターさんととあるネタを探しに2ダイブ行ってきました。 沖縄本島恩納村 …

ハマクマノミ城
10/26 ハマクマノミ城にてモンツキカエルウオ

この日も調査。そしてボートダイブ。調査でボートダイブ。そんなのって今までにあんま …

青い水とたくさんの魚たち……夏だねぇ~
7/2 青の洞窟スノーケリング

今回、滞在されているリピーターさんは一週間ほどのロングステイ。なので、中日で観光 …

ロウソクギンポ婚姻色
6/1 あきらめられぬタイドプール

お客様はスピッツのリピーターさん。毎回、来るたびにタイドプールに行っている。でも …

ヤノルス・サヴィンキンイ
1/31 狙いは外れど……

仕事の合間に一人でふらふら潜ってきた。北風だったけれど、1人で潜る分には問題あり …

水面が青いです!!
3/14 青の洞窟スノーケリング

周りは大学生の卒業旅行かな? と見られる若者が多い真栄田岬でスピッツも青の洞窟ス …

サルハゼ属の一種、ダスキースリーパーゴビー
10/29 ロクセンヤッコygからのミミックオクトパス

今日のお客様は川のハゼもリクエストされていたのだが、事前の調査で今年の川はパワー …

モンハナシャコの背にプードル
9/22 セクシーアオヒトデ

お客様多少入れ替わって、今日も変則的に4ボートダイブでした。 沖縄本島恩納村のダ …