スピッツ世古ダイビングサイト

沖縄恩納村をベースにマクロな沖縄海情報発信中

*

5/6 GW10日目 最終日はウミウシダイブで

      2019/05/14

やっとラストだ。10日の連休は必要なのか? 半分ずつ、5月と6月に分けてやってほしい。最後まで無事故で行きましょう。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

最終日、どこに行こうか悩んだけれど、結局、昨日と同じコースになってしまった。

ポイントのチョイスは一緒だけれど、潜ったコースは微妙に違う。

ウミウシダイブはどこの壁を見るか? で成果が大きく変わってくる。

どこの壁を見るか? それはウミウシガイドにとって切実な問題だ。

いない壁をいくら探しても徒労。

いる壁、いる穴、いるくぼみ、いる環境。

これを知っているってことがウミウシガイドの成功につながる。

いる場所にたどり着ければ、90%ぐらい成功ですな。あとはお客さんたちも自分自身で見つけてくれるし。

さて、今日は、いる場所にたどり着けるのか?

昨日の成果に気を良くして、二匹目のどじょうをすくいに行ってみたら……。

今日は……。

あれれれれれれれれれれれ。

あんまりいないぞ。

オボロイロウミウシは2個体。

オボロイロウミウシ

オボロイロウミウシ

オボロイロウミウシ

オボロイロウミウシ

ウスフジイロウミウシはお客さまからのパス。

ウスフジイロウミウシ

ウスフジイロウミウシ

縮こまっていて、なんだかわからず撮影したのは超普通種のセンテンイロウミウシ……というのはウミウシあるある話。

センテンイロウミウシ

センテンイロウミウシ

かわいいのいた。

ネオンモウミウシ。目がかわいい奴やん。

ネオンモウミウシ

ネオンモウミウシ

1本目の成果を受け、2本目は昨日まったく行かなかったエリアを捜索。

ミガキブドウガイを見つけてしまう。

そして遊んでしまう。だって楽しいんだもん。きれいだし、かわいいし。

ミガキブドウガイ

ミガキブドウガイ

お客様からのパスはユリヤガイ。

背景を変えるだけで写真のニュアンスはがらりと変わる。

ユリヤガイ

ユリヤガイ

青抜きが好きー。

ユリヤガイ

ユリヤガイ

こっちはアラリウミウシだよね。

アラリウミウシ

アラリウミウシ

こっちはクラサキウミウシだよね。触角が違う。

クラサキウミウシ

クラサキウミウシ

ああああああ、またもやミガキブドウガイで遊んでしまった。

ユリヤガイの青抜きがきれいすぎたのが原因だ。

ミガキブドウガイ

ミガキブドウガイ

今日も見つかったコトヒメウミウシ属の一種。

コトヒメウミウシsp

コトヒメウミウシsp

おー、レアものと言ってもいいんじゃないかな、私の中では。

3度目ぐらいの出会いだと思います。

シロタスキウミウシ。しかもかわいいサイズ、30ミリぐらい。

シロタスキウミウシ

シロタスキウミウシ

アバンギャルドな色彩のヒシモンエンビキセワタとも遭遇。

ヒシモンエンビキセワタ

ヒシモンエンビキセワタ

これまた渋いカラーリングのウミウシだ。

和名なしのアオウミウシ属の一種。

アオウミウシ属の一種

アオウミウシ属の一種

浅瀬にいたのはたぶんタイヘイヨウイロウミウシ。

タイヘイヨウイロウミウシかな

タイヘイヨウイロウミウシかな

と、いっぱいは出てこなかったけれど、少数精鋭って感じの顔ぶれ。

嬉しいね。

午後はレッドビーチに再び出陣。

昨日見せられなかったオレンジトラパニアことトラパニア属の一種を発見。

しかも大きかった。

4ミリぐらいはあったんじゃないかな。

オレンジトラパニアことトラパニア属の一種

オレンジトラパニアことトラパニア属の一種

反対に極小だったのは、コクテンタマゴガイ。

3ミリぐらい。

コクテンタマゴガイ

コクテンタマゴガイ

とあるウミウシを探して泥地を徘徊するも、出会えず。

フジタウミウシ属の一種などと遊ぶ。

フジタウミウシ属の一種

フジタウミウシ属の一種

お客様が見つけたキセワタみたいなこいつはきっとクラゲムシの仲間だと思います。

正体不明の生物だ

クラゲムシの仲間かな

今年は簡単に見つかるちびジョー。

GWの季節にはこのサイズのカエルアマダイがたくさん見られます

カエルアマダイ

と、GW最後もいろいろ見られて、無事故で終われて安堵……。

していたら、最後の最後に私自身が頭部を怪我してしまったが、もうほとんど復活していて、来週からは潜れるようになりました。

今週末のお客様には申し訳ないことをしてしまいました。かたじけない。

来週からまた頑張ります。

The following two tabs change content below.
spitzseko
故郷、滋賀県のマクドナルドでバイトしたお金でスクーバダイビングを始めたのは高校二年生、17歳のころだった。高校卒業後、南の島に住みたくて、ダイビングのインストラクターになることを決意。滋賀県のお店で丁稚奉公に励み、1990年、19歳でNAUIインストラクター資格を取得。その後、サイパンで4ヶ月、モルディブで6.5年働き、1999年1月に沖縄本島に移住し、スピッツダイブセンターをオープン。モルディブでのワイドメインのガイドとは反対に沖縄の海では、今、そこにいる生物を楽しむを基本とするマクロダイビングを軸にガイドを展開。 サンゴ礁、ドロップオフ、内湾、泥地、タイドプール、河口域、川、渓流と水辺で楽しむ幅を広げ、沖縄本島のあらゆる水辺を自分のフィールドにすべく日々謙虚に勉強させていただいております。 1999年よりPADIインストラクターにクロスオーバーし、現在はPADIのみに所属。講習では初心者講習からダイブマスター講習まで経験に基づいた的確な指導で楽しく教えております。 また大宜味村ター滝で開催しているリバートレッキングツアーも随時開催中。7月中頃から9月前半まではダイビングお休みです。

 - 05/2019, ダイビングログ , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

ジャノメハゼ改めオウギハゼ
オウギハゼの追記情報

ジャノメハゼだと思っていたハゼでしたが、ハゼ図鑑の解説者でもあるS先生によると、 …

ツノザヤウミウシ
1/27 ツノザヤウミウシが増えてきたね

お客様はおられませんが・・・、モルディブから戻ってきたNくんと一緒にネタの確認に …

マツカサウミウシ産卵中
1/1 ウミウシ合宿6日目、明けまして忘れ物でございます

2019年早々に寝坊した。そして忘れ物いっぱい。 沖縄本島恩納村のダイビング屋さ …

ツノテッポウエビ属の一種
6/2 調査ダイビング

梅雨だというのに、夏のような青空が広がってしまった。お客さんがいないので、1人で …

ロクセンヤッコ子供
10/27 泥場復活!! ロクセンヤッコ子供

午後から時間が空いたので調査。この頃調査がんばっています。夏の終わりに体調を崩し …

Lomanotus sp
4/4 午前到着午後から2ダイブ

今日は福岡から遊びにきていただいたリピーターさんらと午後から潜ってきました。9時 …

ボンボリイロウミウシ
3/19 レッドでウミウシダイブ

ウミウシダイブ、今回はもう最終日です。昨晩に風が西から北にまわって海は少しだけで …

トモエミノウミウシ属の一種
1/6 なんでも見ますよ~

ウミウシダイブが昨日にて終了。今日からはお客様が入れ替わります。今日からのFさん …

ヤシャハゼのダブル
7/16 マクロにワイドにマンツーマン

今日は北部で潜ってまして、マクロもこなしつつ、ワイドでもやってみたいというリピー …

ベニシボリガイ
3/27 真栄田岬で潜る予定が・・・

予報では南東の風・・・のはず。ならば真栄田岬はペタペタ・・・のはず・・・。が、到 …